注文住宅

K・プラン・サ-ビスの注文住宅の家

内容:

オーナー様の想い
・プライベートゾーンとリビングゾーンを分けたい。
・集えるリビングをつくりたい。
・平屋建てにしてワンフロアで快適な暮らしがしたい。

H様は、ご夫婦とお嬢様お二人の四人家族。
限られた予算の中で、優先すべきこと、我慢すること、できること、できないことを打合せさせて頂いたうえで、機器や素材の選定までほとんどを任せていただきました。
その分失敗できない重圧?そして自由に心置きなくプランをつくっていきました。

高窓のある天井高はなんと3.5メートル!

異なるメーカーと、オリジナルレンジフードを組み合わせたキッチンは、使いやすさ、動きやすさを一番に考えました。
アイランドキッチンは孤立することがなく、家族と、友人と、まさに集えるLDKです。

お二人の子供部屋の真ん中に共有のクローゼットを設けました。

寝室というプライベートゾーンと、学習等のゾーンを分け、リビングから寝室への廊下をパブリックゾーンとして、そこに机を配置しました。子供部屋の扉を開けておくと、一日に数回通るだけの廊下も普段はまるごと子供部屋の広々としたスペースとして活用することができます。

廊下に2ヶ所並列に造り付けのデスクを設けました。両サイドのBOX棚は置き換えることができます♪

主寝室の奥に約4.2帖のウォークインクローゼット。梯子は左右自由にスライドします♪

シューズボックスはオーダー家具。ヒントは昔の学校の下駄箱!
家具製作工房を持っている当社の強みは、気に入ったモノがなければ「つくりましょう!」です。

玄関扉は、無垢板雲杉材のオーダーです。
バルコニーの手すりは、溶融亜鉛メッキのスチール製に強化ガラスをはめ込んでいます。バルコニーとデッキの屋根には米松杉にキシラデコールを塗り、強化ガラスを貼り、アルミ材と板金などで端部処理をしています。床は耐久性に優れたスーパーサーモウッドを使用しました。シンボルツリーはバルコニーの横に一本だけ植えたもみじ。年月を得て、大きく育ったもみじがリビングの窓越に眺めなれることそして鮮やかな紅葉のときには、「もみじのお家」を想像しながら・・・

ガルバリウム鋼板の小波板を横貼りした外壁。
傾斜をうまく利用して建てた平屋建て。黒いガルバリウム鋼板と白い漆喰の外観はとても美しいです。玄関扉は、無垢板雲杉材のオーダーです

このプロジェクト事例を手掛けたリフォーム・リノベーション会社

小島一郎

リフォーム・リノベーション会社 / @大阪府

自社工房で作る、最高に心地よい空間づくりをコンセプトに。 お客様とは「 縁 」というもので出会い、この「 縁 」から始まる家づくり。 お客様の好きな色・形・デザイン等々を私たちが感じとり求められるものをいかに提供するのか… 時の流れとともに 家族構成や生活スタイルは変化します。 お客様の求める住まいを、「職人の技」と「私たちのアイデア」で提案いたします。 「価格と内容のバランス」が家づくりには一番大切です。ただただ安い家を私たちはつくりません。 「同じ想い」をもつスタッフと職人。最高の仲間たち。 そんな私たちと「心地よい住まい」づくりを始めませんか? 本当に価値のある住まいとは、住まう人が何年経っても一番落ち着ける居場所であること。 お客様の目線に立ち、お客様の想う心地よい住まいづくりをお手伝いしたいと考えております。 一番落ち着ける居場所・・・「最高に心地よい住まい」づくりを私たちにお任せください。

小島一郎

リフォーム・リノベーション会社 / @大阪府

この専門家のプロジェクト一覧