注文住宅

「池上台の家」

内容:

北側のエントランスからドアを開けると正面に中庭が現れる。
その向こうには雑多な背景を遮るためのガラスのスクリーンが設けられている。
キッチンからダイニング、ダイニングからリビング、リビングからデッキ、中庭へと空間は繋がっていく。
ダイニングからは、庭木のそよぐ様子、暖炉の揺らめく火の様子、家族の行き交う様子が自然に感じられ
スキップフロアの立体的な空間が広がっている。

この住宅事例を手掛けた建築家

眞木啓彰

建築家 / @愛知県

瀟洒な家をつくりたいと思っています。 飾り気がないけれどお洒落な、すっきりとした家。 住み手の嗜好、人なりを感じられるような家。 気持ちのよい空間を提案させて下さい!