注文住宅

木格子の家

エリア:

静岡県掛川市

内容:

塗装業を経営し、同級生でもあるS君の住宅計画です。
田園風景のまだ残る、開けた土地に建てられました。
深夜に及ぶ長い打ち合わせの末、気持ちのいい家が出来上がりました。

S君が指名したH大工さん、A現場監督を始め、左官屋さん、板金屋さんなど、堅実な仕事ぶりで完成度の高い家が出来たことも幸運でした。
塗装や防水工事はもちろん、施主本人が施工し、内部の木に塗る自然塗装を完璧に仕上げていました。

光を通し半階ずつのぼる安全な階段。

室内物干しを可能にする大型洗面脱衣所。

1.5階に位置する和室から下のLDK方向を望む。
障子の開け閉めによって、空間がユニークにつながります。

内部構成はスキップフロアーです。半階ずつ上へと昇るユニークな室内構成を体感できます。
設計段階で生まれた、様々なアイディアと職人の技を見ることが出来ます。
右下に見えるのは大型収納です。
リビングに散乱する、子供のオモチャ、本、衣類などは、ワゴンでそのままここに納められます。

玄関脇の中庭は、囲炉裏から見る庭の景色と兼用しています。
天井を低く、床レベルを下げることで、落ち着いた特別な部屋になっています。
大屋の家を見学した施主が、最初に希望した囲炉裏です。

玄関入り口のポーチ部分に小さな中庭を配置し、内部と外部を繋ぐ役割を持たせています。

中庭を隠すように取り付けられた、米ヒバの木格子が家の顔となっています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

村松 謙一

建築家 / @静岡県

皆様の漠然としたイメージや希望を、具体的なプランや立体に「翻訳する」ことが私たちの仕事です。住まいに新しい価値が生まれるように努力しています。