二世帯住宅

田端の家(お茶室と防音室のある2世帯住宅)

実施エリア:

東京都北区田端

延床面積:

188平米

内容:

田端駅から徒歩5分程の住宅地に建つ木造の2世帯住宅です。

敷地は、道路面より一段高くなった角地という条件にあって、
「家族それぞれがゆったりと自分の時間を過ごせる家」
「機能性や耐久性の高いしっかりとした家」
が求められたものです。

防音室(音楽室兼書斎)やお茶室(客間兼用)、ビルトインガレージといった諸室のある家です。

設計手法・コンセプトとしては、これまでの他の住宅と同様、
・シンプルで機能的なプランでありながら、ぬくもりを感じる家
・明るく風通しの良い家
・自然素材による家づくり
・ワンランク上の性能を有する家
といった、この住宅でも建て主さんに求められたことを具現化したものです。

玄関ポーチ

敷地の高低差を玄関の内部で解消するようにした玄関です。
玄関ポーチには手荷物の一時置き場としてのベンチを無垢板で造りました。
玄関の扉も無垢板でつくり、丸鋸目仕上としています。
室内外の床は石英岩を乱貼としています。

玄関ポーチ

敷地の高低差を玄関の内部で解消するようにした玄関です。
玄関ポーチには手荷物の一時置き場としてのベンチを無垢板で造りました。
玄関の扉も無垢板でつくり、丸鋸目仕上としています。
室内外の床は石英岩を乱貼としています。

玄関

玄関内の階段と収納棚の写真です。
ご高齢の方にとって、高低差のある敷地に建つ家における外部階段は危険になりがちなものです。
この家では、敷地の段差解消の階段を室内に設けることにより、できるだけ安全に出入りができるようにしました。
また、この階段沿いに収納棚と飾り棚を設けました。
下足類だけでなく、外部で使用するさまざまな用具類や防災用品等を収納できるものです。

玄関

玄関内の階段と収納棚の写真です。
ご高齢の方にとって、高低差のある敷地に建つ家における外部階段は危険になりがちなものです。
この家では、敷地の段差解消の階段を室内に設けることにより、できるだけ安全に出入りができるようにしました。
また、この階段沿いに収納棚と飾り棚を設けました。
下足類だけでなく、外部で使用するさまざまな用具類や防災用品等を収納できるものです。

玄関

玄関の正面(左手)は2階の子世帯の住まいに通じる階段です。
この階段の上部に設けたトップライトからふりそそぐ自然光により、1階の中廊下やこの玄関の明るさが確保できるようにしました。
正面は親世帯へ通じる廊下、右手はお茶室です。
また、階段下からはビルトインガレージへとつながります。

お茶室

客間兼用のお茶室です。
写真は廊下側から手前の水屋ごしに見たものです。
客間兼用ということから、造作材は明るい雰囲気にすべく全て桧を使用し、お茶室としては天井の高めの部屋としました。

お茶室(兼客間)

水屋かた見たお茶室です。
右手は玄関からのにじり口。左手(にじり口正面)が床の間です。

1階、親世帯のリビングダイニング+ベッドコーナー

親世帯のリビングダイニングは南庭に開き、外部のウッドデッキと連続するようにしました。
右手奥はベッドコーナーです。

1階、親世帯のキッチン

キッチンからリビングダイニングごしに庭を見た写真です。

1階、親世帯のキッチン

キッチンは洗面脱衣室、浴室へと連続させたものとしました。
水回りをまとめることにより、ご高齢の方にとってより合理的・機能的な動線とするようにしたものです。

階段室

階段室は動線の合理化や廊下を少なくして面積を有効に活用する観点から、家の中央部に設けました。
最も薄暗い場所になりがちなものですが、大型のトップライトを設けることにより、家の中で最も明るい階段としました。
下階に光を導くだけでなく、階段室に面する諸室も明るくするようにしたものです。
写真、正面は2階の子世帯のダイニング・キッチンです。

2階、子世帯のダイニングとテラス

2階の子世帯のダイニングは、南面には連続するテラスを設けています。
ダイニングに設けたトップライトにより、対面式のキッチンも明るい空間としています。

2階、子世帯のリビング、ダイニング

2階の子世帯のダイニング(左手)とリビング(右手)です。
ダイニングはお子さんが勉強をしたり、家族が集まって作業をしたりもする場所なので、特に明るく開放感のある場所とするようにしました。
一方、リビングは落ち着きのある場所にしたいというご要望もあり、家の中で最も天井の高い場所ではありますが、窓の大きさや位置は限定したアルコーブ状の空間としました。

2階、子世帯のデッキテラス

2階、子世帯のダイニングから連続するルーフデッキ(テラス)です。
2方を壁とすることで、近隣からの視線を気にせずに過ごすことができる場所としました。
アジアン調に、という建て主さんのご要望に応えるべく、上部にパーゴラ(木製格子・ルーバー)を設け、日射しをコントロールするようにしました。

2階、子世帯の子供室

2階子世帯の子供室は2室。
双方とも南に面したバルコニーとロフトを併設した場所としました。
家にいる時間の長いお子さんの部屋は、家の中で最も明るい場所にという考えによるものです。

2階、子世帯の子供室(ロフト)

ロフトより子供室を望む。
入り口部の収納棚は、将来2室に分けた際に、入口手前に共用で利用するものを収納・展示するように考えたものです。
子供室の床材はコルクタイルです。

2階、子世帯の主寝室

2階、子世帯の主寝室は階段を上がった道路側の位置。
家の中の気配と同時に、下階の親世帯や外の気配を感じることができる、いわば家の中の監視台のような場所としました。
下階とのつながりをよくすると同時に、ウォークスルークロゼット~洗面脱衣室~浴室やキッチンまで、裏動線でつながる利便性のよい平面計画とした場所にしました。

ビルトインガレージ(兼作業室)

敷地北側に配したビルトインガレージです。
ガレージからは1階親世帯のキッチン脇と玄関付近へとつながります。
天井の両脇、長手方向には吊り戸棚を設け、さまざまな用具類を収納できるようにしました。
作業場としても使用したいというご要望があり、明るい色調で大きな窓も設けたガレージです。
正面の壁は排気ガスの汚れ対策の為に濃色で仕上げたものですが、インテリアとしてもアクセントになりました。

防音室(音楽練習室兼書斎)

ご主人用の音楽(楽器)練習室兼書斎です。
防音室ではありますが、下階の親世帯で音が気にならないように、玄関の上部に設けました。
楽譜類の他、多くの書籍を収納するため、4方に棚とデスクカウンターを造り付けで設け、正面の棚の前に電動スクリーンが降りるようにしました。

防音室(音楽練習室兼書斎)

防音室(音楽練習室兼書斎)の背面です。
正面の吊り戸棚の下部は映写機置場、その下がピアノ置場です。
右手はデスクカウンター。
カウンターの手前(右手)にAV機器類を格納するようにしています。

外観(夕景)

建物の外観(夕景)です。