マンションリフォーム・リノベーション

コミュニケーションボックス

エリア:

神奈川県横浜市

内容:

廊下と部屋、部屋と部屋をオープンな本棚で開放的に間仕切ることで、間仕切り壁が家族のコミュニケーションツールになりました。
お気に入りの壁紙が部屋の外から垣間見え、閉鎖的になりがちな個室がゆるやかに開かれます。
また、本棚であると同時に、採光と通気を確保する、機能的な間仕切でもあります。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

アーオ建築事務所 / ao design

建築家 / @東京都

ヒトが楽しくなるバショの作り方、マチを面白くするタテモノの使い方をお客様と共に考えます! 建物にまつわることなら、ほんの小さなことからご相談に乗らせていただきます!