矢野友之さんのプロフィール

Pro

建築家

矢野友之

フィールド建築設計舎 @大阪府

家づくりで重要なことは、「未来を予見するコト」だと考えています。
そのため、大切にしているのは、現実、現状をよく知ること。
そのうえで、ご家族の個性や敷地の魅力、構造の特性や素材の持ち味を引き出していく設計を心掛けています。
皆様との出会いを心待ちにしております。

サービス概要

設計・施工監理

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション

注文住宅について

得意な住宅の特徴

別荘 , 鉄筋コンクリート , 崖地

リフォーム・リノベーションについて

対応サービス

ローン相談 , 住宅診断 , 家具の造作(オリジナル家具の造作)

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 自然素材が得意

対応可能な最低予算帯

1000万円~

瑕疵担保保険の加入

加入あり

住所

〒542-0082
大阪府 大阪市中央区 島之内1-18-3 三栄ビル3F

サービス提供エリア

三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県

特徴

設計・建築関連の受賞経験あり

資格

一級建築士

こだわり

時の経過と共に味のでる建築物をつくること、また庭などの外部空間と、内部空間のと関係性に留意し、開放感のある建築をつくることにこだわっています。

経歴

1975年 和歌山県生まれ
1994年 和歌山県立桐蔭高等学校 卒業
1998年 関西大学工学部建築学科 卒業
1998年  株式会社 林設計事務所 入所
2003年 市場谷保夫とFEEL’D一級建築士事務所 共同設立
2012年 フィールド建築設計舎に改称

過去の作品

高床の家、大屋根の家、八尾ウグイスの家、つつじ丘の家、箕面のマンション、
堺の保育園、八尾の保育園、神戸の保育園、吹田のシェアハウス他

受賞歴

第26回 豊の国木造建築賞 入賞

趣味

建築探訪旅行、美術鑑賞、写真撮影、アウトドア

特技

日曜大工(木工)

大屋根の家

注文住宅事例

説明: 1. 大屋根と大黒柱がつくる空間の開放感。
葉っぱのような大屋根、単なる飾りではなく、立派な構造体。この大屋根が風や地震の力をバランスよく下部構造へと分散。それによって通常必要となる梁や束などの小屋組材を無くし、1階、2階、そしてロフトへの開放的空間を実現。力の流れを素直に表す構造体。それを魅せることがデザインだと思う。

2. ひとつ屋根の下、家族の気配を感じる暮らし。
壁に囲まれた個室。気密性が高く快適。ただ壁は、通風・採光・開放性を妨げ、それが心の壁となると、引きこもりに繋がるコトもある。その点に配慮。ここでは、居住部に構造壁以外の壁がないワンルームを基本に、音が気になる、空調し ...

登録部屋数: 16

高床の家

注文住宅事例

説明: 和歌山県有田市に建つ鉄骨造2階建ての店舗併用住宅(店舗:カフェ)

北棟の店舗棟、南棟の住居棟がシンメトリーに配列され、その間に半屋外テラスが挿入された平面構成で、建物が地面から4m(一部1.5m)浮かんだ高床式の断面構成となっている。
高床部の床下空間は、住宅の庭や店舗の拡張スペースとして利用されている。

実施時期: 2014年8月竣工

登録部屋数: 11

『八ッ尾ウグイスの家』庭を身近に感じる住まい

注文住宅事例

説明: 1. 大開口がつなぐ、庭と室内の一体感。
庭を身近に感じる暮らし…。『庭と一体的な室内空間』の実現に向け、庭に面した外壁に7.2mの大開口を設けた。大開口の上部には2階個室が載り、庭側には長庇がくっつく。非常に困難な構造となったが、構造家と協働し、高価な特殊材を用いることなく、安定した構造を実現させた。

2. 日射を制御する長庇。夏涼しく冬暖かい。
太陽の南中時、春秋分の日射角に対し、夏至は+23.4°冬至は-23.4°という関係が成り立つ。この関係に配慮して、南に面したリビングの長庇を設計。こうすることで、春秋分を境に夏は屋外で日射をカット、対して冬は室内奥深くまで日射しが入り込む ...

登録部屋数: 11

吹田のシェアハウス

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築30年、総戸数39戸の学生ワンルームマンションのリノベーション。(一部をシェアハウスに改修)
工事概要は、RC躯体修繕、防水改修、住戸内設備機器・共用部設備機器の改新および新設、外装、共用部、住戸内のリノベーション+エントランスホールの増築で、構造体をスケルトンの状態にして、ほぼ全ての内装、設備を改新した。
入居者がお住まいの状態で工事を進めるため、綿密に転居計画を策定し、住戸内改修後、マンション内で入居者に転居いただく方式を採用。

シェアハウスゾーンは、現代の若者にも受け入れられるよう、各住戸内に、個別のキッチン、トイレ、バスも完備した上で、学生入居者が集えるLDK、縁側のような ...

実施時期: 2015年3月竣工

登録部屋数: 12

『 つつじ丘の家』四季が刻む時の流れを感じる住まい

注文住宅事例

説明: 1. 敷地の高低差が周辺の視線から守ってくれる。
高台敷地の高低差を活用…。前面道路から数メートルの高さがある丘先端に小さな庭を、その背後にガラス張りのリビングを計画。そうすることで、緑豊かな丘が近景(道行く人、近隣の視線)をブロック。遠景(眺望)と丘の緑、日の光だけをリビングに取り込んだ。

2. 移りゆく四季が刻む【一年】を感じる暮らし。
敷地は、緑豊かな風致地区。『外縁の移りゆく四季で、室内空間を彩る…。』 敷地を訪れた瞬間にそう感じた…。
周縁の桜とツツジが刻む【一年】を感じる暮らし…。春夏秋冬を通じて住まいを彩り、時の流れを感じさせてくれる桜たちが今年もまた、新しい風を吹き ...

登録部屋数: 10

箕面のマンション

その他事例

説明: 1. 敷地条件で最大限の住戸数を確保。
将来にわたる安定経営。オーナーなら誰しもが求めるモノ…。ここでは長期的な不動産価値継続を目標に、市条例で規定された最大限の住戸数と住戸面積を確保。設備も地域で最高水準を求めた。この床面積を確保するため、日影規制と建物ボリュームを調整。最上階を変則住戸タイプとすることで規制をクリアした。

2. マンションにも木のぬくもりを…。
素朴な疑問…。戸建住宅では木材を多用するのに、マンションで殆ど採用されないのはなぜ?木の温もりをマンションに取入れ、戸建に近い環境をつくる…。そのために、大規模建築物が抱える法的制約とメンテナンス問題を解決。普段良く目にす ...

登録部屋数: 12

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。