清 利幸さんのプロフィール

Pro

建築家

清 利幸

一級建築士事務所 清建築設計室 @福島県

設計とは、気持ちいい空間を考えることだと思っています。
光や風、緑といった外にあるいいものを如何に内部に取り入れるかを大切にしています。
クライアントや周辺環境に思いを巡らせ、一過性の流れに左右されない普遍的な芯の強い空間を設計することを追い求めながら、日々建築と向き合っています。

サービス概要

・建築の企画、設計、監理業務
・リフォーム、リノベーションの企画、設計、監理業務
・インテリア、家具、什器のデザイン業務
・上記に付帯する一切の業務

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 内見の立ち会い(現地見学の立ち会い) , ローン相談 , 無料でプランを提案する , アフター保証に自信あり , 造作家具

得意な住宅の特徴

木造 , 2世帯住宅 , 自然素材

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

ローン相談 , 住宅診断 , 物件探し , 内見立会い , 家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし)

会社の強み

ショールーム有 , プラン提案力 , 自然素材が得意

対応可能な最低予算帯

300万円~

瑕疵担保保険の加入

加入あり

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , インテリアデザイン , インテリア・コーディネート , グリーン・コーディネート , 照明デザイン , エクステリア(外構)

対応可能な最低予算帯

25万円~

住所

〒963-8852
福島県 郡山市 台新2-4-22

サービス提供エリア

全国

資格

・一級建築士
・福祉住環境コーディネーター2級
・JFA(日本サッカー協会)公認D級指導者

こだわり

住まいの設計は、クライアントのためだけの世界にたったひとつの住宅をつくることだと言われています。
だからこそ、クライアントとはじっくりと進める住まいづくりをしたいと思っています。
個人の建築設計事務所として仕事をしている理由もそこにあります。
組織(会社)では、その規模が大きくなればなるほど商業主義に取り囲まれた設計が進められていきます。利益を出すためにある程度の数をこなす必要が生じ、商品受けする斬新さや趣向、性能が謳われ、どこか心地よさとは離れたところで設計が進んでいるように感じます。それではせっかくのマイホームが「住んでみたい家」ではなく、ただの「住む家」となってしまうのではないでしょうか。

さらに、建築設計事務所の主な仕事は、敷地の可能性を探りながら、クライアントの言葉にならない思いや絡み合った断片的なイメージを紐解き整理することです。そしてときにはその延長線上で、社会の命題に対して提案することも求められます。
時代はCO2を排出しない低炭素社会、原発に頼らない自然エネルギー社会に大きく舵をきっています。私も自立循環型の住宅、つまり住生活に必要とされるエネルギーの受容から消費までを自然サイクルのなかで完結させるということが理想だと考えています。 自然の力を味方につけて、孫の代まで持続可能な建築をつくり、地球環境を守ることが建築を志すものの使命だと感じています。

私はそのような持続可能な建築をご提案するにあたって、身の丈に合わせるということが一番のエコになると思っています。
身の丈に合わせた建築は省資源(ecology)であり、省エネ(economy)にもなります。様々な余裕も生まれ、環境を整えることもできます。
身の丈に合わせるというと倹約なイメージに受け取られがちですが、決して理想を諦めるということではありません。
身の丈に合わるとは、自身を見つめ直すということです。
自信を見つめなおすことで、建築に求める本質が初めて見えてきます。その本質の中に心地よさがあると思うのです。
誠実にクライアントと向き合い、ひたむきに設計へ挑む。
このことを大切に、佇まいよく凛とした建築をつくっていきたいと思います。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

8万/坪

経歴

1978年 静岡県富士市生まれ
2004年 日本大学大学院修了
2005年 二級建築士事務所 アーキテクチャ デザイン アソシエーツ設立
2009年 一級建築士事務所 清建築設計室設立

趣味

ランニング
サッカー

ゆふのいえ

注文住宅事例

説明: 敷地は、東西に長い矩形で、西と北が道路に接し、東は隣地が3m下がった崖地でした。南には、2階建てアパートが計画されており、採光が期待できないことから崖地の高低差を利用した東向きの家としました。
お施主様のご要望は、妻方のお母様とお施主さまご家族(夫、妻、娘)とが、お互いのプライバシーを確保しながら暮らすことができる2世帯同居住宅とすることでした。
具体的には、①スナックバーを経営する旦那さまが、日中に静かに眠ることができるようにしたい。②お母様の生活とお施主様ご家族の生活はできるだけ分離させたい。③世代交代しても住みつなぐことができ、近い将来にはカフェを営むことができる間取りと、来客用の駐 ...

登録部屋数: 5

かみてつのいえ

注文住宅事例

説明: かみてつのいえは店舗併用住宅です。もっと厳密の言うと店舗併用2世帯同居住宅といったほうがいいのかもしれません。クライアントである子世帯のご家族が、理容室を経営しながらお父さんお母さんと同居して暮らすための58坪の住宅です。
外観は、店舗に必要な非日常感と住宅がまとう日常感とが混在するちょうど良いバランスとなるように配慮しています。間取りには、フルオープンできる木製サッシを開け放てばウッドデッキと室内が一体となる開放的なプランと、高齢者に配慮した行き止まりのない回遊動線を取り入れています。

登録部屋数: 10

しろもとのいえ

注文住宅事例

説明: 人通りの多いに全面道路に沿って、長屋門のように下屋を配した住宅。下屋部分は、外室、玄関、納戸、パントリーで構成され、雑踏から室内を守る防犯・防音のための正に『門』であり、周囲との距離感を調整する役割を担う干渉帯でもあります。下屋の外壁を焼杉鎧張りとしているのは、城下町である町のアイデンティティーを呼び起こすことを意図しています。屋内環境を守りながら、如何に周辺環境に溶け込むことができるのかという関係性を追求しています。

登録部屋数: 5

米沢・徳町の家

注文住宅事例

説明: 山形出身の旦那様と関東から嫁がれた奥様、そしてお子様のための住宅。
雪に不慣れな奥様とお子様のために、真冬を室内で快適に過ごせるように、空間のボリューム感や素材、断熱性能並びに暖房設備を厳選しています。子供部屋となる2階のフリースペースを吹き抜けを介して1階キッチンと繋ぐことで、親子の気配を感じあえるようにしています。

登録部屋数: 7

郡山・向作の家

注文住宅事例

説明: 扇型の変形敷地の中に建物を『くの字型』に配置した二世帯住宅。
敷地形状と住まい手の要望をリンクさせることで生まれた『くの字型』プランは、親世帯と子世帯とが一つ屋根の下、適度な距離感を保って生活できるようになっています。
東西南北に大小様々な余地を残し、それぞれの特長を生かした庭とすることで生活に豊かさを加えています。

登録部屋数: 7

あつみづのいえ

注文住宅事例

説明: 延べ床面積25.5坪の4人家族の小さな住まいです。
半地下に仕事場を設け、公私のON/OFFを建築的に切り替えられるようにしています。半階ずつづらした空間構成(スキップフロア)で家族それそれの居場所を創出し、それらをシームレスに繋ぐことで、空間にメリハリと広がりを与えています。また、『手間暇を惜しまないことが生活を豊かに彩る』という信念のもと、自然素材や薪ストーブ、集熱式のソーラーシステムを積極的に採用することで、エコノミーでエコロジーな暮らしを実践しています。

登録部屋数: 4

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。