岩堀未来さんのプロフィール

Pro

建築家

岩堀未来

岩堀未来建築設計事務所 @東京都

クライアントにとって家づくりはとてもエネルギーを要する作業です。しかし時間を掛け対話を重ねて信頼関係を築きながら一緒に考えていくことで、それはかけがいのない充実した時間になります。最後にはこれ以上は考えることができなかったという位に対話を重ね納得していただけるような仕事をしたいと考えております。

サービス概要

クライアントにとって家づくりはとてもエネルギーを要する作業です。しかし時間を掛け対話を重ねて信頼関係を築きながら一緒に考えていくことで、それはかけがいのない充実した時間になります。最後にはこれ以上は考えることができなかったという位に対話を重ね納得していただけるような仕事をしたいと考えております。

対応可能業務

注文住宅

住所

〒103-0025
東京都 中央区 日本橋茅場町2-13-8 4F

サービス提供エリア

全国

資格

一級建築士

こだわり

「光」、「風」、「熱」、「音」、「視線」、など、目に見えない要素の「調和」と「豊かな変化」がある空間を目指しています。また多様な設計条件を包含した単純明快で美しい建築を目指しています。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事費の10%程度

経歴

1972年 千葉県生まれ
1996年 東京理科大学理工学部建築学科卒業
1998年 東京理科大学大学院修士課程修了(工学修士)
2000年~2006年 難波和彦+界工作舎
2006年 岩堀未来建築設計事務所設立

過去の作品

2007年 筒の家(東京都)
2010年 タウンハウス荻窪U邸(東京都)
2010年 タウンハウス荻窪S邸(東京都)
2010年 タウンハウス荻窪M邸(東京都)
2011年 筒の家2(千葉県)
2013年 酒蔵復興プロジェクト進行中(福島県)
2013年 高齢者福祉施設プロジェクト進行中(山梨県)

受賞歴

2008年 2008年度グッドデザイン賞(筒の家)
2008年 グランドデザインコンテスト入賞(筒の家)
2011年 新山口駅表口前広場整備設計プロポーザル佳作
2011年 2011年度グッドデザイン賞(筒の家2)

雑誌掲載・著書

「新建築住宅特集 2008年3月」(筒の家)
「新建築住宅特集 2008年4月」(筒の家)
「ハニカムダイナミックスの建築(新建築社)」
ジャパンデザイン グッドデザインアワード・イヤーブック200-2009(筒の家)
グッドデザイン賞公式受賞年鑑「GOOD DESIGN AWARD 2011」(筒の家2)

筒の家2

注文住宅事例

説明: 南房総の海岸近くに新たに計画された分譲区画の一画。都心に住む50代の夫婦が週末住宅として使用し、将来は移り住む計画。100坪の広い敷地の真中に矩形の床を造り平らな屋根で大らかに覆った。屋根は、スパン13.2m、成90cmの木造合成梁を90cmピッチで9本並べて構成し、南北に抜けた開放的な筒状空間を造った。大開口から光が入り、風が通り抜け、天窓や高窓からの光は木造合成梁に反射して柔らかく入落ち、内部は変化に富んだ住空間となる。平面は梁下までの家具・建具により緩やかに分節されるが、梁成の空間で音や気配が伝わることで空間の一体感が生まれる。庭や街並に開放された空間は内外が一体化した生活を可能にする。 ...

実施予算: 2700 万円

実施時期: 2011年

登録部屋数: 16

筒の家

注文住宅事例

説明: 住宅街のバス通りに面して建ち、車椅子で生活する男性とその両親の3人家族の住宅。開放的な筒状空間と閉じた帯状空間で構成される。開放的な筒状空間に各自の生活コーナーを設けることで、御互いに距離を取りながら、つながりも感じられる空間。筒状空間の両端は開口部で、光が入り、風が通り抜け、内部は明るく変化のある空間となり、通りからは介護サービス等も受け易い。閉じた帯状空間には設備・収納・耐力壁・配管類がコンパクトに配置され、筒状空間の開放性に貢献している。集成材軸組金物工法、外断熱パネル工法、基礎外断熱工法、通気工法、水蓄熱対流式床暖房等、環境制御技術を、工業化部品をアセンブルすることで実現したエコロジー ...

実施予算: 2600 万円

実施時期: 2007年

登録部屋数: 11

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。