平賀 久生さんのプロフィール

Pro

建築家

平賀 久生

有限会社平賀久生建築研究所 @広島県

一件ごとに異なる個々の敷地条件の中で、住む人に固有の「夢」を「かたち」にすること…それがProfessionalだと考えています。

サービス概要

設計・工事監理

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 内見の立ち会い(現地見学の立ち会い) , ローン相談 , アフター保証に自信あり , 造作家具

得意な住宅の特徴

鉄筋コンクリート , 木造 , 崖地

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

ローン相談 , 住宅診断 , 物件探し , 内見立会い , 家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし)

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 自然素材が得意

対応可能な最低予算帯

500万円~

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , インテリアデザイン , インテリア・コーディネート , 照明デザイン , エクステリア(外構) , 造園

対応可能な最低予算帯

150万円~

住所

〒723-0031
広島県 三原市 須波2丁目19−2

サービス提供エリア

東京都 / 神奈川県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 沖縄県

特徴

雑誌掲載あり , 設計・建築関連の受賞経験あり , 開業20年以上 , 英語対応可能

資格

一級建築士
APEC ARCHITECT

経歴

1971年 神戸大学工学部建築学科卒業
     都市問題経営研究所
     現代芸術研究所を経て
1978年 ATELIER FORUM 設立
1983年 平賀久生建築研究所 設立 現在に至る
2014年 神戸から広島県三原市に事務所移転
1975年 一級建築士 取得
2012年 APEC ARCHITECT(APEC域内国際建築家資格)取得

過去の作品

1983年 名谷コープタウン(タウンハウス:神戸市)
     ※1985年 建設大臣「街づくり功労賞」受賞
1984年 伊丹エフ・ポイント(商業・業務ビル:伊丹市)
1987年 伊丹アイビーコート(集合住宅:伊丹市)
1989年 恒遠産婦人科(産婦人科医院:枚方市)
     ※彰国社『医院建築』誌 NO.13 掲載
1989年 コーポラティブハウス神戸・1(複合ビル:神戸市)
     ※1990年「神戸市建築文化賞」受賞
1992年 アーサヒルズ(集合住宅:神戸市)  
     ※1993年 日本建築学会「霞ヶ関ビル記念賞」受賞
1993年 宮野医療器本社ビル(オフィスビル:神戸市)
1994年 井上産婦人科クリニック・別館(産婦人科医院:大東市)
     ※彰国社『医院建築』誌 NO.16 掲載

         ー阪神淡路大震災ー

1996年 TERRAZZA 芦屋川(集合住宅:芦屋市)
     ※建築資料研究社『建築設計資料』誌 NO.68
     「アーバンスモールハウジング」 掲載
1997年 大倉山プレイス(集合住宅:神戸市)
1998年 井上産婦人科クリニック・新館(産婦人科医院:大東市)
1998年 アプランドル(集合住宅:西宮市)
1999年 高台の家(1戸建て住宅:西宮市)
2000年 江川産婦人科(産婦人科医院:茨木市)
2001年 丘の家(1戸建て住宅:芦屋市)
2001年 混構造の家(1戸建て住宅:福知山市)
2002年 傾斜地の家(1戸建て住宅:神戸市)
2003年 対の家(1戸建て住宅・一対:芦屋市)
2003年 借景の間(マンションリフォーム:吹田市)
2004年 にしおか歯科クリニック(歯科医院:三木市)
2004年 空の家(1戸建て住宅:芦屋市)
2005年 川端の家(1戸建て住宅:芦屋市)
2006年 里の家(1戸建て住宅:津市)
2007年 谷口病院別館(婦人科外来棟:泉佐野市)
2008年 谷口病院本館改装(病院:泉佐野市)
2008年 奥の家(1戸建て住宅:芦屋市)
2010年 海と山の見える家(1戸建て住宅:芦屋市)
2010年 高窓の家(1戸建て住宅:西宮市)
2012年 オーシャンヴューの別荘(週末住宅:南あわじ市)
2012年 中島本社・物流センター(本社・物流倉庫:尼崎市)
2014年 東亜物産新社屋(本社・オーナー住宅:神戸市)

受賞歴

過去の作品の欄に掲載

雑誌掲載・著書

過去の作品の欄に掲載

趣味

音楽

TERRAZZA芦屋川

その他事例

説明: 震災で倒壊した江戸時代から続く老舗旧家の再建に当り、住宅都市整備公団(現UR)の震災復興特別融資制度を利用して、オーナー自邸+店舗と共に8戸の賃貸用住戸を併設した低密度集住体。第1種低層住居専用地域(建蔽率:40%、容積率:80%)300坪強の敷地の中で、周辺のまち並みと融け合うスケール感、小広場・路地空間をテーマとた"TERRAZZA芦屋川"…低層型タウンハウスの一プロトタイプとなっている。

登録部屋数: 8

傾斜地の家

注文住宅事例

説明: 阪急御影駅の山手、30°近い急斜面に建つこの住宅は、地下1階から地上3階まで4層の立体的フロア構成を持ち、階ごとに変化する劇的な眺望と、メインフロアでの「星のテラス」が主たるテーマとなっている。斜面の方角・眺望の開けた東側に向けて設けられた、高さ8mに及ぶ3層分吹抜けの開口部、周囲の大半を閉じられた外壁上部に縁取られた空、夜のテラスは近隣からの灯りを遮られ上方の星空へと繋がっていく・・・屋内から屋外への連続性、光と風、そして風景や空までも内包した静けさの宿る外の居間、都市の住宅地であることを忘れさせるほど、心地良い自然との一体感をもたらしている。

登録部屋数: 8

対の家

二世帯住宅事例

説明: 芦屋市西部・震災復興土地区画整理事業地の一角、震災で倒壊したご両親のご実家跡に再建されたご兄妹の住まい。2軒の独立した住宅でありながら、あたかも中庭を囲む1軒のコートハウスのような構成で包括的に設計されている。北側の前面道路から見るとわずかに高さの違う一対のキューブのごとく、必要最小限の開口部をアクセントに持つコンクリート打ち放しの立体は、その狭間に穿たれたアプローチの奥に、これほど多面的・重層的な中庭が組み込まれていることを想像することは難しい。2軒の家は、この中庭を介して内なる環境を共有し、兄・妹御が旧家の記憶と共に、お互いの気配を感じながら暮らす場を形成しています。

登録部屋数: 10

空の家

注文住宅事例

説明: 芦屋市岩園町に位置するこの住宅は、西側前面道路に向かう緩やかな傾斜地に建てられている。宅地造成をすることなく、自然地形をそのまま敷地として生かし、道路に面する1階部分を地階扱いのガレージとした。1・2階の居住エリアは、敷地中央部に設けた中庭を取り囲むように構成されている。さらに屋上を全面緑化することにより、空との一体感まで味わえる連続的外部空間を構成している。中庭を介し緩やかに結びつく各室は、四季を通じて自然を身近に感じられるだけでなく、家族相互の心地良い距離感・一体感を感じられるものとなっている。

登録部屋数: 7

海と山の見える家

注文住宅事例

説明: 芦屋市山手町に建つこの住宅は、南下がりの傾斜地に造成された古くからの住宅地に建てられたものである。敷地は南北に細長く、両サイドを隣家に挟まれ、奥の南端には高さ5mを越す石積み擁壁が遺されていた。其の代わり、敷地の南側に寄れば寄るほど、海と山が同時に眺められる素晴らしい眺望が開けていた。眺めの良い家を建てるため土地を探しておられた建築主夫妻から相談を受け、基礎工事にコストが掛ることを説明した上でこの土地をお薦めした。芦屋市の厳しい建築規制の中、構造的に可能な限り南側に寄せて設計された建物は、海と山を望むパノラミックな眺望はもちろん、光と風の通り抜ける格別の住み心地を実現しています。

登録部屋数: 10

オーシャンヴューの別荘

別荘事例

説明: 南あわじ市阿那賀の丘陵地に拓かれた高台の別荘地。類い稀な海の景観を有するこの土地は、同時に強い海風が吹くことでも知られていた。設計の要点は、この優れた海の景観を余すところなく生かせる開口部の設計と、その強い海風から如何に開口部を保護するかのアンビバレンスに象徴されていた。さらに、週末利用を基本とする別荘建築のセキュリティーや管理の在り方、周辺環境との連続性、国産の自然素材を積極的に活用することなど、環境や資源エネルギーのテーマもデザインの一部として取り組んでいる。平屋建て、水平基調の低いプロポーションに調えられた建物は、丘の上に佇む方舟のような極めてシンプルなフォルムの内に、その開口部の全てが ...

登録部屋数: 11

高台の家

注文住宅事例

説明: 自然をこよなく愛する建築主夫妻と一緒に探し求めた土地は、大阪湾を見下ろす南下がりの高台の一角にあった。ここ、甲陽園目神山地区は、甲山森林公園や北山貯水池に隣接する自然林の中に拓かれた住宅地であり、周囲には手つかずの雑木林もまだ多く残されていた。敷地は、急勾配を有する道路の角地にあり、その高低差は5mを超えていた・・・眺望を充分に楽しめる2階に広間やテラスを配置し、高くなった北側道路から、長さ約12mの木製デッキを渡り直接アプローチできるようにしている。周囲の自然を肌で味わいながら緩やかに上昇していくアプローチの体験は、建物や、その先に広がる眺望への期待を徐々に高める劇的なものとなっている。周囲 ...

登録部屋数: 9

混構造の家

注文住宅事例

説明: 道路整備の立退き移転のため、代々続いた旧家が近くの代替地に新たな住宅を計画することとなった。若夫婦と3人の子供さん、それにご主人のお母さんが一緒に住む三世代同居の家である。コンクリート打放しの空間が好みの若夫婦に対し、お母さんは気候・風土に根差した、軒の深い伝統的な和風の住まいを希望されていた。和風の外観の内に現代的な空間テイストを実現するために、コンクリートと木造の混構造の家を提案することとなった。伸びやかな屋根の稜線の内側には、各所に組み込まれた吹抜けにより、包み込まれるような連続性と一体感のある空間が生み出されている。福知山の厳しい冬の寒さを凌ぐため、高気密・高断熱の外殻構造と共に24時 ...

登録部屋数: 10

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。