和泉屋勘兵衛さんのプロフィール

Pro

建築家

和泉屋勘兵衛

和泉屋勘兵衛建築デザイン室 @兵庫県

よく話し、よく作る。

永く使われていくものだから
住み手のあふれる想いを十分に受け止めて
それらを包含しながらも
何もなかったような
シンプルな空間に仕立てていきたい。

時間をかけてよく話し
時間をかけてよく作る。
そうすることで、唯一無二の答えが見えてくる。


時が経ち
そんな住み手や作り手の熱が、建物から引いた時
それでも愛されていたなら、本物なんだと思う。

サービス概要

住宅・店舗の設計・監理

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 内見の立ち会い(現地見学の立ち会い) , 無料でプランを提案する , 造作家具

得意な住宅の特徴

別荘 , 木造 , 変形地

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション

対応サービス

住宅診断 , 物件探し , 内見立会い , 家具の造作(オリジナル家具の造作) , 造園の請負

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 自然素材が得意

対応可能な最低予算帯

1000万円~

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , インテリアデザイン , エクステリア(外構) , 造園

対応可能な最低予算帯

150万円~

住所

〒666-0123
兵庫県 川西市 鼓が滝3-26-52

サービス提供エリア

三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県

特徴

テレビ出演あり , 雑誌掲載あり , 設計・建築関連の受賞経験あり

資格

1級建築士

大和郡山の家

注文住宅事例

説明: 現場は、高度経済成長期にまとめて建てられた建売住宅の一角にある。四方を隣家に囲まれ、南側は擁壁によって地盤が2mは高く隣家がより迫って感じる。北側6mの前面道路でガレージは自動車2台分が必要とのご要望であり、玄関スペースを加えると9m弱の間口はそれでいっぱいになる。それでも南の眺望が開けていれば何も問題はないのだが、期待できないことから、2階をリビングにすることを勧めた。
1階は主寝室と子供室を配置。子供室は現行1室で使用し将来2室で仕切れるようにした。またどちらかのご両親との将来の同居に対応すべく、給排水の先行配管を施した。2階がリビングになったことから玄関より2階へ上がるアプローチには、 ...

実施時期: 2006年4月

登録部屋数: 5

玄の家

注文住宅事例

説明: 行き止まりの道路の向こうには高層マンションが立ちはだかっていました。敷地はそのマンションが見えている隙間、道路から4m上にありました。マンション の視線から逃れることは方位からも難しく、それでも開放感のある空間をつくることと、毎日登らなければならない4メートルの高低差があるアプローチを退屈 な空間にしてはならないと感じたのが、はじめの印象でした。
まず、建物を敷地(道路)に平行に配置するのではなく、南北の方位に従うことでおもしろい角度を持った余白が現れるのでそれをアプローチを仕立てるのに利用しました。階段を上っていくと施主ご主人がデザイン・制作したステンレスの表札パーティションが訪問者を出迎 ...

実施時期: 2002年12月

登録部屋数: 5

橋の架かる家

注文住宅事例

説明: 南側前面道路から、1.2~1.7m高い敷地からは遠く明石海峡大橋が望めます。敷地条件から、南側には掘り込まざるを得ないRCガレージと玄関およびアプローチ、メインの庭という3つの要素が集中することになりました。
半地下のガレージの 上部はリビングなどのあるフロアよりも1m高い中2階になっており、書斎とピアノ ルームがあります。リビングの前の庭とはレベル差があり玄関アプローチも横切ることから、このままでは分断されてしまいます。これをつないで回廊のように 行き来で きるようにするために、本計画のキーワードともなった「橋」を架けることにしました。
玄関に入ると丸窓が訪問者を迎えます。その丸窓を通し ...

実施時期: 2002年12月

登録部屋数: 5

Solar Wing

注文住宅事例

説明: 南の風景に裏六甲の山並みを見る住宅地にこの住宅は建つ。土地の選定から参加することで、早い時期から施主の希望がこの風景に大きく開いたプランをイメージしていることを感じ、計画に反映させた。
結果、2階リビングの構成を採用。将来建築されるだろう道路を挟んだ南側の土地を意識しながら、ダイニングからもリビングからもワイドな眺望を確保した。リビングは畳を敷き前に8畳大のベランダを配置した。座の目線からは、ちょうどベランダの手摺壁で山と空だけが切り取られる。また、ダイニングも大型サッ シを取り付けつつも特注家具を横切らせることで視線調整をしている。
玄関からのアプローチが北向きになるため、暗く閉塞的なイ ...

実施時期: 2006年9月

登録部屋数: 5

彩 庵

注文住宅事例

説明: 大阪郊外の新興住宅街。敷地はブロックの外れに位置した三角形の角地で、北西に広がる住宅群を背に、南北方向は、四季の変化を楽しめる緑の山肌を借景として望むことができる。
当然のことながら、この借景をいかに取り込むかがこの作品のテーマとなる。西側前面道路境界いっぱいに白壁を配置し、まずは風景をさえぎる。歩道から後退した1メートルの残地は、黒い砕石を使った石庭である。壁にはひとつだけ開口を設け、格子戸がその向うの様子に期待感を持たせる。壁に沿って内側には緑と路地が広がり、玄関ドアを開ければ坪庭が訪問者を迎える。このような展開があってリビングに侵入したとき、緑だけが切り取られた借景が空間いっぱいに飛び ...

実施時期: 2007年11月

登録部屋数: 5

MANA

二世帯住宅事例

説明: 御兄弟の二家族が住まう二世帯住宅である。一階はフラダンスを練習するためのスタジオが配置されたため、他はガレージと玄関のみで生活空間は2階から3階に配されている。
この建物は3階建てだが、東面道路側に10mのデッキ、さらに8帖大の中庭を配置することで三層部分を西側に後退させ、道路側の圧迫感を軽減させている。このデッキと中庭は、2階LDKを過密な住宅街でありながらも開放感のある空間にするための、重要な“間合い”として機能している。
かつてこの丘が森であったように、自然体の庭を内包し導入の玄関アプローチから日常のLDKで、時間の変化と共に四季の移ろいを体感する。庭も建築の一部だ。かならず現場で具 ...

実施時期: 2012年7月

登録部屋数: 6

方 庵

注文住宅事例

説明: ご夫婦お二人のための住宅である。
四方がすでに密集した新興住宅街で、南側を含め借景は望めない。
そこで建蔽率40%という厳しい条件下から生まれる残地を、内側に大きく取り込むことで、陽の移ろいや四季の変化を日々の暮しに感じる事ができ、近隣からの視線や喧騒から遁れた"静"なる空間を作ろうとした。 北と南の二つの庭を延長された外壁で取り囲み、内部に暮らしの中心となるL.D.Kと主寝室(2階)を一体的に配置している。
取り込まれた庭に対しては、内外の境界をあいまいにするために、ペアガラス製作最大寸法の大板を使用するなど大開口を設けているが、気密・断熱性能はフラット35Sの基準をクリアしている。
...

実施時期: 2009年10月

登録部屋数: 5

楽座坐

注文住宅事例

説明: 子育てを機に、大阪市内から郊外への転居を考えた施主とは、土地探しからのご縁となった。東へ西へ車を走らせ、いろんな場所を見て歩いた結果、たまたまなづな工房のある兵庫県川西市の物件に落ち着くことになった。(実際いい買い物であった!!)
平屋建てのイメージを持っておられたが、予算との関係から、1階面積の比率を高くし建築面積を抑えた、2階建の計画となっている。南面は隣家に塞がれていたので、西側隣家の前庭先から南西に広がる抜けに期待し、西付の庭を取った。LDKと主寝室を隣接させ、畳空間として双方が西側に面する庭や吹抜と共に連続することで、延床面積が30坪を切りながらもそれ以上の広がりを見せている。
...

実施時期: 2010年2月

登録部屋数: 5

PIKE

注文住宅事例

説明: 大阪市天王寺区細工谷は、上本町の繁華街を中心に広がる都市エリアに隣接する取り残されたような下町で、狭い街角から高層マンションが覗くノスタルジックで不思議な空間だ。
Pikeは、全面道路が3m、土地面積が21.3坪という狭小地に建つ3階建の小住宅である。マンションをはじめとする近接する周囲の目線をかわしながら閉塞感のない伸び伸びとした空間をいかに創り出すかが設計のポイントであった。
陰と陽 ― 狭小住宅の1階は狭く暗くなりがちだが、そこに抵抗せず、Pikeでは必須の個室2室の1室を玄関土間と連動させ座敷として開放、視線の先に路地や石庭を配しながら光の少ない場所をあえて陰にしつらえ演出すること ...

実施時期: 2011年7月

登録部屋数: 5

鶯の蒼荘

注文住宅事例

説明: 圧倒的な眺望に対して、如何に接するか。この課題を解決することが施主とのコミュニケーションの中で最も重要なポイントであったように思う。
ダイナミズムをそのまま受けれることをイメージの中心に置きながらのプレゼンテーションは施主の不安要素として要望に現れてくる。それらを丁寧に拾い上げながら、風景に対して開いていきながら同時に閉じていくというバランスに形が与えられたとでも言おうか。
2階は寝室のプライベートエリアであるが、あまりにも風景が良いので主寝室は第二リビングとしてしばらくは使おうということになった。月のきれいな静かな夜は、眼下に広がる田園風景が蒼く照らされて見えるだろう。

家族構成夫 ...

実施時期: 2012年8月

登録部屋数: 5

Vector

注文住宅事例

説明: 見通しの効いた角地である。
敷地の鋭角なコーナーは二つの道路の接点になっており、ランドマーク的な宿命を有していた。
そしてその鋭角が建物の特徴となっていった。
南面には先に隣家が建ったため、庭を南にまとめるのは有効ではない。鋭角なエリアは十分な面積が確保できないため、結局建物は敷地中央に配置せざるを得ない。
庭空間を分散させながら、1階の主要な開口部からは緑が広がるように配慮している。
施主の希望でリビングとダイニングを連動させず、キッチンを中心に北側と南側に振り分けている。
それぞれはやや狭くなるが、家族各々の過ごし方に対応できるよいアイデアである。

実施時期: 2013年7月竣工

登録部屋数: 9

LIMIT-T

注文住宅事例

説明: 三角形の変形地に、狭い前面道路の中心後退。準防火地域に風致地区の制限が加わる。東側には鉄道が走り、遠景が望めるものの騒音のため積極的に開いていくことができない。南側の隣家は迫り、前面道路の北側さえ、道路が狭いため向いの家がかなり近く感じる。厳しい条件を克服した作品である。
3階までいくと開放的なロケーションが望めるのだが、小さなお子さんがいることもあり、2階をLDKとした。3階との間に吹抜けを設け、上からの採光を取り込み、僅かな隙間に借景を求めるなど、立体的に全方向に振り分けて開放性を確保するよう努めた。
道路からの圧迫感を軽減するため、3層部分を後退させ2階を跳ね出させている。軽快なイメ ...

登録部屋数: 4

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。