中川龍吾さんのプロフィール

Pro

建築家

中川龍吾

中川龍吾建築設計事務所 @東京都

建築や家づくりに大切な事は、設計の能力は当然の事ですが、建て主さんとのコミュニケーション、技術力、監理をしっかり行うことも非常に重要な事だと考えています。
建て主さんの要望に応える以上の建築を提供することで、結果として納得のできる建築・家づくりを行うことを心がけています。

サービス概要

住宅を中心とした建築物の設計・監理、
その他(建築相談・セカンドオピニオンサービス、検査サポート等)

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

無料でプランを提案する , 造作家具

得意な住宅の特徴

鉄筋コンクリート , 木造 , 2世帯住宅

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

家具の造作(オリジナル家具の造作)

会社の強み

ショールーム有 , プラン提案力 , 自然素材が得意

対応可能な最低予算帯

50万円~

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , エクステリア(外構)

対応可能な最低予算帯

25万円~

住所

〒177-0053
東京都 練馬区 関町南4-8-13

サービス提供エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県

特徴

テレビ出演あり , 雑誌掲載あり , 設計・建築関連の受賞経験あり , 美術館・駅・学校などの設計経験あり

資格

一級建築士、福祉住環境コーディネーター

こだわり

家づくりで最も大切なことは、敷地条件や建て主さんの要望等をトータルな面で満足させる以上のプランをつくることだと思います。
長期的な視点も含めて機能的で暮らしやすく快適な家づくりにとって、よいプランをつくることが必要不可欠だと思っています。

これに加えて
「自然素材を生かす」「明るく風通しをよくする」「 耐久性とメンテナンス性」「建築家による質の高い、上質な空間」「しっかりとした工事の監理」といったことを加味することで、建て主の方が納得できる家、確かな設計と品質の住まいができるものと思っています。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

設計監理費:工事費の9~15%

経歴

1959年 東京生まれ
1982年 日本大学理工学部建築学科 卒業
       前川國男建築設計事務所 入所
1987年 前川建築設計事務所 入所
1998年 前川建築設計事務所から独立
       中川龍吾建築設計事務所を開設
       現在に至る
(1998年~2004年)
       日本大学理工学部建築学科にて設計指導(講師)

過去の作品

<戸建住宅>
山梨の家、東陽町の家、井草の家、下井草の家、関町の家、小山台の家、関町北の家Ⅰ、関町北の家Ⅱ、 宮坂の家、吉祥寺の家、八雲の家、富士見台の家、府中の家、他
<2世帯住宅>
洋光台の家、霞ヶ浦の家、駒沢の家、小金井の家、阿佐ヶ谷の家、新井薬師の家、市ヶ谷の家、田端の家、他
<3世帯住宅>
羽根木の家
<リフォーム>
永福町の家、中野の店舗併用住宅、他

雑誌掲載・著書

jt(新建築住宅特集)、住宅建築、新しい住まいの設計、他

趣味

サッカー、フットサル、スキー、フィッシング、音楽鑑賞、映画鑑賞、器(焼物)

北烏山の家(庫裏、外断熱の2世帯住宅)

二世帯住宅事例

説明: この住宅は、世田谷にあるお寺の庫裡。若い住職とご家族の住まいです。
法的に木造とすることができないことからRC造とし、安定した温熱環境と建物の耐久性の向上といった観点からRC外断熱工法を採用した建物です。

敷地は、お寺の境内という条件にあって、
「外観と檀家さんが使用するスペースは本堂や周辺とのバランスをとったデザイン」
「家族のスペースはカントリー調」
といったことが求められたものです。

住まいの他に、応接室、法衣室といった部屋の他、奥様が華道を教えるための部屋もある家です。

内装や建具に使用する木はバーチ材を主として、レッドシダー、たも、桧、栗の無垢材、漆喰や珪藻 ...

登録部屋数: 19

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家)

注文住宅事例

説明: この住宅は、新宿区内のオフィスビルの建ち並ぶ通りから、住宅地への入口付近に計画したものです。
敷地は近隣商業地域と第二種中高層住居専用地域にまたがる防火地域内にあり、また幹線道路から近いことから、防火と騒音対策上の理由で、RC(鉄筋コンクリート)造としたものです。

2方がビルや擁壁上部に建つ隣家に囲まれた敷地にあって、3階建てであっても各階の諸室に自然光が射し込み、風通しが良く、更に周囲からのプライバシーを確保できる家とすべく、家の中央部に設けた光庭に大きく開く家としました。
また、3層にわたるこの光庭は、2階部分では中庭として利用し、更にこの中庭の脇に光庭やトップライトを設けること ...

登録部屋数: 14

吉祥寺の家(和テイストの家)

注文住宅事例

説明: こちらの事務所から歩いても行ける程近い武蔵野市吉祥寺の住宅地に建つ木造2階建ての戸建て住宅です。
建て主の方のご要望としては、シンプルで合理的な住まいの中に、「和」のテイストを加えてほしいというものでした。
また、この敷地は道路を隔てた向かいと斜向かいに幼稚園があることから、できるだけ外からの視線や音が気にならずに過ごせる住まいとしたいというご要望がありました。

これらの条件から、道路側に玄関や書斎、水回りを配し、道路から最も離れた敷地の奥にリビングダイニング、キッチンを配するものとしました。
また2階は、ご両親の寝室とお子様たちの部屋としたもので、平面計画としては非常にオーソドッ ...

登録部屋数: 19

田端の家(お茶室と防音室のある2世帯住宅)

二世帯住宅事例

説明: 田端駅から徒歩5分程の住宅地に建つ木造の2世帯住宅です。

敷地は、道路面より一段高くなった角地という条件にあって、
「家族それぞれがゆったりと自分の時間を過ごせる家」
「機能性や耐久性の高いしっかりとした家」
が求められたものです。

防音室(音楽室兼書斎)やお茶室(客間兼用)、ビルトインガレージといった諸室のある家です。

設計手法・コンセプトとしては、これまでの他の住宅と同様、
・シンプルで機能的なプランでありながら、ぬくもりを感じる家
・明るく風通しの良い家
・自然素材による家づくり
・ワンランク上の性能を有する家
といった、この住宅でも建て主さんに求められ ...

登録部屋数: 23

八雲の家 ヨーロピアンテイストの小さな家

注文住宅事例

説明: 駒沢公園にほど近い、目黒区八雲の住宅地に建つ
ご夫婦とふたりのお子様が住まわれる木造2階建ての戸建て住宅です。パリに在住経験のあるご夫妻から、日ごろの作風というよりもむしろ家づくりに対する姿勢をご評価頂き依頼を受けた住宅で、当事務所としては初めてといっていい「ヨーロピアンテイスト」の住宅です。
洋風とはいっても、基本的な平面計画や構造、収納、設備等に対する考え方は、あくまで当事務所の基本スタイルであるシンプルで合理的な考え方によるものです。
敷地面積は約24坪。
ビルトイン形式の駐車スペースとロフト以外の床面積は30坪弱。
敷地の制約やご主人の仕事上で欠かせない書斎を設ける必要があり ...

実施時期: 2009年

登録部屋数: 25

関町北の家

注文住宅事例

説明: この住宅は、北側が道路でそれ以外は住宅に囲まれた敷地にあっても家の中は「明るく陽射しを感じられる家」とすることが求められた若いご夫妻の為の住まいです。
シンプルで機能的なプランでありながら、ぬくもりを感じる家としたものです。構造は木造、在来軸組工法(屋根は垂木構造)による33坪程の住宅です。
~明るく風通しの良い家~
住宅が密集する敷地でも陽射しを感じることができるようにすべくこちらで手がけている住宅における設計手法のひとつとしている「大型のトップライト」や「床用ガラス」といったものを用いた家です。
~ワンランク上の家~
奇をてらうようなデザインよりも質の高い家としたいというご要望に ...

実施時期: 2010年

登録部屋数: 27

富士見台の家

注文住宅事例

説明: この住宅は、練馬区内に建つ年配の方の住まいです。
この土地に建っていた2階建ての家を、多少狭くなっても使いやすく住み心地の良い家とすることが求められた家です。
主なご要望は、平屋建てで南面から入る玄関を設けるということ、そして庭や門廻りはこれまでの姿を残すというものでした。
東西に細長く、西側に道路という敷地です。南側に玄関を設けたいということから、道路からの玄関までのアプローチの正面に玄関ポーチを設け、これを物理的にも視線上も私的な生活スペースに対する止まりとする計画としました。
この南に張り出した玄関ポーチは、その高さを低く抑えることで南面する諸室への採光や通風を阻害しないようにし ...

実施時期: 2013年

登録部屋数: 15

府中の家

注文住宅事例

説明: この住宅は、仕事を引退されたご夫妻が、愛犬と共に郊外の住宅地に移住してゆったりと暮らすための住まいです。
建て主さんの主なご希望は、「それぞれのスペースがゆったりした家」「将来は1階だけでも生活ができる家」「軒が深く、シャープで白い家」といったものでした。
比較的広い敷地であったことから、愛犬を放す庭を可能な限り大きく残しながらも、1階に生活の場の大半を設けた住宅です。
内装や建具に使用した木は、1階はタモ材、2階は桐とスプルス等の無垢材、壁は漆喰塗、床はフローリングとタイル、石を使用した自然素材の家です。
既製の建材や石油化学製品の使用を極力少なくすることで、「ホンモノの素材による味 ...

実施時期: 2014年

登録部屋数: 35

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。