富谷洋介さんのプロフィール

Pro

建築家

富谷洋介

富谷洋介建築設計 @北海道

建築設計とは、単なるものづくり、場所づくりと捉えられがちです。
しかし、設計しているのは物ではなく、そこで流れる時間であり、生まれる出来事のきっかけです。
家族の心や関係性は今まで起きた出来事によって形づくられており、そしてこれからも続いていきます。
心を動かす素晴らしい空間はそこを使う人たちのことを想い、繰り返し反芻することから生まれます。
共に考え、誇りになる居場所を創りましょう。

サービス概要

設計・施工監理

対応可能業務

注文住宅

住所

〒001-0925
北海道 札幌市北区 新川五条16丁目4-8

サービス提供エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県

資格

一級建築士

段差を繋ぐ家

注文住宅事例

説明: 高低差を持つ敷地に建つ小住宅です。
生活に必要なスペースを極力コンパクトにまとめ、夏涼しく冬暖かく省エネルギーに心地よく永く使われる住まいを目指しました。

当初お施主様は数社のハウスメーカー・工務店にプラン・見積もりを依頼し打ち合わせを進めていましたが、それぞれコストは明快、また施主側の言う通りに図面が進みましたが、提案性がなく「住まいづくりが本当に敷地なりの、要望なりの住まいで本当にいいのか」という気持ちをぬぐえず、じっくりと納得いく住まいを作るためご依頼を頂きました。
敷地は南北に長い広い土地で敷地を東西に分断するように1.2mほどの高低差を有しています。
ハウスメーカーの案だ ...

実施時期: 2016

登録部屋数: 16

宮の沢の家

注文住宅事例

説明: 宮の沢は札幌市の西の住宅地と緑深い手稲山との境目にあり、利便性と自然の恵みを享受できる恵まれたエリアにあります。
敷地は3方を道路と擁壁に囲まれており、角度のついた3つの道路の延長によって多角形に形成されしていました。
敷地面積は40坪程度ながら、擁壁が敷地内にあるために建てられる建築面積は限られ、求められる2世帯住宅としての床面積に対しては少し厳しさがありました。

敷地、要求から、設計の目的として、「限られた敷地に対して求められる室用途をどう確保するか」「3方道路からのプライバシーの確保」「恵まれた自然を室内に取り込む」「時に関係性の難しさのある2世帯としての家族のあり方をどう考え ...

実施時期: 2015年

登録部屋数: 28

西岡のリフォーム

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 古い木造住宅の改修設計です。
若い家族が新たに住むに当たって、居心地良く、楽しく住める空間へとデザインすることを依頼されました。
既存の住宅のプランは昔ながらの個室型で、リビングも狭く、細かく区切られた空間は風通しの悪い光も風も届きづらいものでした。
計画では必要の少ない客間や廊下スペースを、間仕切り・ドア・垂壁を取り払い、一繋ぎとし、ワンルームの回遊型プランとすることで家族が普段一緒にいるスペースを居心地良く大きく取り、居心地良い共用スペースとしました。
部屋の中心にあるBOXは元々和室の押入れと仏壇であったスペースで、構造上中心に残るためシナベニヤ張りとしコート掛け収納や電話などの ...

登録部屋数: 2

中二階が繋ぐ家

注文住宅事例

説明: なるべくコストは抑えながら、施主の希望である「家族がいつも繋がりながら楽しく住む」住宅を一から設計することとなった。
南西側に手稲山へと目線が抜ける住宅街に敷地はあります。
なるべく全体を凹凸の少ない総二階の直方体をとし、その中心に0.5階分の高さのボックスを配置しました。ここは階段の踊り場を広くしたようなスペースでもあり、子供たちの勉強スペースとなる「1.5階」とも言えるフロア。
このフロアのおかげで、一番家族が居る一階のLDK、子供の勉強スペース、二階のライブラリスーペースが滑らかに繋がり、家族がいつも互いの雰囲気を感じながら生活できる開放的な共用部が出来た。
キッチンやリビングに ...

登録部屋数: 4

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。