プロフィール

Pro 建築家

高橋正彦

佐賀・高橋設計室 @神奈川県

10 お気に入り(合計)
1 フォロワー数
3 住宅事例 登録数
12 写真 登録数

湘南で住宅を中心に設計活動を行っています。
四季の移り変わり、風の向き、光の流れ、周辺の景色等が自然と感じられる、開放的な空間を提案します。また、暮らす人の目線を大切にしながら、その空間に訪れる人が気持ちいいと感じる家を設計することを大きなテーマとしています。

費用について

注文住宅

目安の金額
(30坪 新築一戸建て)

-

請負価格帯割合
(注文住宅)

マンションリノベーション・リフォーム

目安の金額
(60㎡ フルリノベーション)

-

請負価格帯割合
(リノベーション・リフォーム)

※金額は素材やデザインだけでなく、現況・時期等でも大きく異なります。詳しくは専門家へ直接お問い合わせください。

サービス概要

・戸建て住宅、共同住宅、店舗などの設計及び監理業務(リノベーションも含みます)
・家具デザイン、インテリアデザイン
・以上に付帯する一切の業務

対応可能業務

注文住宅, リノベーション・リフォーム

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 造作家具

得意な住宅の特徴

木造 , 2世帯住宅 , 自然素材

リノベーション・リフォームについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

物件探し , 家具の造作(オリジナル家具の造作)

会社の強み

デザイン力 , 自然素材が得意

最低請負金額

500万円〜

金額についての補足

総工事費の10〜15%

住所

〒248-0033
神奈川県 三浦郡葉山町 一色2151-1

対応エリア

全国

特徴

テレビ出演あり, 雑誌掲載あり

資格

一級建築士、神奈川県建築士会正会員、震災建築物応急危険度判定士、SE工法登録建築家、伝統再築士

経歴

1967年東京都大田区生まれ。
1989年佐賀和光+エー・アートに入社。
1992年より佐賀和光氏が個人事務所を設立し、それ以降二人三脚で様々な建物を手掛ける。
1999年8月佐賀和光氏が、逗子のサーフポイント大崎でサーフィンをしている中、海の上で死去。その後事務所を引き継ぎ現在に至る。

雑誌掲載・著書

『建築家とつくる わがままだけど、暮らしやすい家。』『湘南スタイル』『BRUTUS』ス『Casa BRUTUS』『最高に心地のいい家は、こうつくる!』『予算内で賢く家を建てる178のコツ』『小さな家に暮らしたい』『最高に心地のいい家をつくる方法』『Free & Easy』『はじめての家づくり(別冊プラスワンリビング』『プラスワンリビング』『いちばんわかる間取りの本』『ダカーポ』『建坪10坪台でも心地いい小さな家』『小さくても居心地のいい家を建てる152のコツ』『信頼できる建築家やビルダーと建てた家』『家事が楽しくなるキッチン&極楽バスルーム』『はじめての家づくり基本レッスン』『予算内で賢く家を建てる157のコツ』『住まい100選』『行列の出来る建築家名鑑』『あたらしい住まいの設計』

趣味

サーフィン
ギター
木を使ったカトラリー作り
読書
散歩
猫と遊ぶ

手掛けた住宅事例 (3件)

マンションリノベーション・リフォーム

費用:500万円

既存間仕切りを解体し大きなワンルームとし、家族全員が楽しく暮らせる場所を作るということを考えました。部屋の中心には3メートル近くある大きなテーブルがあります。また、黒板塗料を塗った青い壁、両親や友人が泊まりに来た時に間仕切ることが出来る可動式壁など、楽しい仕掛けがいっぱいの家です。

注文住宅

面積:205㎡

築年数:2年

ビルトインガレージ、ペット室、オープンなキッチンに富士山を望むデッキテラス。住む人の夢がたくさん詰まった家となりました。ダイニングを通らずにキッチンからパントリー、バックヤード、洗濯室に繋がる動線により家事を効率的する事が出来ます。

注文住宅

面積:148㎡

空調設備がないこの家は、窓の位置を工夫することにより自然の風を最大限取り込むように計画してあります。また、ハイサイドライトや大きな吹き抜けにより、開放感あふれる空間となっています。

回答した家づくりQ&A (10件)

仮設工事って何?

見積もり・契約

2016-06-28 10:34:00 | 3  | 472

見積もりにある、仮設工事とは何ですか?

仮設工事とは、足場、養生シート、清掃、片付け、仮設のトイレ、電気、水道など工事完成後形に残らないものの工事を指します。しかし、これらは工事を安全に進める上でなくてはならないものになります。

続きを読む

壁を取って、大きな一部屋を作りたいのだけれど・・・

プランニング

2016-06-27 18:46:00 | 2  | 403

リノベーションで壁を取り大きな一部屋にしたいと思っているのですが、構造上の限界などについて教えてください。

リノベーションにより大きな空間を作る場合は、建物がどのような構造か、また現状がどのような状況か、により変わってきます。計画時の図面と現況をきちんと調査した上で建築家等の専門家に依頼し検討した方がいいでしょう。

続きを読む

リフォーム・リノベーションの時に、手持ちでいくら持っておけばいいの?

お金(資金・ローン・補助金)

2016-06-27 18:35:00 | 2  | 651

リフォーム・リノベーションを行う場合に、手元にどの程度の資金を用意しておけば良いでしょうか?

規模や仕様によって大きく変わってくると思います。ただ、どれくらい資金が必要かよりも自分たちの理想の暮らしはどのようなもので、現在どれくらい資金を用意できるか、というところから考えて計画の優先順位をきちんと考えていく方法がいいと思います。

続きを読む

家づくりを進める中で当初の見積もり費用が膨らみやすいのはなんで?

見積もり・契約

2016-06-20 16:21:00 | 3  | 933

家づくりを進めていくと、当初の見積もりより費用が膨らむことが多いと聞きました。なぜでしょうか?

金額が当初の見積もりより膨らむのはいろいろな理由が考えられます。工事を進めていくうちに、最初の見積もりよりも効果なものに変更した場合は当然工事金額は高くなります。しかし、そのような仕様変更をしない場合でも、地盤の調査を進めていくうちに当初の想定より地盤が弱かった為に、地盤改良や杭工事が必要になる。基礎工事を進めていくうちに埋設物などが見つかり、その処理をしなくてはならない。等々、思いもやらず金がかかってしまう事がありますので、工事着工前に出来るだけ調査などをし、想定外の事が出来るだけ起きないよう対応すると良いでしょう。

続きを読む