遠野 未来さんのプロフィール

Pro

建築家

遠野 未来

遠野未来建築事務所 @長野県

自然素材を用い、単なるデザインではない心から安らげる 「いのちの場」 をおつくりします。 現代的な土壁、塗壁や無垢の木を使いながら、曲線を使った現代的で有機的な建築が特徴です。 使用材料は国産材の木を使い、合板・ビニールクロスは使用せず、可能な限りの健康住宅を目指しています。

サービス概要

設計・施工監理

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション

住所

〒389-0015
長野県 長野県北佐久郡軽井沢町大字追分 961-27

サービス提供エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

資格

一級建築士

みはまのいえ

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 築30年のマンションのリノベーション。

2重建具としっくいのダイニング・キッチン
北側の暗くて寒いキッチンと洋室を、明るく暖かいダイニング・キッチンへ。既存アルミサッシュ窓の内側に木枠の中空ポリカ板を入れ、上下に間接照明を組み込んだ光窓として、室内に明かりを取り込む。
その窓としっくい仕上げの梁、壁・天井が曲線でつながり、やわらかな場をつくっている。

登録部屋数: 4

みらいのいえ

注文住宅事例

説明: 神奈川県三浦海岸沿いの丘の中腹に立つ環境共生住宅。

日本の「伝統的民家」と現代の「環境共生」を組合せた住まい。これをあえて21世紀における「みらいのいえ」と名付けた。もう一つの特長は伝統構法の大工とともに、インターネットと口コミの一般公募よるワークショップで工事が行われ、延べ200名が参加したこと。 単に作業を手伝うのではなく、「家づくり」を契機に地域や 現代のコミュニティをつくるという意味で「コミュニティ・ビルド」と呼ばれ、現在ではその考えは東日本大震災以降のまちづくりのキーワードの一つともなっている。
​この家は可能な限り「持ち込まない。持ち出さない。」を合言葉に、地球環境に極力 ...

実施時期: 2010年10月

登録部屋数: 3

moo やわらかないえ

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 新築マンションのリビングとキッチンの自然素材を使ったリノベーション。

キッチンをクローズからオープンに変え、角のないしっくい塗りの壁・天井と間接照明で安らぎの空間をつくっている。シックハウスと環境問題を考慮し、壁・家具の下地には合板を一切使わず、仕上げ材もしっくいと埼玉県産材の杉と土に還り、リサイクル可能な素材を使用。
キッチンのガラス・フードは既存フードを再利用して照明を組み込み、フロストガラスで囲み再生させたもの。 呼吸するしっくいの空気とやわらかな光が,人を優しく包んでいる。

● マンションの四角張った画一感を払拭しようと、随所で曲線を用いて、「やわらかさ」を追求した意欲 ...

実施予算: 1000万円未満 万円

実施時期: 2007年

登録部屋数: 4

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。