プロフィール

Pro 建築家

三浦正博

設計島建築事務所 @宮城県

71 お気に入り(合計)
0 フォロワー数
6 プロジェクト 登録数
33 部屋事例 登録数

「素」という言葉から何を連想しますか?素足、素顔、素材、色々ありますが、どれも気取らず飾らないものばかりです。しかし、巷にあふれる○○風住宅にはそういった「らしさ」がありません。私たちはそこに暮らす人が「素」のまま気持ちよく過ごせる「素の家」を提案します。

サービス概要

仙台を拠点とし、東北で活動する設計事務所です。
木造の注文住宅、エコハウスを得意としています。

対応可能業務

注文住宅, リフォーム・リノベーション

注文住宅について

対応サービス

造作家具

得意な住宅の特徴

木造 , エコ(省エネ) , 自然素材

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

内見立会い , 家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし)

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 自然素材が得意

瑕疵担保保険の加入

加入あり

住所

〒980-0871
宮城県 仙台市青葉区 八幡5丁目6−13

サービス提供エリア

青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県, 山形県, 福島県, 新潟県

特徴

雑誌掲載あり, 設計・建築関連の受賞経験あり

資格

二級建築士

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事費の10%(工事費により変動)

経歴

1999~2000年 1年3ヶ月をかけてアジア横断、アフリカ縦断の旅をする。
2001年 設計島建築事務所として独立。
2004~2006モロッコ王国文化省歴史遺産管理局フェズ支局で世界遺産の保存・修復に携わる。

受賞歴

第4回山形の家づくり大賞 入賞

雑誌掲載・著書

リプラン東北、チルチンびと

趣味

旅、フライフィッシング、クライミング、登山

特技

フランス語

手掛けたプロジェクト (6件)

注文住宅

面積:95㎡

費用:2500万円

築年数:1年

米沢は日本屈指の豪雪地帯であるため、雪下ろしの必要の無い無落雪の平らな屋根の家も多いが、地域の風景になじんでいるとは言いがたい。この家も無落雪屋根としたが、風景になじみ、克雪の機能も持った屋根と建物の素材を考えた。また、冬季の日射が少なく寒冷な土地のため、断熱は高性能なスペックとした。真冬でもドライ…

注文住宅

建物本体は建築家の設計、インテリアの大部分を施主自ら工事。 家型のラワン合板の室内空間にセルフビルドで家具を作ったり、壁の珪藻土を塗ったり、タイルを貼ったりした事例。

注文住宅

子供たちが独立したあとのご夫婦の家。 掘りごたつの足元には、床下に吹き込んだエアコンの暖気が柔らかく吹き出す。ビルトインガレージの上は、独立した子供達が泊まりにきた時のロフトスペース。

二世帯住宅

2世代5人が暮らす住宅。 密集した分譲地の中でプライバシーと開放感を両立するためにコートハウス(中庭のある住宅)とした。2階建ての若夫婦世帯と平屋の両親世帯を土間の廊下でつないだコの字型平面となっている。日射は南側の両親世帯を越えて入るように計画している。

注文住宅

面積:82㎡

費用:2100万円

焼き杉の外壁に大きな窓が特徴の小さな家。 延べ床面積25坪と小振りながら、吹抜けや間仕切の少ないプランで狭さを感じさせません。 ダイニングはわんちゃんのためにスレート貼りの土間にしました。 冬季はこの土間に太陽の光を蓄えて暖房がいらないほどの暖かさに。 夜は薪ストーブを焚いて暖を取ります。

すべての手掛けたプロジェクトを見る

回答した家づくりQ&A (1件)

ラワン合板の天井を塗装したいです。

プランニング

2016-06-20 16:46:12 | 3  | 600

現在、注文住宅を建てています。天井をラワン合板にしておりオイル仕上げをしなかったところ見た目が白っぽく、非常にチープな(ベニヤ板のような)印象です。 しっとりとした落ち着いた表情にしたいのですが、仕上げに何を塗ればいでしょうか?

ラワンベニヤ仕上げですが、ラワンベニヤは赤身の強いものと白っぽいものがありますが、ご指摘のように白っぽいものだと、チープな感じになってしまいます。私が手掛けた「自分で作るベニヤの家」では赤身のものを使って、オイルフィニッシュしていますが、オイルは実はお施主さんが用意した新品のサラダ油です。ですので、オイルの種類というよりは最初のベニヤの色味を選り分ける作業の方が重要と言えます。サンプルを取り寄せて小さいラワンベニヤに塗ってみるのが良いと思います。 既に白っぽいラワンベニヤで施工済だとすると、赤っぽいラワンベニヤのように見せるためには着色するしかないように思います。(例えば、プラネット社のウッドコートなどの中から赤身のラワン合板に近い色を選び1回塗り+拭き取り仕上げなどとする。) ただし、着色は飽くまで着色ですので、少々嘘っぽい感じにはなってしまうかもしれませんが、塗装したことによって色味が揃ってきれいになるとも言えるでしょう。 いずれにしても、塗装見本を作って納得の行く仕上がりを求めた方が良いと思います。

続きを読む