水石浩太/水石浩太建築設計室さんのプロフィール

Pro

建築家

水石浩太/水石浩太建築設計室

水石浩太建築設計室 @東京都

一生のすまいを考えるとき、いわゆる土地付き一戸建ては簡単に手に入る時代ではなくなってきた気がします。当方のこれまでのお客様も、予算的に余裕がなくモヤモヤした気持ちでいらっしゃる方が少なくありません。その方々とは決まって土地探しの段階から家づくりのパートナーとしてお付き合いいたします。例えば厳しい条件であったり少々わけありの物件であっても、同行して土地を調査し、おおよそのプランニングをお見せして購入の判断材料としていただけます。また、多少のデメリットは、自由な設計のアイデアによって違った価値観やこだわりを見いだしていけるもののように感じています。そうして投資以上の大きな価値を得られることが、家づくりのなによりの醍醐味だと考えています。

サービス概要

建築・インテリアの企画・設計・監理、家具・什器の設計

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

物件探し , 造作家具

得意な住宅の特徴

狭小住宅 , 木造 , 変形地

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション , 部分リフォーム

対応サービス

物件探し , 家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし)

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 自然素材が得意

対応可能な最低予算帯

150万円~

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , インテリアデザイン , インテリア・コーディネート , 照明デザイン , エクステリア(外構)

対応可能な最低予算帯

50万円~

住所

〒166-0015
東京都 杉並区 成田東2-33-12-1F

サービス提供エリア

全国

特徴

テレビ出演あり , 雑誌掲載あり

資格

一級建築士

こだわり

・環境(光・風・緑)を取り込み開放的にする。
・作り込み過ぎず住まい手が工夫できる余地を残す。
・住まい手の特徴を反映し個性を出す。
・材料に極力素材感のある本物を使いシンプルに仕上げる。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事費の10〜15%

経歴

1973年 大阪府生まれ
1992年 東京都立国分寺高校卒業
1997年 横浜国立大学工学部建設学科建築学コース卒業
2000年 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了
2000年 袴田喜夫建築設計室勤務
2003年 TKO-M.architects共同設立
2009年 水石浩太建築設計室設立

過去の作品

2015年 前橋の住宅と動物病院
2015年 石神井公園動物病院・2(店舗)
2015年 むさし小金井キャットクリニック(店舗)
2014年 花小金井の住宅・2(改修)
2013年 北烏山の住宅
2013年 東大泉の住宅
2012年 おおたかの森動物病院(店舗)
2011年 白金の住宅(改修)
2011年 堀ノ内の住宅
2011年 貫井北町の住宅
2010年 新中野のマンション(改修)
2009年 町屋動物病院(店舗)
・・・その他

受賞歴

2009年 ダイキンエアスタイルコンテスト2008優秀賞(久居の住宅)
2008年 第三回住まいのバリアフリーコンペ優秀賞(小平の住宅)
2006年 インテリアプランニング賞2006入選(松阪の住宅)

雑誌掲載・著書

「日本小住宅」(台湾) 2015年12月(堀ノ内の住宅)
「The Haus & Reform」(韓国) June 2015(堀ノ内の住宅)
「Japanese Contemporary House」(イタリア) (堀ノ内の住宅)
「Boundaries」(イタリア) (堀ノ内の住宅)
 テレビ朝日「渡辺篤史の建もの探訪」2015年4月4日(北烏山の住宅)
「カーサ ブルータス」特別編集(堀ノ内の住宅)
「新建築 住宅特集」2014年12月号(北烏山の住宅)
「MY HOME 100選」vol.15(堀ノ内の住宅)
・・・その他

趣味

日曜大工

特技

サッカー

堀ノ内の住宅

注文住宅事例

説明: 「川に寄り添う家」
川と道が鋭角に交わってできた三角形敷地に建つ小さな住宅です。限られた面積の変形敷地ですが、土手と遊歩道を介して川に面するため、様々な川との関係をつくりたいと考えました。建物は敷地と相似の三角形平面を鋭角部分でカットし、斜線制限内で最大限確保できる変形寄棟の外形ボリュームとしています。1階はプライベートな階ですが、水廻り以外は仕切らずに、玄関・階段・収納などとはレースのカーテンで仕切るにとどめました。2階は屋根の稜線によって一体につながりながら耐力小壁によってエリア分けされ、それぞれ違った開放感と川との関係をつくりだしています。川に寄り添い、お好みの居場所を探しながら生活で ...

実施時期: 2011年

登録部屋数: 20

北烏山の住宅

注文住宅事例

説明: 「交差する境界の家」
住宅密集地の角地に建つ小さな住宅です。建物は5.58m角の正方形平面で半地下を含む3層構成となっており、各階は十字型に交差する木造門型フレームによって緩やかに仕切られ、北西の奥まったウチ・スペースと、南東の開放的なソト・スペースをつくっています。ウチ・スペースは各階8帖分の機能的で守られた場所で、ソト・スペースは大小の窓により外部的要素の入り込んだ流動的な場所です。門型フレームには4枚引戸が十字に走り、季節や使われ方によってウチ/ソト・スペースをつないだり区切ったりと関係性を変化させます。限られたスペースにあえて境界をつくり、家の中に少し外っぽいところや曖昧なところがで ...

実施時期: 2013年

登録部屋数: 22

貫井北町の住宅

注文住宅事例

説明: 「フトコロのある家」
奥まった敷地に計画されたペット愛好の施主の住宅です。長辺方向は隣家が迫るため壁面を閉鎖的にして、短辺方向は両端で60cmという最低限の耐力小壁を連続させることで開放的にしています。この小壁で生じる「フトコロ」部分は、カーテンで閉じたり開いたりしながら、収納になったり作業台や机になったり、はたまた部屋の一部になったりと、様々にその役割を変化させます。南側には玄関を兼ねた大きな土間をテラスと一体的につくり、木製格子で囲って目隠しにしています。大開口の窓を開けることで内外がつながり、同居するペットたちとも交流できる場所になっています。生活をしながら「フトコロ」が様々に変化する ...

実施時期: 2011年

登録部屋数: 22

東大泉の住宅

注文住宅事例

説明: 「横長出窓のある家」
閑静な住宅地の南西角地に建つ住宅です。2階+小屋裏というボリュームを平面的に3×2で分割した上、平行四辺形の敷地形状に合わせ南北でわずかにずらして配置しています。1階はプライベートスペースで、階段室の中心とした回遊性のあるプランニングによって将来的な増室にも対応できるようにしています。平面をずらした壁で生じるスペースには棚板を設けてベンチや机をつくりました。2階はパブリックスペースで、階段室の周囲をダイニング、リビング、和室が取り囲んでいます。南側は1階から半間跳ね出して、さらにダイニングとリビングを貫く出窓が跳ね出すことで、2段階の軒下スペースを作ってこの家の特徴にな ...

実施時期: 2013年5月

登録部屋数: 22

前橋の住宅と動物病院

注文住宅事例

説明: 「4つの切り妻の家」
既存の動物病院に代わる動物病院併用住宅の建て替え計画です。1階動物病院と2,3階住宅部分で必要な機能と面積を形にすると、1階>2階>3階と上階へ行くほど小さくなるボリュームとなったので、上階へ行くほどセットバックすることで威圧感を軽減しています。さらに2階の一部が半階分の吹抜となることで、1階、2階、2.5階、3階の4つの切妻屋根が連続した形となりました。病院部分はデッキ材を使ったルーバー曲面壁が駐車スペースからガラス張りの待合内部にまで曲面を描きながら連続しています。住宅部分は2階で畳敷きの広間が特徴的で、LDK・寝室・客間・勉強室といった機能が、襖で仕切られつつ続き ...

実施時期: 2015年11月

登録部屋数: 25

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。