「スケルトン階段」の記事一覧

思わずじっくり見たくなるおしゃれな階段7選

おしゃれな部屋事例(その他)

2016-09-10 19:00:001420 View

「二階建てだから階段がいる」「スキップフロアだから階段がいる」というように、高低差のある場所への移動のためだけの構造物として階段を設置していませんか?もちろん必要があるから階段を設置しているのですが、その階段にもこだわりをプラスすることで、より素敵な住まいへと変わりますよ。

続きを読む

住宅に佇むアートのような"デザイン階段"に注目!!

おしゃれな部屋事例(その他)

2016-01-28 19:00:002335 View

上り下りの手段として作られる階段ですが、意外と場所を取り存在感がありますよね。 部屋や窓、あるいは玄関から見える階段のデザインが家の印象を決めてしまうことも。今回は、そんな階段に注目しました。おしゃれな家はやはり階段にもこだわりが詰まっていますよ。

続きを読む

憧れの『スケルトン階段』でワンランク上の家づくり

おしゃれな部屋事例(その他)

2015-12-13 18:00:005444 View

階段を、単なる上ったり下ったりする為だけの場所と捉えているあなた、スケルトン階段(別名ストリップ階段)をご存知でしょうか? 蹴込板(垂直部分)や手すり壁が無く骨組みだけで作る階段を指します。つまり、まるで“スケルトン”のような階段。階段を隔てた向かいへの視線が抜けて見えるので、開放感のある空間作りに一役買っている存在です。 正直なところ、予算は一般的な階段よりもかかってしまいます…が、それだけの価値があると思えるような事例を今回ご紹介します。

続きを読む

素材で考える階段の作り方

おしゃれな部屋事例(その他)

2014-07-17 20:00:004638 View

毎日使う縦導線、階段。ときには裸足で、ときにはスリッパのまま駆け上がり、重い荷物を持っていたり、 小さい子どもや老人も同居していたりすれば安全面を考慮しない訳にはいきません。 踏み板の幅や蹴上げの高さ、マテリアルの選択で完全性を確実なものにしていく事も可能です。 採光の乏しい場所や狭小住宅では蹴上げ板のないスケルトン階段で階下まで採光や視線、通風を届け、 階段自体の印象も部屋に溶込ませるデザインが好まれます。 階段としての機能優先よりも日常的に造形美を楽しみたいという場合もあります。 スチールによる自由なデザインや重厚感のあるコンクリート素材を利用するのも良いでしょう。 階段の素材を決めるにあたっては住宅設計時において建物の構造と一体で検討するのがおすすめです。 素材別にいくつかの階段例をご紹介致します。

続きを読む

自宅から気軽に質問