「断熱」の記事一覧

住宅の断熱について知ろう。断熱材や断熱工法の比較と選び方

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

2016-11-04 11:45:00477 View

こんにちは。SUVACO・リノベりすアドバイザーの竹村 洋亮(ひろあき)です。 つい最近まで暖かい気候だったのが、一気に寒くなってきましたね。最近は寒くなり、断熱の話をご相談いただくことが多くなってきました。暖房器具に頼ることも一つですが、断熱を見直すことで、冬もそして夏も快適に過ごせるようになります。

続きを読む

家の寒さは窓が原因だった!寒い冬を暖かく過ごせる、二重窓のススメ

インテリア(その他)

2016-11-03 22:00:003726 View

エアコン、床暖房、オイルヒーター…暖房設備を整えても窓のそばに行くとひんやりして、なかなか家の中が暖まらない!なんていうことありますよね。実は、窓が一番温かい空気を逃がしてしまうんです。外気にさらされて冷え切った金属サッシの部分も、部屋の空気を冷やす原因!とはいえ、窓を取り替えるとなると一大事ですし、集合住宅では勝手に替えることもできません。そこで、インナーサッシはいかがでしょうか? 外窓と内窓の空気の層が室内が冷えるのを緩和してくれますし、取り付け工事が一日ですむものもあるのでおすすめです。

続きを読む

知っておくと役に立つ!~断熱性を高めて省エネ暮らし~

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

2015-12-01 18:00:001174 View

近年の住宅は気密性住宅と言われるように、機密性能がぐんと上がっています。 新築マンションや住宅などには、ペアガラスと呼ばれるガラスが二重になったサッシ(窓)が使われ、24時間換気システムが搭載されています。また、環境にも体にも優しく、断熱性能もしっかりしているものが多いです。

続きを読む

優秀素材『コルク』を使った部屋作り

インテリア(その他)

2015-10-03 20:00:002410 View

コルクといえば、ワインの栓を連想さえますよね。そんなコルクはとっても高機能な住宅にも向いている素材です。多孔質で弾力性があり、水はほとんど通さないですが通気性はあり、保温性に優れています。このために床材や断熱材としても使われています。 そんな優秀素材『コルク』を使った事例を見ていきましょう。

続きを読む

取り付け簡単!今ある窓に内窓を追加するメリットとは・・

インテリア(その他)

2015-09-02 21:29:002314 View

最近、「内窓」を設置するお宅が増えています。内窓とは、既存の窓の内側に、もう一枚設置する窓のことです。 様々なメリットがあり、取り付け工事も簡単なものが多く、また、ご自分でDIYされる方も珍しくありません。 内窓をとりつけることで外側の窓と内側の窓の間に空気の層ができ、一枚ガラスに比べて空気の層があることで さまざまなメリットが生まれます。加えて、一般的なペアガラスよりその効果が高いと言われています。 内窓の効果で最も期待されるのは『断熱効果』。室内外の熱交換が最も大きいのは窓です。 窓を見直すことで冷暖房効率が上がり、節電にもつながります。 更に内窓は、直接冷たい外気に接していないのでカビや湿気の原因になる『結露』も防いでくれます。 そして『防音効果』も期待できます。外窓と内窓の間の空気の層は断熱効果だけでなく遮音効果もあり 空気の層が厚ければ厚いほど音を外に漏れにくくしてくれるのです。 このように、さまざまなメリットのある内窓を取り付けているお宅を今回はご紹介します。

続きを読む

家を建てるなら知っておきたい基礎の基礎〜いまどきの家の床下事情〜

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

2015-08-26 08:00:002446 View

震災を教訓に耐震性や地盤の問題など、住宅の基礎の重要性が見直されるようになった昨今。新築でもリノベーションでも基礎に着目するオーナーが急増しています。安心して長く住める住宅の基礎のポイントとはどんなことなのでしょうか?

続きを読む

窓で冷暖房効率が変わる!窓リフォームのススメ

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

2015-07-30 08:00:001397 View

近年、エコ意識の高まりから、新築やリフォームの際に極力エアコンを必要としない住宅を目指す家庭が急増しています。壁の断熱材や直射日光の考慮に加えて注目したいのが、窓やサッシの断熱性能。今回は冷暖房効率に配慮したエコ窓辺の事例をご紹介します。

続きを読む

「エコロジーに関心を抱いたワケは人それぞれ...」パッシブソーラーシステムの導入事例集

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

2015-07-08 21:30:00898 View

パッシブソーラーとは、簡単に言うと太陽熱や地熱を利用して住宅を温めることです。 このとき、暖房機器を使わずに設計上の工夫による受動的姿勢(パッシブな姿勢)で温めることが、パッシブソーラーの基本的な考えです。ただ、太陽熱で温められても夜間にかけて熱損失してしまうと、住宅は冷えて寒くなってしまいます。そのため、出来るだけ熱損失しないシステムを構成することがパッシブソーラーでは重要になります。 では、どうするかと言うと、これには高気密で高断熱な環境を作ることが重要で、パッシブソーラーの考え方にも合致しています。何かと集熱装置、送風機をシステムの柱に置きがちですが、本当のパッシブソーラー(夏は涼しく、冬は暖かい環境)を実現するのなら、いまいちど考え方の基本に立ち返ることが大切だと思います。 ここではさまざまな理由から、パッシブソーラーシステムを導入した事例を紹介してみましょう。

続きを読む

毎年のことだから!節電にもなり効率よく部屋を暖める方法

インテリア(その他)

2015-02-25 21:30:003489 View

部屋を暖めているはずなのに、なぜか室内がなかなか暖まらないなぁなんて思うことありませんか? 大きくて明るい窓が自慢の家でも、そのガラス窓を冷気が伝わって部屋の温度を下げてしまっていることもあります。 春めいてきましたが、まだまだ油断は禁物です。せっかく暖めるのであれば効率よく部屋を暖めたいですよね! 効率よく暖まり、節電にもなる部屋作りをされている家をご紹介します。

続きを読む

自宅から気軽に質問