「古民家」の記事一覧

築100年の古民家も再生。「昭和の香り漂う和風の家」をリノベーションして住む

リフォーム・リノベーション(その他)

2016-09-01 07:30:001058 View

日本の夏といえば、夏祭りに縁日、花火大会など、昔ながらの行事が各地で行われます。 御神輿や盆踊り、法被や浴衣姿など、夏の風物詩ともいえる情景を見ると「ああ、今年も夏が来たな」というワクワク感と子供の頃の夏休みの思い出が蘇り、どこか懐かしくほっこりとした気持ちにさせられます。今回は、そんな日本の風情が残る「昭和の香り漂う和風の家」を厳選してご紹介します。

続きを読む

京都の町家が現代スタイルに。町家リノベーション事例まとめ

リフォーム・リノベーション(その他)

2016-08-20 21:30:001082 View

京都の商業地区や埼玉の川越に現存する「町家」。もともとは町人が住む民家で、店舗併設の都市型住居のことを指します。 蔵造などに代表される重厚な造りの町家もあり、現存する建物も少なくありません。そんな町家の魅力を活かしたリノベーション事例をご紹介します。

続きを読む

風景と馴染む!~ 風土に寄り添う住宅 ~

おしゃれな部屋事例(外観)

2016-06-17 19:00:001404 View

本来、住宅や建物には、その土地に根付くスタイルがあります。 気象や降雪、風などを考慮し、その風土に合う建築スタイルや工法、建材、屋根の設え方、はたまた庭や玄関先の設えなど様々な違いがあります。 それらが集合体となることで集落となり、今でも日本各所に趣のある景観をもつ集落がいくつも存在しています。初めて訪れるところであってもどこかなじみ深い感じがするものです。 また、単体としての日本家屋も平屋住宅では、併せ持つ庭園との調和が美しく、複数階建ての住宅では、構造を伴う木組みの構成の美しさが際立つものです。木造の美しさを兼ね備え、どこか懐かしく、また安らぎを感じる住宅をご紹介いたします。

続きを読む

レトロ好き必見。古民家を味わう暮らし

リフォーム・リノベーション(その他)

2016-05-30 07:30:003679 View

日本では家屋は30年サイクルで立て直されると言われています。もちろんもっと永く住む人もたくさんいますが、古くなった家は解体して新築する人も多いです。しかし海外では古い家屋はリフォームなどの手入れをされて、永く住まれるということが多いようです。築80年や築100年を超えた古民家をリフォームした事例を見てみましょう。

続きを読む

『古民家リノベーション』のススメ

リフォーム・リノベーション(その他)

2016-05-24 19:00:001406 View

最近使われだした言葉として”リノベーション”があります。リノベーションとは、住まいをより質の高い空間にする事を目的とし、間取りを変更したり、設備を最新式のものに入れ替えたりする事を言います。 なかでもブームになっているのは「古民家リノベーション」。古民家とは、一般的に100年以上の古い日本の伝統的な建築工法で建てられた建物のことです。古い民家を現代生活に合わせてリノベーションし、日本ならではの生活を楽しみましょう。

続きを読む

住むほどに味が出る住まいを目指す「EI 建築設計事務所」のリノベーションを紹介

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

2016-04-09 18:30:00870 View

町屋や古民家を歴史を大切に残しながら、これからの住み方に合わせてリノベーションをしたいとお考えなら、経験豊富な建築家へ依頼することをおすすめします。住む程に味が出てくる住まいを造り上げることのできる「EI 建築設計事務所」をご紹介します。

続きを読む

自然素材の質感を大切にした家づくりを提案する「建築家:松井俊一」のリノベーションを紹介

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

2016-03-20 18:00:001001 View

古民家の良さを活かしたリノベーションに興味はありませんか?永年生き抜いてきた古民家を現代の新しい生活に合わせると同時に、新しい住宅レベルの耐震性能を確保するリノベーションをすることで次世代へと受け継ぐことができます。今回は、建築家:松井俊一さんをご紹介したいと思います。

続きを読む

”京都の美しい町並みをいつまでも・・・”という思いから生まれた「ナカクラの現代京町家(株式会社 中藏)」のリノベーション事例

リフォーム・リノベーション(専門家紹介)

2016-02-08 19:00:001410 View

京都を訪れると、美しい町並みに”和”を感じ、心が和みます。京都における”京町屋”は日本の財産ともいえますね。京町屋の多くは俗に「うなぎの寝床」と言われる細長い形をしています。このような敷地で快適に生活をするには、経験と知識あるリフォーム・リノベーション会社に相談することが一番です。

続きを読む

改築ではなく進化させる古民家の新しい住まい方

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

2016-01-16 09:00:002089 View

「古民家再生」という言葉をご存知ですか。文字通り現存する古民家の良さを活かし、その再生を図り住居や商業施設としての再利用を図る取り組みです。近年では、地域活性化のために古民家を利用した商業施設、廃校を利用した「道の駅」など、さまざまな取り組みにより、古き良き日本の建造物を維持するための活動が見直されています。古民家のメリットとして、使用されている木材の希少性や資源の保護、新建材によるシックハウスのクリア、固定資産税の軽減など、様々なメリットが挙げられます。 一方でデメリットとして、耐震構造や断熱性の問題、解体や廃材処分の問題など、経験豊富なリフォームの専門家でも、必要費用の見積もりが難しく、実際に工事に入った後で必要経費が発生するなど、費用面での不安があるのも事実です。 そんな「古民家」を改築するのではなく、進化させて再利用する新しい家の住まい方をご紹介します。

続きを読む

こんな家に憧れる!理想の古民家リノベーション

リフォーム・リノベーション(その他)

2015-10-14 20:00:003564 View

古民家とは、日本の伝統的な建築工法で建てられ、50年以上経った建築物のことを指します太い柱や梁、かやぶき屋根など、懐かしい建造物に心惹かれる人は多いですよね。ですが実際住むとなると、老朽化も進んでいる古民家のままでは不便です。そこで、今回は住み心地の良い古民家にリノベーションした事例をまとめました。あまりのおしゃれ事例に古民家を手に入れたくなるかも!

続きを読む

毎日ほっこり安らぎ気分♪古民家カフェのような住まい

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

2015-07-19 12:00:0021526 View

古民家カフェの魅力と言えば、木の温もり溢れるレトロな内装と、ほっと落ち着く安らぎ空間です。さらにカフェのおしゃれさも加わっているので、一般的な和風の家より若い人に受け入れられやすいのも特徴。思わず長居したくなるような古民家カフェの魅力を取り入れれば、自宅が1番安らげる場所になること間違いなしです。

続きを読む

古い家をリフォーム・リノベーションして、快適な暮らしを手に入れる

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

2015-07-08 23:00:003060 View

築年数が重なり家が古くなってくると、気持ちまでなんだか疲れてしまいそう。リフォーム・リノベーションをすることで、気持ちも一新、生まれ変わったような気持ちになれますよ。快適な暮らしを手に入れたお宅のリフォーム・リノベーション事例をご覧ください。

続きを読む

古き良き時代を現代に繋ぐ『リノベーション会社・中藏』の手掛ける

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

2015-06-18 08:00:002646 View

“中古の家”というと人気があるのはやはり築年数が浅い物。年数がたっている家となると、売却の際には古家付土地という扱いになることも珍しくありません。しかし、「築年月不詳」と堂々と書かれている物件が不動産屋さんの広告によく載っている場所があります。 それが京都の京町屋。京都市の定義によると「1950年以前に伝統的木造軸組構法で建てられた木造家屋」とされるのが京町家ですが、実際は1864年の禁門の変ののちに発生した大火(どんどん焼け)以降に建てられたものがほとんどで、2010年8月京都市が市内全域を対象に実態調査を行った結果、47,735軒残存しており、江戸時代の京町家は全体の2%で、明治時代のものも14%あったそうです。いかにも京都らしい見た目ですし、観光客の方には人気の町屋ですが、何しろ昔の建物。町屋といえば「鰻の寝床」と言われるように長細く、実際は暮してみると暗くて寒いものです。建て替えを考えられる方もおられますが、「できれば、お住まいの町家を手入れして長持ちさせていただきたい。しかし、それが困難で建替えをされるのであれば、町並みに溶け込むたたずまいを。。。」と考えているのが、“株式会社中藏”。そんな古き良き佇まいを残した実際の事例を見ていきましょう。

続きを読む

下町の古き良き時代の趣を-故郷を感じる民家風のおうち

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

2015-04-24 20:00:001958 View

下町というと、人情味あふれる商店や、軒の連なった町並みを思い浮かびますよね。本来下町とは、江戸時代の庶民が住んでいた地域、土地の低い場所(海や川に近い低地)を指すようですが、その定義を外れる場所でも、いわゆる下町と呼ばれ親しまれているようです。下町に住んでいた方はもちろん、観光などで訪れると、どこか懐かしさを感じませんか? 時代を感じる民家風の趣は、懐かしいふるさとを感じられほっこりした気持ちになりますよね。どこか懐かしくそれでいて新しい、故郷を感じる家。最近はそういった日本の古き良き次代を取り入れた家も増えてきているようですよ。

続きを読む

リノベーションのあるある!柱と梁を残した素敵なおうち

リフォーム・リノベーション(その他)

2015-03-28 21:30:003335 View

建物の構造上どうしても必要になる梁と柱。隠してしまうとすっきりしますが、スペース的に無駄が出ますよね。 だったら天井や壁で隠したりせずに、構造体もデザインの一部としてお部屋の眺めに取り入れましょう。 天井に高さが出ればそれだけで開放的に、壁がなくなれば本当に広さを実感できますよ。

続きを読む

古き良き日本を感じる古民家リノベーション♪

リフォーム・リノベーション(その他)

2015-01-26 21:30:0024551 View

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。 飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。 そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

続きを読む

古民家リノベで快適!落ち着く家づくり

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

2014-11-18 21:30:004035 View

古く懐かしい古民家。一見古く見える古民家も、昔の職人達の知恵と工夫が詰まった骨組みは味わい深く、温かみのある素晴らしい素材です。老朽化した古民家を話の味わいを残し、現代の耐震強度に耐えられる強く暖かい住宅に再生する、「古民家リノベ」に注目が集まっています。

続きを読む

すごい! 1800年代のぼろぼろ小屋がDIYでこんなになりました!

リフォーム・リノベーション(その他)

2014-10-22 20:00:004205 View

最近は日本でもDIYがブームになり、あちこちのホームセンターがにぎわっているようです。 北欧スウェーデンではDIYは当たり前のこと。だからイケアもああいう、自分で組み立てる、という方式なのですね。 小屋を丸ごとDIYされた例を見つけました。

続きを読む

自宅から気軽に質問