「デザイナーズ」の記事一覧

夏にオススメ!クリアな家具で涼感インテリア

インテリア(家具)

2016-06-25 19:00:001176 View

夏に向けてお部屋の模様替えをしようと計画されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 模様替えというとカーテンやラグなどのファブリック類が中心となるかと思いますが、今年は思い切って椅子やテーブルも涼しげなものを取り入れてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

名品「イームズチェア」はやっぱり凄い!インテリア活用術をご紹介

インテリア(家具)

2016-06-05 19:00:001709 View

デザイン史に残る名作「イームズチェア」。美しい曲線を描いた座りやすい座面や直線の脚など無駄のないデザインと快適な座り心地で世界中の人々に愛されているチェアです。今回は、見ためもおしゃれなイームズチェアを、あらゆる用途で取り入れた素敵な事例をたっぷりとご紹介します。「やっぱりイームズチェアは凄い!」と思わず唸ってしまうようなおしゃれな活用術が登場しますよ。

続きを読む

インダストリアルにも似合う♪無骨なデザイナーズチェア

インテリア(家具)

2016-04-30 21:30:001283 View

デザイナーズチェアといえば、モダンでラグジュアリーなお部屋にこそふさわしいというイメージですが、実はそうでもありません。最近ブームのインダストリアルなインテリアに似合うものも数多くあります。いつの時代にも愛される、普遍的な魅力を放つ名作の椅子と、クールで無機質なインダストリアルなお部屋の素敵なコラボをご紹介します。

続きを読む

相性抜群!北欧家具×インダストリアル

インテリア(家具)

2016-04-12 07:30:001561 View

北欧家具といえば、天然木のナチュラルな風合いを残しながら、実用的かつシンプルなデザインが魅力です。 耐久性にも優れているので長持ちしますし、使い込むことで木目の美しさがいっそう際立ってきます。新品にはない味わい深さを醸し出す北欧ヴィンテージ家具は、日本でも大人気ですよね。 それとは対極にあるかのような、ポップでカラフルな北欧インテリアも、若い女性たちを中心に人気があります。 そんな魅力いっぱいの北欧が、実はインダストリアルインテリアと相性が良いってご存知でしたか?

続きを読む

あこがれの一脚をお部屋に置こう~リプロダクトされているデザイナーズチェア

インテリア(家具)

2015-12-17 23:00:002129 View

チェアやソファなど、自宅で椅子に座っている時間はとても長いものです。くつろぎの時間や読書や勉強など、お気に入りの椅子があれば気分良く過ごせます。椅子の中でもデザイナーズチェアと呼ばれる、長い時を経てもなお愛されている個性豊かな椅子は、デザインはもちろん機能的にも優れており、とても快適です。 デザイナーズチェアはいつか欲しいけど、お値段が張るため手が出せない、という方もいらっしゃると思います。近年は、意匠権の切れた名作椅子が様々なメーカーによってリプロダクトされ、お手頃価格で手に入れる事が出来るようになりました。 デザインはオリジナルとほぼ同じですが、やはりオリジナルに勝るものはありません。細部の緻密さまでは真似出来ていなかったり、使っている素材はメーカーによって異なり、若干風合いが違う事があるというデメリットも。とはいえ高嶺の花のような憧れの椅子が手に入るのですから、まずは1脚招き入れてみましょう。

続きを読む

照明で空間をぐっと上質に-ルイスポールセンのあるインテリア

インテリア(照明)

2015-11-03 21:30:002306 View

言わずと知れた照明のトップブランド「ルイスポールセン」。徹底的に光の快適性にこだわった製品は機能的で美しくシンプルです。北欧モダンの代表というイメージがありますが、普遍的なデザインのため、北欧モダンはもちろん様々なタイプのインテリアにマッチします。今回はルイスポールセンの照明によって空間が引き立っている、素敵な事例をご紹介します。

続きを読む

デザイナーの椅子から見える「ミッドセンチュリー・モダン」のエッセンス

インテリア(家具)

2015-06-12 23:00:001738 View

ミッドセンチュリー・デザインは、1940年代~1960代にアメリカで生まれたインテリア家具のデザイン。 「ミッド・センチュリー・モダン」とも言います。 40年代というと、第二次世界大戦が終結したころですが、ヨーロッパ諸国に比べるとアメリカ本土の戦争の影響は少なく、産業もめざましく発展を遂げました。このような産業の環境が「ミッドセンチュリーデザイン」にも影響したことは間違いなく、たとえば積層合板や軍事用に開発された材料を使っての「軽快」で「曲線的」なインテリアを構成していきました。このようなデザインは「インダストリアルデザイン」などともよばれています。 ここではこの時期に活躍した作家たちの家具(椅子)を取り上げてみます。 時代の背景がデザインにどのように影響したかが見えてきますよ。

続きを読む

おしゃれ上級者に聞け!おすすめ北欧系インテリア雑貨屋さんはここ!

インテリア(雑貨)

2015-04-29 18:00:003218 View

北欧インテリア・雑貨ブームは根強いですね。北欧インテリアを取り入れたいんだけど、、、北欧雑貨やアンティークの食器に興味があるんだけど、、、と思いながらもお店が多すぎて選べない方もおられるのでは? 私が実際に利用、あるいは問い合わせをして、オススメだと感じたショップを何件か紹介させていただきますね。

続きを読む

こだわりの空間にこだわりの一脚をー椅子の似合う部屋

インテリア(家具)

2015-04-26 18:00:001370 View

みなさんは1日のうち、何時間ぐらい椅子に座っているのでしょうか?パソコンや勉強机の椅子、TVを見るソファー、食事の時座る椅子など家の中に占める椅子の割合は意外と高いですよね。それだけに、部屋全体の印象も椅子によって変わりやすいものです。居心地のよい空間にこだわりの椅子を配置し、そこに座る幸せのひと時を想像してみてください。 今回は、もう動きたくない!そう思わせる椅子と空間を作られている家をご紹介します。

続きを読む

上質なインテリアを選んでいますか?

インテリア(家具)

2015-02-09 18:00:001487 View

私は、良い物を選ぶならブランド物のバックよりも、上質のインテリア(特に椅子)をオススメします。 普段使いのインテリアに上質な物を選ぶと、不思議と落ち着いた物腰や雰囲気が身に付くようになります。 ワンランク上の人間を目指すならば、ワンランク上のインテリアで、まずは「くつろげる」ようになりましょう。 上質な物に普段から触れておかないと、いざという時に落ち着きをなくしてしまいます。一度落ち着きをなくしてしまうと、 目の前の相手に対し会話を交わすどころではなくなってしまいます。それが、もしも大切な商談の場ならどうでしょうか? 力を尽くして負けるならともかく、雰囲気に飲まれて失敗してしまうなんて嫌ですよね? そうならない為にも、普段からなるべく上質な物に触れておく機会を作っておく事をオススメします。

続きを読む

時代を超えて愛される。1940-60年代の家具が馴染むインテリア

インテリア(家具)

2015-01-19 23:00:001897 View

柔らかな曲線のフォルムが印象的な、1940~60年代の家具。 第二次世界大戦後、世界が新しい時代へ動き出す中、軍需産業で発展した大量生産の技術を生かし、低コストで良質なデザインの家具が多く製造されました。この時代に生まれ、今なお愛し続けられる名作家具達が映えるモダンなインテリアスタイルをご紹介します。

続きを読む

存在感のある椅子・エッグチェアのある空間

インテリア(家具)

2014-08-28 18:00:002274 View

エッグチェアは、センブンチェアやアントチェアなども手掛けたデンマークの建築デザイナー、アルネ・ヤコブセンによる作品です。1958年に、コペンハーゲンにあるホテルのロビーやラウンジ用の椅子として作られました。存在感のあるエッグチェアを用いた空間をまとめてみました。

続きを読む

独特のフォルムが魅力!パントンチェアのコーディネート実例集

インテリア(家具)

2014-08-26 18:00:002116 View

パントンチェアは、デンマーク出身の建築家デザイナー、ヴァーナー・パントンの代表的な作品です。 1967年に発表され、斬新なプラスティックの一体成型というなアイデアは高く評価されました。 今回は、個性的なフォルムのパントンチェアを生かしたコーディネートをご紹介します。

続きを読む

近未来的デザインの椅子特集

インテリア(家具)

2014-08-14 20:00:004087 View

わたしたちの生活に欠かせない椅子。単に座るという用途はもちろんのことですが、デザインも飛躍的な進化をとげてきました。 本日は、SF映画にでも登場しそうな近未来的なデザインをした椅子を取り上げます。 海外の事例ばかりなので入手は困難ですが、様々なコンセプトを参考にしてみてください。

続きを読む

アルネ・ヤコブセンのアントチェアのコーディネート実例集

インテリア(家具)

2014-08-08 23:00:003287 View

アントチェアは、セブンチェアなどでも知られるデンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンによってデザインされました。アントチェアはくびれたフォルムが特徴で、元々は3本脚でしたが安定性を考慮し、1980年からは4本脚のモデルも販売されています。 シンプルで合わせやすい、アントチェアのコーディネート実例をご紹介します。

続きを読む

世界の巨匠たちのセンターテーブルコーディネート事例集

インテリア(家具)

2014-08-08 20:00:003215 View

デザイナーズ家具は、置くだけで存在感があり、印象的な空間へ導きます。 デザイナーズ家具と呼ばれるアイテムの中から、建築や家具デザインの巨匠といえる ル・コルビュジェ、ミース・ファン・デル・ローエ、イサム・ノグチデザインのセンターテーブルをご紹介します。

続きを読む

北欧モダンの定番!ルイスポールセンの照明「PH5」

インテリア(照明)

2014-08-01 18:00:004791 View

ポール・ヘニングセンによってデザインされたペンダント照明「PH5」は、デンマークの照明メーカー「ルイスポールセン」の代表的な商品です。1958年に発売されて以降、北欧モダンの定番的アイテムとして、時代を超えて世界中で愛されています。 3枚のシェードによって、直接目に光が入らないよう、機能性も重視されたデザインです。 「PH5」を照明に使用したコーディネート実例をまとめてみました。

続きを読む

ハリー・ベルトイアの椅子コーディネート実例集

インテリア(家具)

2014-07-31 18:00:002711 View

ハリー・ベルトイアはイタリア出身ですが、1930年に家族でアメリカに移住し美術を学び、金属彫刻家として活動、家具デザイナーとしても実績を残しました。1940年代にイームズ夫妻と家具の共同研究を行なった後、スチールワイヤーを用いた「ダイヤモンドチェア」や「ベルトイア サイドチェア」といったミッドセンチュリーを代表する作品を世に送り出しました。 ともに、MoMAの永久コレクションとして収蔵されています。 ハリー・ベルトイアの椅子のコーディネート実例をご紹介します。

続きを読む

自宅から気軽に質問