回遊できる家のメリット・デメリット

おしゃれな部屋事例(その他)

2017-04-14 22:55:002686 View

回遊できる間取り、耳にしたことがある方も多いかもしれませんが実際どうなんでしょう?同時にいくつもの家事をこなさなければならない人にとって、回遊性の有無で家事のしやすさが変わってくることも....!そんな注目の回遊できる間取りについてメリットとデメリットをご紹介します。

続きを読む

もう、ただの通路とは呼ばせない!廊下の概念が変わる公開ビフォー・アフター【間取り図付き】

リノベーション事例(マンションリノベーション事例)

2017-02-17 07:30:002927 View

主に部屋と部屋とをつなぐ通路の役割のために存在してきた廊下。居室のスペースを広げるために、時には邪魔にされてしまうことも…。でも、「もっと積極的に廊下を取り込んだ間取りを考えてもいいんじゃない?」と、生活スタイルに合わせた様々な廊下の使い方を考えた住まいも増えています。 今回は、そんな廊下の概念を変える新発想で、間取りがガラリと変わった事例のビフォーアフターを公開します!

続きを読む

どこを回遊できたら便利?日常生活が楽になる”回遊できる間取り”7選

おしゃれな部屋事例(その他)

2016-12-15 19:00:002256 View

家にはリビングを中心に様々な用途の部屋や設備が存在します。特に一日に何度も使用する場所はどの部屋からでも短い動線で行けるのが理想であり、そんな時に役立つのが”回遊できる間取り”です。実際にどんな場所を回遊できると便利なのか、どんな効果があるのか、7つの事例から探ってみましょう。

続きを読む

全てにつながる快適動線!~回遊できる家~

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

2015-04-18 09:30:003702 View

家づくりをする時には、ライフスタイルに合わせて自分や家族にあった快適な動線を考えることが必要です。 動線が良くないと、家事をするのにも無駄な時間がかかってしまったり、住み辛い、使いにくい家と感じてしまいます。 快適な動線をつくる方法の一つとして「回遊できる家」があります。 回遊できる家とはどんなものなのか、回遊できるとどのように快適になるのかを、参考例から見てみましょう。

続きを読む

便利な回遊式のお家7選☆

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

2015-02-02 20:00:004607 View

回遊性とは、廊下で突き当たり、また同じコースを戻る間取りでは無く、家をぐるぐる回れる間取りの事です。 全く同じ面積の家でも、回遊性がある方がより広く感じられます。 人間の感覚として単一的に同じ様な空間が広がるより、回遊する事で視界が次々と展開する空間の方が、より広く感じるのです。 家事導線のスピードと効率性も高く、一度に複数の家事をこなす際に「スムーズな流れ」が出来るのです。

続きを読む

自分らしい家、誰とつくる?