キーワード:「SOHO・テレワーク」の読みもの一覧

キーワード:「SOHO・テレワーク」の読みもの一覧に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

住宅設計のプロの視点から。働き方に合わせた書斎やワークスペースのつくり方

2020/07/09更新|1406 View原 ふりあ

住宅設計のプロの視点から。働き方に合わせた書斎やワークスペースのつくり方

コロナ禍を経験して、働くスタイルを見直している方も多いのではないでしょうか。今後もテレワークの割合を増やしていきたいという声も聞こえ、若い世代では地方へ移住する機運が高まっているようです。自宅で仕事をするためには、どのような環境が必要なのか?住宅設計に携わる建築家の視点から解説します。

リモートワーク歴12年の私が考える「在宅勤務がはかどる家」

2020/06/29更新|2571 ViewSUVACO編集部

リモートワーク歴12年の私が考える「在宅勤務がはかどる家」

リモートワーク・テレワークを導入する企業が増加したことにより、以前よりも在宅勤務は身近なものになりました。しかし、生活の場だった家が突然職場となったことにより、これまで感じなかった不便・不満が見えてきた方も多いのではないでしょうか。 本記事では在宅ワーク歴12年、その間に住宅購入とリノベーションを行った私、編集スタッフMが、「働きやすい家」をつくるうえで重視していたこと、取り入れて良かった設備や、今行いたいリノベーションなどについてお話しします。

仕事に集中できて、息抜きも。メリハリをつけて在宅ワークできる家

2020/05/10更新|1315 ViewHaruka Yamasaki

仕事に集中できて、息抜きも。メリハリをつけて在宅ワークできる家

家の中で仕事をしていると、メリハリをつけるのに工夫がいる。 在宅ワークを上手くするコツは、家の中にきちんと「職場」となる場所つくることだとわたしは思う。 職場でもあり、家としてほっと一息つける場所。 理想のワークスペースは、ちょっとした工夫でつくることができるのだ。

在宅ワークががはかどる!居心地良く集中力が高まる快適レイアウト

2020/02/29更新|20766 ViewNaomi.Spring

在宅ワークががはかどる!居心地良く集中力が高まる快適レイアウト

働くスタイルはひとそれぞれ。在宅ワークをする方も増えてきています。しかし、「自分だけの書斎がない」 「自宅で仕事ができる環境が整っていない」とお困りの方も多いのでは?そこで、ファミリー向け住宅でも実現可能な、リビングの一角でも集中力が高まるレイアウト、リノベーション事例をご紹介します。

クリエイティブな人たちの住処「SOHO」を覗いてみた!

2019/03/13更新|1275 ViewSeiya Tabuchi

クリエイティブな人たちの住処「SOHO」を覗いてみた!

SOHOは、「Small Office Home Office」の略。小さなオフィスや家で仕事をする人、もしくはそれに合った住宅や仕事場のことを指します。働き方が多様になってきた現在では、個人で仕事をする人も増え、このSOHOという形が注目を浴びていますよね。 デザイナーやエンジニアなど、「クリエイティブ」な人が選択するイメージのSOHO住宅。そんな彼らが一体どんな空間で仕事をし生活をしているのか、気になりませんか?

在宅ワーカー必見!快適なワークスペース7選

2017/01/23更新|5703 ViewSUVACO編集部

在宅ワーカー必見!快適なワークスペース7選

最近はパソコンを使って、自宅で仕事をする「在宅ワーカー」が増えてきていますが、在宅ワーカーにとって最も重要なポイントは、プライベートと仕事の境界線を引くことです。そこで、仕事に集中するためにはワークスペースが必要になってくるのです。ここでは、いくつかの心地よいワークスペースをご紹介します。

自宅で開業!SOHOでライフスタイルに合わせて働く

2016/09/06更新|5756 View莉緒

自宅で開業!SOHOでライフスタイルに合わせて働く

日本でも徐々にフレックスタイムや時短勤務など、様々な働き方が選択できるようになってきました。 多様化する働き方の中でも今注目されているのが、「自宅勤務」や「自宅開業」です。通勤時間や交通費が節約できる、時間にある程度の融通がきくなどメリットも多く、小さなお子さんやご家族の介護をされている方にも仕事がしやすい働き方として期待されています。 今回は、「自宅勤務」や「自宅開業」をしやすく考えられた事例をご紹介します。

SOHOにおすすめ!ワークスペースは壁面活用ですっきりと

2015/09/07更新|7461 Viewklug

SOHOにおすすめ!ワークスペースは壁面活用ですっきりと

近年「SOHO」に代表される住職一体型や「ノマドワーカー」と呼ばれる職場をオフィスに限定しない働き方が増え、ワークスタイルが多様化してきています。起業や独立、フリーランスなど、一定の企業に属さない働き方も珍しくありません。通勤時間がなく、自由なスタイルで仕事ができるのも魅力です。自宅にワークスペースを作るなら、壁面活用がおすすめです。実例を参考に理想のワークスタイルを実現させましょう!

フリーランスの理想郷~あったらいいな!こんなSOHO~

2015/07/05更新|4746 Viewcotton

フリーランスの理想郷~あったらいいな!こんなSOHO~

店舗を持たない個人事業主にとって「家で集中して仕事をする」という事は、実は簡単ではありません。 さっきまで母親業をしていたこの屋根の下、目につくのは溜まった家事の山。 でもここは職場。オンオフの切り替えスイッチを入れたら家の事はスパッと忘れるように意識する。 そうして仕事モードに切り替わり、のってきたと思ったら、今度は息が詰まってくる。 でもここは自宅。本来、戦場から戻り身体を休める場所。あぁ今日も一日逃げ場がなかった。。 そんなボヤキが減りそうな、いいなと思うSOHO集めてみました。

今どきのワークスタイルを実現させる~働きながら暮らすSOHOな家~

2015/06/22更新|1893 Viewm_sa

今どきのワークスタイルを実現させる~働きながら暮らすSOHOな家~

住宅の一部が職業の場所でもある職住一体型の住宅。 SOHOやノマディックライフがワーキングスタイルを大きく変え、またその器としてのオフィスも空間スタイルを多様化させています。自宅で仕事をするということは何も新しいことではありません。しかし、一昔前までの商店街や職人街のような佇まいや、単に住宅の一部で仕事をしているということとは違い、住宅地にも関わらず、近隣社会や隣人にオープンなスタイルをもっているということが周辺環境に対して良好関係を促しているようです。個性豊かな職住一体の住まい方をいくつかご紹介します。

クリエイターのデスクがかっこいい!SOHOに学ぶ書斎プラン

2015/06/02更新|33796 View一の瀬かのん

クリエイターのデスクがかっこいい!SOHOに学ぶ書斎プラン

『書斎』と聞いてまず始めに思い浮かべるのは、昭和の小説家の作業部屋。 本や資料が所狭しと積まれて、薄暗いホコリっぽい部屋で原稿用紙に個性的な文字を並べる。 それも今は昔。 現在の書斎は、クリエイティブの宝庫。 先進の機器が並び、大きめのモニター、長時間の作業に耐えられるデスクやチェア。 仕事だけでなく、環境もクリエイティブ!と思われる設え。 そんなクリエイターが働く現場のアイデアを貴方のお家の書斎のヒントにしてみましょう。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る