キーワード:「予算」の読みもの一覧

キーワード:「予算」の読みもの一覧に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

「家を買ったら貧乏」にならないための注文住宅の正しい予算の考え方

2019/11/27更新|1938 View佐藤ゆうか

「家を買ったら貧乏」にならないための注文住宅の正しい予算の考え方

注文住宅の購入には、とてもお金がかかります。お金のことが心配でなかなか購入に踏み切れない…という人も多いのではないでしょうか。 確かにお金がかかるのは間違いありませんが、次の2つの約束を守れば、まず心配はありません。2つの約束とは、購入前に正しく予算を組むこと。正しく組んだ予算をオーバーしないことです。 この記事では、注文住宅を建てる際に適正な予算を組む大切さ、住宅ローンを利用する場合の予算の組み方、予算オーバーしない方法についてお伝えします。

リノベーション費用の目安・予算の相場、全部見せます

2019/09/02更新|24571 ViewSUVACO編集部

リノベーション費用の目安・予算の相場、全部見せます

中古マンション、あるいは一戸建てのリフォーム・リノベーションを検討する際に、どのくらいの予算が必要か、費用の目安を知りたくなるのではないでしょうか。でも実は、これはプロでも答えにくい部分です。依頼する会社、物件の条件、使用する建材のグレード、どこまで理想を叶えるかなど、様々な要素が影響しあっています。簡単に費用を算出する方程式はありませんが、ここでは「ざっくり」と目安をご紹介します。

〈予算別リノベーション〉この金額でどこまでできる?

2019/08/20更新|2017 ViewSUVACO編集部

〈予算別リノベーション〉この金額でどこまでできる?

リノベーションをしてみたいけど、いくらでどこまでできるのかが分からない……と悩んでいる人は少なくないでしょう。そこで今回は、リノベーションでできることを予算別に見ていきます。 「一戸建て編」は、戸建てのリノベーションについて、延床面積30坪の木造2階建てのケースで考えてみました。金額は600万円・1,000万円・1,500万円・2,000万円以上の4パターンです。 「マンション編」は、専有面積60平米のケースを想定しました。500万円・800万円・1,000万円以上の3パターンで考えていきましょう。

自分はいくら払える?簡単シミュレーション - 購入可能額と返済可能額の違いを理解しよう -

2019/08/16更新|2333 ViewSUVACO編集部

自分はいくら払える?簡単シミュレーション - 購入可能額と返済可能額の違いを理解しよう -

安全な資金(返済)計画を立てる上で、まず押さえておきたいのが、「購入可能額」と「返済可能額」の違いです。家を購入するうえで、どちらもきちんと把握しておきたいもの。 こちらの記事では、それぞれの考え方や目安についてご紹介します。

東京30代夫婦。マンションを予算内で買う方法

2018/10/06更新|864 Viewゼロリノベ

東京30代夫婦。マンションを予算内で買う方法

家という大きな買い物。考えなければいけないことが多くて大変ですよね。その中でも、自分たちが一体どれくらい「住まい」にお金を使えるのか?ということをまずは確かめなければ、何を基準にして探していけばいいのか迷ってしまいます。 そのためには、人生全体で自分たちがこれから何にどれぐらいのお金を使っていくのかはっきり知らなければいけません。まずは、ここが住宅購入のスタートになります。

自分らしい家、予算的にもフィットしていますか?

2018/06/25更新|3107 ViewSUVACO編集部

自分らしい家、予算的にもフィットしていますか?

注文住宅やリノベーションは、自分らしい住まいをつくる魅力的な選択肢の一つです。その魅力には費用的なメリットもあります。中古住宅を購入しリノベーションした場合、新築住宅を購入するより安く仕上げることが十分可能です。 ただ、注文住宅にしてもリノベーションにしても、デザインへのこだわりや高機能な仕様など、要望すべてを盛り込むと予想以上に費用がかかる場合があります。すべての要望を反映した見積もり金額を見て驚く人が多いのも事実。予算オーバーの場合には、要望の整理と見直しが必要になります。SUVACO(スバコ)では、その予算内に収める作業を、要望を削っていくだけの辛いものにしないための工夫があります。

年収450万円の人が住宅に使えるのは2500万円まで!?

2018/06/09更新|2735 Viewゼロリノベ

年収450万円の人が住宅に使えるのは2500万円まで!?

皆さんもきれいなマンションや一戸建ての写真や値段が並んでいる広告を電車に乗っているときなどに見たことがあるかと思います。しかもその金額は何千万円という金額で、全然ピンとこなかったりしませんか? でも、みんな買ってるんだし、このくらいの値段もよく見るし、まあこんなもんじゃないの?って思ったりしませんか?そこで、自分と家族が生きるのにかかる全てのお金から逆算して、住宅に使えるであろう金額をざっくり割り出してみました。 ※30歳男性、既婚者で平均的な給料をもらってる人をベースに計算

ファイナンシャルプランナー(FP)って、何をしてくれる人?

2018/03/08更新|1348 ViewSUVACO編集部

ファイナンシャルプランナー(FP)って、何をしてくれる人?

家を買う、リフォーム・リノベーションすると言った時に、当然出てくるのがお金の話。いくら必要なのか、我が家はいくらなら払えるのかなど、相談する相手もいなくて悩んではいないでしょうか。そんな時に役に立つのが、お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)。FPの実態や相談するメリットについて、現役FPに聞いてみました。

リノベは注文と建売の『いいとこどり』。予算内で実現した、将来のためのこだわりハウス

2018/02/17更新|3120 ViewRoomClip mag

リノベは注文と建売の『いいとこどり』。予算内で実現した、将来のためのこだわりハウス

中古住宅を購入し、住まい手のライフスタイルにあった形にガラリと変える「リノベーション」。この連載では「施主目線」に立ち、リノベーションでなければならなかった理由やパートナーを選んだ基準、そしてこだわりポイントを掘り下げます。 今回は、お子さんが生まれたことをきっかけに、中古住宅を購入しリノベーションされたSatokoさんのお住まいをご紹介します。理想の一軒家を手に入れるべく、新築の注文住宅、建売住宅の購入まで検討されたSatokoさんが選んだリノベーションという選択。そこに至るまでの葛藤、建売リノベーションの良さ、また予算内に収める工事の工夫まで教えていただきました。ナチュラルなシンプルライフを送るSatokoさんのリノベーションのカタチ、早速見ていきましょう!

中古物件購入時のリノベーションがお得〜リノベーションに住宅ローンを活用する

2017/11/23更新|2910 Viewチカラハハ

中古物件購入時のリノベーションがお得〜リノベーションに住宅ローンを活用する

リノベーションでは住宅ローンは組めないと思っていませんか。条件さえ整えば融資を受けるのは可能です。小規模なリノベーションでも、ある程度の費用がかかります。せっかくリノベーションするなら、と当初想定していた以上の計画になるケースも多いです。中古物件購入予定なら特に、同時にリノベーション計画もして、まとめて住宅ローンを組むのが最もお得です。活用可能なローンを賢く借り入れて無理のないリノベーションを計画しましょう。

定額制でおしゃれにリノベ!リノままが新しく展開する「ERABU」とはどんなサービス?

2017/11/17更新|1842 ViewSUVACOアドバイザー

定額制でおしゃれにリノベ!リノままが新しく展開する「ERABU」とはどんなサービス?

どうも、最近床材のサンプル集めにはまっているSUVACO家づくりサポートチームの工藤です。 今回はリノベーション会社の「リノまま」が新しい定額リノベサービス「ERABU」を立ち上げたというので、詳しい話を聞くべく外苑前のショールームにお邪魔しました!

坪単価とは。家づくりを総費用で判断すべき理由

2017/10/29更新|4209 ViewGOKURA

坪単価とは。家づくりを総費用で判断すべき理由

建てた後にはそれほど気にならないのに、建てる前にはとても気になるのが住宅の「坪単価」です。チラシや広告でよく目にはしますが、坪単価がどのような計算方法で算出されているかご存じでしょうか。実は坪単価には数字のマジックが隠されている場合があるのです。ここでは、住宅の坪単価の算出方法や住宅費用の内訳、坪単価ではなく総費用としての考え方などについて紹介していきます。 ※事例画像はあくまでもイメージです。

フラット35は制度改正でより利用しやすく!(2017年10月)

2017/10/19更新|1615 Viewチカラハハ

フラット35は制度改正でより利用しやすく!(2017年10月)

住宅ローン検討の際に、必ずと言っていいほど対象に挙がるのがフラット35でしょう。長期固定金利の住宅ローンで、公と民のコラボレーション商品のため、双方の良さが反映されているローンです。特に制度変更により、2017年10月以降の受け付け分からのフラット35はより利用しやすくなりそうです。概要とメリットデメリットを簡単におさえておきましょう。

住宅ローン・変動金利と固定金利のしくみとリスク

2017/10/05更新|1356 Viewチカラハハ

住宅ローン・変動金利と固定金利のしくみとリスク

人生の中で大きな決断が必要な場面はいくつかあります。そのひとつが住宅購入でしょう。そしてほとんどのケースで住宅ローンの活用が検討されます。住宅ローンはここ数年、超がつくほどの低金利が続いており、住宅を買おうかどうしようか、と迷っている人にとって以前よりもハードルが低くなった、と感じる状況です。住宅ローンそして金利について、改めて確認しておきましょう。

「住宅ローン」と「リフォームローン」はここが違う!

2017/08/23更新|1089 Viewaico

「住宅ローン」と「リフォームローン」はここが違う!

住宅の購入やリフォームをするとき、それにかかる費用について考える必要があります。諸経費や建築費、建築中の住まいにかかる費用などです。 そのため、多額の資金が必要となり、多くの方が住宅ローンやリフォームローンを利用しています。家族がもっと快適に、安心して暮らすためのローンについてまとめました。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る