キーワード:「ローン」の読みもの一覧

キーワード:「ローン」の読みもの一覧に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

中古戸建てリノベーション時の費用目安と住宅ローン

2020/02/23更新|2267 ViewSUVACO編集部

中古戸建てリノベーション時の費用目安と住宅ローン

マンションリノベと比較し、個別の物件に依存する部分が多く、事前に費用感の見極めが難しい戸建てリノベーション。なるべくわかりやすい目安を挙げてもらいました。表層的にきれいにするリフォームと、内側をスケルトンにするリノベーション、外壁まで手を入れるリノベーションの選び分けや、ローンの考え方についてもご紹介します。 “中古戸建てを買ってリノベーション”を考える時に知っておきたい知識や秘訣を、住宅業界の経験が豊富なSUVACOのアドバイザー 竹村に聞く、シリーズ第3弾です。

「家を買ったら貧乏」にならないための注文住宅の正しい予算の考え方

2019/11/27更新|1964 View佐藤ゆうか

「家を買ったら貧乏」にならないための注文住宅の正しい予算の考え方

注文住宅の購入には、とてもお金がかかります。お金のことが心配でなかなか購入に踏み切れない…という人も多いのではないでしょうか。 確かにお金がかかるのは間違いありませんが、次の2つの約束を守れば、まず心配はありません。2つの約束とは、購入前に正しく予算を組むこと。正しく組んだ予算をオーバーしないことです。 この記事では、注文住宅を建てる際に適正な予算を組む大切さ、住宅ローンを利用する場合の予算の組み方、予算オーバーしない方法についてお伝えします。

住宅ローン「フラット35」に向いている人は?

2019/11/04更新|1592 ViewWriternista

住宅ローン「フラット35」に向いている人は?

現在、低金利な「フラット35」を利用する人が増えています。 「フラット35」は民間の金融機関から発売されている住宅ローン商品と性質が異なるため、民間の金融機関で審査に通らなかった人や、自営業、フリーランス、転職して間もない人なども借り入れできる可能性があります。 今回はそんな「フラット35」について、メリットデメリットを交えてご説明したいと思います。

適合証明書とは。住宅ローンで必要となる場面や取得方法

2019/11/01更新|1289 ViewWriternista

適合証明書とは。住宅ローンで必要となる場面や取得方法

住宅ローンを組む際、「適合証明書」を用意しなくてはならない場合があります。適合証明書の正式名称は「耐震基準適合証明書」です。これは、建物の耐震性が基準を満たすことを建築士等が証明する書類で、築年数や工法によって取得の手続きが異なります。国土交通省のホームページにサンプルがありますので確認してみましょう。

団体信用生命保険(団信)とは。絶対入らなければいけないの?

2019/10/31更新|1344 ViewWriternista

団体信用生命保険(団信)とは。絶対入らなければいけないの?

一般的に、マイホームを購入の際は住宅ローンを借り入れ、さらに団体信用生命保険に加入します。団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者が返済中に亡くなったり、高度障害の状態に陥ったとき、ローンの残額を肩代わりしてもらえる住宅ローン専用の保険です。この内容についてご紹介します。

自営業の人にお勧めの住宅ローンは?

2019/09/13更新|1151 ViewWriternista

自営業の人にお勧めの住宅ローンは?

住宅ローンは、自営業とサラリーマンでは金融機関の審査内容が異なるのをご存知ですか?住宅ローンの審査では、収入の額面や購入する物件の担保価値だけではなく、収入の安定性、つまり、長期間に渡り継続的に返済できるかどうかがチェックされます。自営業は比較的収入が安定しないと考えられることから、住宅ローンの審査が厳しくなる傾向があります。では、自営業の人はいったいどこで住宅ローンを借りればよいのでしょうか。

住宅ローンの審査基準に影響を与える要因

2019/07/06更新|2421 ViewWriternista

住宅ローンの審査基準に影響を与える要因

住宅ローンの審査は、住宅購入の際にローンの返済が可能かどうか、万が一返済できなくなった場合にどのような返済手段があるか、契約者の年収、購入する住宅や土地などの情報をもとに確認を行います。審査基準は金融機関によっても異なり、消費者にとっては不透明なことも多いと思いますので、どういう仕組みなのか解説します。

中古リノベーションならではの住宅ローンの注意点

2019/05/03更新|1915 ViewWriternista

中古リノベーションならではの住宅ローンの注意点

コストを抑えつつも、希望通りの間取りがつくれ、好みのテイストに仕上げることができる中古リノベーション。年々増加する空き家問題や首都圏の中古マンション成約件数が新築マンションの供給量を上回ったことで、近年、ますますその数は増えています。 入居後に、自分流のライフタイルを実現するためには、無理のない返済計画を立てるべきです。そのためには、希望額を希望の期間で借り入れる必要がありますが、中古リノベならではの落とし穴があるのです。そこで、中古物件のリノベーションで住宅ローンを受ける際に気を付けなければならないポイントをご紹介します。

ファイナンシャルプランナー(FP)って、何をしてくれる人?

2018/03/08更新|1351 ViewSUVACO編集部

ファイナンシャルプランナー(FP)って、何をしてくれる人?

家を買う、リフォーム・リノベーションすると言った時に、当然出てくるのがお金の話。いくら必要なのか、我が家はいくらなら払えるのかなど、相談する相手もいなくて悩んではいないでしょうか。そんな時に役に立つのが、お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)。FPの実態や相談するメリットについて、現役FPに聞いてみました。

意外と知らない中古住宅・リフォームが対象の「住まい給付金」「減税制度」まとめ

2017/12/23更新|2398 ViewGOKURA

意外と知らない中古住宅・リフォームが対象の「住まい給付金」「減税制度」まとめ

減税制度や給付金といえば「新築」が対象であるという印象がありますが、中古住宅の購入やリフォームを対象とする制度も出ています。ここでは、意外と知られていないリフォーム等を対象とする給付金などについて紹介します。 ※施工事例の画像はイメージです。

中古物件購入時のリノベーションがお得〜リノベーションに住宅ローンを活用する

2017/11/23更新|2916 Viewチカラハハ

中古物件購入時のリノベーションがお得〜リノベーションに住宅ローンを活用する

リノベーションでは住宅ローンは組めないと思っていませんか。条件さえ整えば融資を受けるのは可能です。小規模なリノベーションでも、ある程度の費用がかかります。せっかくリノベーションするなら、と当初想定していた以上の計画になるケースも多いです。中古物件購入予定なら特に、同時にリノベーション計画もして、まとめて住宅ローンを組むのが最もお得です。活用可能なローンを賢く借り入れて無理のないリノベーションを計画しましょう。

フラット35は制度改正でより利用しやすく!(2017年10月)

2017/10/19更新|1619 Viewチカラハハ

フラット35は制度改正でより利用しやすく!(2017年10月)

住宅ローン検討の際に、必ずと言っていいほど対象に挙がるのがフラット35でしょう。長期固定金利の住宅ローンで、公と民のコラボレーション商品のため、双方の良さが反映されているローンです。特に制度変更により、2017年10月以降の受け付け分からのフラット35はより利用しやすくなりそうです。概要とメリットデメリットを簡単におさえておきましょう。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る