領域の明確化と開放感を両立する、スマートな間仕切り壁

インテリア(壁/床)

2018-11-05 21:00:00236 View

日常生活に合わせてゾーニングがなされていると、生活のオンオフのメリハリがつき、動線もスムーズになるなどメリットがたくさん。ゾーニングの手段は、家具のレイアウトや建材の切り替えなどさまざまありますが、今回は「間仕切り壁」を用いたゾーニングの実例にフォーカスしていきます。

続きを読む

イマドキの間取りは部屋数よりも広さとつながり重視!新しい間取りの魅力と秘訣

リノベーションHOW TO(リノベーション住宅ノウハウ) , 注文住宅HOW TO(注文住宅ノウハウ)

2017-12-06 11:55:006291 View

間取りは、部屋の並びを意味する言葉です。間取りを考えることは、住まいの使い勝手や各室の広さを決定する、大変重要な作業です。間取りの違いによって、住み心地はどのように変化するでしょうか。ここでは日本住宅の間取りの変遷を見ながら考えてみましょう。

続きを読む

「可動」でフレキシブルな空間に。変化に対応する住まいづくり

インテリア(その他)

2017-06-08 21:55:001445 View

空間を用途に合わせて変化させるなら、可動する棚や壁を設けると便利です。住まいの使い方やレイアウトの自由度が高い住まいなら、子どもの成長や老後の暮らし方など、ライフスタイルの変化に対応しやすくなります。 今回は、リビングや寝室、子ども部屋などに「可動」する家具を取り入れた機能的な住まいをご紹介します。

続きを読む

自由だからこそ悩ましい!家の入り口はどこにどう置く?【私が「キッチンスタジオのある家」に住むまで vol.6】

注文住宅(HOW TO)

2017-05-23 11:55:001495 View

こんにちは。yoshikokitchenです。いよいよ間取りプランを固めるところまで来ました。うちは賃貸併用住宅なので、自宅の入り口と賃貸住宅の入り口をそれぞれどこにどう置くかが特にポイントでした。

続きを読む

レイアウトによって印象が変わる!ダイニングテーブルとソファの関係

インテリア(家具)

2017-05-11 20:00:004563 View

最近はリビングとダイニング、キッチンが1つの空間になっている家が主流になってきていますが、いざワンルームに家具を配置するとなると案外迷うもの。 今回は、そんな悩みを少し解消できるよう、一般的な広さのリビングダイニングにおける、ダイニングテーブルとソファの配置について考えてみました。

続きを読む

要望を形にする基本設計。なかなか決まらない建物のカタチ【私が「キッチンスタジオのある家」に住むまで vol.5】

注文住宅(HOW TO)

2017-05-09 11:55:001402 View

こんにちは。yoshikokitchen(よしこキッチン)です。前回は土地の売買契約についてと、住宅ローンを組むまでのことをお伝えしました。いよいよ、基本設計に入ります。注文住宅といえば自由な設計が強みですが、いざ始まってみると「自由」を前に頭を抱える日々が続くことになりました。 今思えば、注文住宅を建てるというのは決めることが多く、自由だからこそ悩むことが多かったのかなと分かるんですが、当時はそこまで余裕はありませんでした。

続きを読む

手軽に間取りを変えちゃおう!家具を使ったゾーニング方法

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , インテリア(家具)

2017-04-13 15:30:008393 View

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、ゾーニングとはお部屋の空間をどんな用途に使うか決め、区分することを意味します。例えば広いリビングの中で、食事をとるダイニングと、ゆったり過ごすソファースペースの2つを作りたい時は、大体の境界線を頭の中に思い描いて家具を配置します。スキップフロアを使って床の高さを変えたり、間仕切りの壁を使うことでもゾーニングできますが、今回は手軽に出来る家具を使ったゾーニングの方法を見てみましょう。

続きを読む

家づくりに欠かせないゾーニングの秘訣

注文住宅(HOW TO)

2017-03-13 19:30:002473 View

間取りを決めるうえでとても重要なゾーニング。主には設計段階で設計者が行うものですが、住まう側も自身の生活スタイルなどをふまえたゾーニングができれば、提案された間取りのチェックがしやすくなるため便利です。ゾーニングのコツをつかんで間取りチェックに役立ててみてください。

続きを読む

玄関を抜けるといきなりリビング、キッチン!〜垣根をとってフリーなアクセス〜

おしゃれな部屋事例(玄関)

2017-03-12 16:30:008544 View

玄関ホールや廊下をなくし、玄関から直結したリビングやキッチンが出迎えてくれる家があります。内と外との距離が近づくことで、生活はどのようにかわるのでしょうか?垣根をなくした生活を想像しながら、事例を見ていくことにしましょう。

続きを読む

中古マンションのリノベーション、床の仕上げはキッチンや洗面台の位置に影響する?

リノベーションHOW TO(リノベーション住宅ノウハウ)

2017-02-13 07:30:001896 View

中古物件を買ってリノベーションするときに、物件のどこをどう見ればいいのかをプロの目線からお伝えするシリーズです。今回取り上げるのは床。実は床がどういう仕上げなのかによって、キッチンや洗面など水まわりの間取りに大きく影響してくるというのですが、それは一体なぜなのでしょう?

続きを読む

浴室は1階とは限らない。寝室のそばに設けると何かと便利

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

2017-01-18 21:55:002803 View

一般に浴室は1階にあるのが当たり前と考えがちですが、実際には1階にある必要は必ずしもありません。浴室は着替えを伴うしプライベートな場所でもあるので、主寝室のそばに設けると何かと便利なことが多いものです。したがってもし主寝室が2階にあるならば、それに合わせて浴室も2階に設けると良いでしょう。

続きを読む

密集した狭小敷地では、2階にリビングダイニングを設けて快適な空中生活を

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

2017-01-14 19:00:002627 View

密集した住宅地では景色や陽当たり、プライバシーを得るのが困難になりがちです。そして屋内と庭とのつながりも希薄になりがちですね。そんなとき、特に狭小敷地ではリビングダイニングを2階に設けると、問題が一気に解決することがあります。が、一方でキッチンや玄関の配置が少し難しくなります。また階段の上り下りを伴うため、将来的な不安も出てきます。でももしこうした問題をうまくクリアして「空中」で快適に暮らすことができたら、住まいはいっそうすばらしいものになることでしょう。

続きを読む

中古マンションの間取り図、あなたはどこまで読み解ける?

リノベーションHOW TO(リノベーション向き中古物件選び)

2017-01-09 11:45:002120 View

中古物件を買ってリノベーションするときに、どういう物件を選べばよいのか。リノベーションで変えられるところと変えられないところについて、どうやって知ればよいのか。図面から物件を読むコツについて、解体現場の実例とともにリノベーションの専門家が解説していきます。今回は新しい事例を、どのように読み解いていったか解説します。

続きを読む

ワンルームで役立つ「ベッドスペースとリビングのおしゃれな間仕切り方8選」

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

2017-01-06 07:30:009896 View

お部屋がワンルームの場合、頭を悩ませるのがリビングとベッドスペースに境界線がないことです。ベッドは夜眠る場所なので落ち着く空間にしたいですし、日常過ごす場所とはある程度区別したいですよね。そんな境界線を上手に作っている、おしゃれな間仕切り方法を8種類ご紹介いたします。

続きを読む

主寝室の広さを8畳にするのは、実は中途半端なのかも?

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

2016-12-29 21:55:008724 View

みなさんは主寝室をどれくらいの広さでイメージされているでしょうか。主寝室は一般に8畳間プラス押し入れくらいの広さが多いと思いますが、実はこの広さはちょっと中途半端なのです。もっと小さくして最低限の機能だけを与えるか、またはもっと広くしてプラスアルファの機能を与えるか、どちらかにした方が、性格のはっきりした使いやすい寝室になってくれることでしょう。

続きを読む

広めワンルームを暮らしやすくする”緩やかな境界線”

リノベーションHOW TO(リノベーション その他)

2016-04-28 21:30:004470 View

広めのワンルームは開放感やどこにいても家族の気配が感じられる造りが魅力です。しかし、ただ広いだけでは部屋にメリハリがなく、家具の置き方に困ったり生活しにくいという場合も。そんな時に役立つのが「緩やかな境界線」です。様々な方法で作れる緩やかな境界線で快適なワンルーム生活を送りましょう。

続きを読む

開放感を満喫出来る。ゆるやかな間仕切りの方法

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

2015-09-26 20:00:004066 View

家を機能的に使うため、目的別に壁で空間を分け部屋として独立させます。しかし個々に部屋をつくるのではなく、開放的な空間を満喫したいと思うものです。そこでお勧めしたいのが、曖昧な間仕切りの仕方でゾーニング効果を得る方法。お互い気配は感じつつ、過度な干渉をしない程よい距離感を生む…そんな曖昧な間仕切りをしてみませんか?

続きを読む

【下り壁】を上手に使って、ドアをつけずに空間を区切ろう!

インテリア(壁/床)

2015-07-22 08:00:0015202 View

大空間には憧れるけれど、そうそう広い空間も取れないのが日本の住宅事情。 限られた面積をドアで細かく分けるよりも、仕切らず広く使いたいですよね。 でも、お客様には「ここからはキッチンや収納スペースですよ(入らないでね)」とわかってほしい・・・ そんな時に役立つのが「下り壁(さがりかべ)」。 下り壁とは、天井側の一部分だけを残し、下の方が開放になっている壁のことです。 ドアをつけなくても、なんとなく「ここから別の部屋なんだな」と区切るのに役立ってくれます。 今回は、そんな下り壁の事例を集めてみました。

続きを読む

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか