キーワード:「老後」の読みもの一覧

キーワード:「老後」の読みもの一覧に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

老後も住みやすく。ライフスタイルの変化を見据えた家づくりのコツ

2019/01/28更新|2631 Viewrico.y

老後も住みやすく。ライフスタイルの変化を見据えた家づくりのコツ

定年退職や子供の独立を機に、住まいを買い替える方も増えています。購入時のライフスタイルにはぴったりだった家も、年月を重ねて家族の在り方が変化したことにより、住みづらさや不満が少なからず生じてくるからではないでしょうか。そこで今回は、そうしたライフスタイルの変化を見据えた、いつまでも住みやすい住宅を集めてみました。

ユニバーサルデザインで高齢になっても快適な住宅に【その住宅、10年経っても最適ですか?】

2017/12/13更新|5109 ViewRYO

ユニバーサルデザインで高齢になっても快適な住宅に【その住宅、10年経っても最適ですか?】

住宅には様々な年齢、体格の人が同時に生活します。その中で、家づくりを計画する人が一番軽視してしまうのは、高齢者への配慮ではないでしょうか。例えば自分が30歳であれば、60歳の人の気持ちや体力を理解するのは困難だと思います。私は、高齢者の身体能力を体験する機会があり参加した経験がありますが、想像より遥かに辛かった覚えがあります。2世帯住宅で一緒に親と住まわれる場合はもちろん、10年後には自分が事故や病気でハンディキャップを負っている可能性もあります。少なからず、数十年先は自分も高齢者です。だれでも快適に過ごせる家づくりを目指しましょう。

今からしっかり考えよう!老後を意識した家づくりのポイント

2017/09/22更新|3688 View莉緒

今からしっかり考えよう!老後を意識した家づくりのポイント

今年の内閣府の発表によると、総人口に占める65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)は26.7%とされています。これによれば、日本人の4人に1人以上が高齢者ということになりますね。 長寿が珍しくない現代。自分が高齢者になったときに、どこでどんな風に暮らしたいのか、若いうちから考えて、備えておくことも大切なのではないでしょうか。 そこで今回は、高齢になっても自宅で快適に暮らせる工夫についてご紹介します。

バリアフリーのリノベーション実例集。実家リフォームにも役立つ、老後も豊かに暮らせる住宅

2017/09/16更新|20480 ViewSUVACO編集部

バリアフリーのリノベーション実例集。実家リフォームにも役立つ、老後も豊かに暮らせる住宅

世界有数の長寿国となった日本。加齢で身体の機能が低下すると、歩いたり、座ったりといった日常の動作でも負担が大きくなり、転倒などの危険も生じます。高齢者の住宅に限らず、将来を見据えてリフォーム・リノベーションでバリアフリー化することは、長く住み続けられる住宅の基本性能ともいえます。また、バリアフリー化された住宅は高齢者だけでなく、幼児や妊婦にとっても優しい住まい。少子高齢化社会において豊かな暮らしの基盤となるバリアフリー住宅のポイントを学んでおきましょう。

晩年に住むなら『戸建』と『マンション』どちらを選びますか?

2016/04/06更新|2957 Viewklug

晩年に住むなら『戸建』と『マンション』どちらを選びますか?

子育ても一段落し、そろそろ定年を迎える頃。 このまま子供と一緒に過ごした郊外の家に住むか、都心部で快適なマンション住まいを選ぶのか。 高齢者が抱える住まいの問題を「戸建」と「マンション」に分けて考えてみましょう。 「戸建に住む」メリット・デメリット、「マンションに住む」メリット・デメリットをまとめてみました。

シニア世代が安心して暮らせるアイディア住宅

2016/01/08更新|5178 ViewMeru

シニア世代が安心して暮らせるアイディア住宅

住宅は見た目のおしゃれさも大切ですが、10年後、20年後を考えた家づくりをすることも大切です。特に子育てを終えたシニア世代が新たに家を造り替える時は、老後のことを考慮してリノベーションするケースがとても多いです。暮らしやすいアイディアを取り入れて、年をとっても安心できるような家を作りましょう。

住まいをリセット。シニア世代の充実した生活を応援するリノベーション7選

2015/10/27更新|2329 Viewkaworu

住まいをリセット。シニア世代の充実した生活を応援するリノベーション7選

会社をリタイアする頃は、子どもが独立し、それまでの子ども中心の生活から夫婦二人の生活へとライフスタイルが大きく変化する時でもあります。ライフスタイルの変化に合わせて住まいもリノベーションしたいものですね。定年後の長い人生を快適な空間で、健康的で豊かに暮せるようにリノベーションした住まいをご紹介します。

シニア世代になる前に!バリアフリーで長く住める家づくりをしていきましょう。

2015/10/15更新|2992 Viewta_sa

シニア世代になる前に!バリアフリーで長く住める家づくりをしていきましょう。

バリアフリー対策はお済みですか?最近は、新築の家のほとんどがバリアフリー対策を行っています。「シニア世代になる前に我が家も対策をしなければ!」と思ってはいても、なかなかリフォームに踏み込めないという人も多いはず。しかし、高齢になってからの対策はとっても大変。バリアフリーリフォームの助成金もある今のうちに、バリアフリー対策を進めてみてはいかがでしょうか。

豊かな老後の暮らしを目指すリフォーム・リノベーション事例集

2015/04/01更新|3083 ViewSUVACO編集部

豊かな老後の暮らしを目指すリフォーム・リノベーション事例集

子育てに仕事…。毎日目まぐるしく過ぎてきた日々も、子供が自立してそれぞれに守るべき家族ができると大分落ち着いてくるでしょう。老後は夫婦仲良く2人で暮らしていこうかな、早くにパートナーを亡くしてしまったけれど、今後の人生楽しく過ごしたいという方はたくさんいます。そこで今回は、最高の老後を送るためのリノベーション事例をまとめてみました。

将来の変化を見据えた賢い家づくり ~子供の成長から老後まで~

2015/03/17更新|6433 ViewSUVACO編集部

将来の変化を見据えた賢い家づくり ~子供の成長から老後まで~

結婚や出産などの人生の転機をきっかけに、家を建てたりリノベーションに踏み切る人は少なくありません。しかし、5年、10年とその家で暮らしていくうちに、また新たな変化が訪れる時がきます。子供が成長して家が手狭になったり、同居していた両親が年老いて階段が辛くなったり、昔は満足していた家に不便を感じるようになるかもしれません。そういった将来の変化をある程度予測し、10年後にも対応できる家づくりを目指しましょう。きっと将来、その賢い選択に助けられる時がやってきます。

老後に備える家にリフォーム・リノベーションする

2015/01/19更新|2717 ViewSUVACO編集部

老後に備える家にリフォーム・リノベーションする

せっかくリフォームやリノベーションを行うなら、今の好みやライフスタイルを優先させるのも良いですが、幾度も行えるものではないし、大金を使います。将来のことも視野に入れて、計画を進めるのが大切です。 かと言って「老後」を考えるとなると、まだ先に感じてしまったり、バリアフリーや介護向けの物が必ずしも健常者に使いやすいわけではありません。今の生活を重視しながら、取り入れられる「老後に備える」リフォームを考えていきましょう。

シニア世代にもおすすめ!ゆっくり暮らすおしゃれなリビング7選

2014/12/14更新|13641 ViewSUVACO編集部

シニア世代にもおすすめ!ゆっくり暮らすおしゃれなリビング7選

若い世代にとって、大きな家具でも楽々置ける広々としたお部屋は人気が高いです。一方、色んなスタイルのお部屋を経験したことがあるシニア世代にとって過ごしやすいお家とは、広すぎなくてお手入れが楽で、動きやすく、安全で気持ちが良いものではないでしょうか。これらの条件を満たし、さらにお洒落なシニア向けリビングをご紹介いたします。

高齢者のためだけではない!みんなの安全を考えたバリアフリーの家

2014/11/22更新|2091 ViewSUVACO編集部

高齢者のためだけではない!みんなの安全を考えたバリアフリーの家

介護が必要な方やハンディキャップを抱えた方にとっては、少しの段差でも怪我の原因になることがあります。御世話をする側にとっても十分な広さがある方が快適です。段差を取り払い、広さを確保したバリアフリーのお家は、小さなお子様やペットにとっても安全・安心です。そんな、みんなに優しいバリアフリーのお家作りのヒントをご紹介いたします。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る