「アーチ」の読みもの一覧

優しさが生まれる「曲線」のある家

2017/11/25更新|5406 ViewSUVACO編集部

優しさが生まれる「曲線」のある家

世の中には三角や四角などたくさんの形がありますが、住宅はコストの関係や家具の置きやすさなどから、四角で構成されることが多いものです。特に最近は地震にも強いとされるキューブ型の家が人気。しかし、家の中にどこか一つ丸みを帯びた曲線を取り入れると、雰囲気ががらりと変わります。 角のない美しい曲線は、見る人に優しさや穏やかさを感じさせてくれるものです。壁で大きく取り入れたり、小さなところでさりげなく取り入れたり。さまざまな曲線の取り入れ方を集めてみましたのでご紹介します。

曲線(R)を取り入れた優しい家~箇所別おすすめ事例~

2016/08/23更新|2632 Viewスミレ4539

曲線(R)を取り入れた優しい家~箇所別おすすめ事例~

曲線の持つ優しさは私たちの心をホッとさせてくれます。部屋や建具の形の多くが直線ですので、その一部を曲線にするだけで雰囲気がぐっと柔らかくなります。どの部分をどのような曲線にするのかによって家の表情は変わってきます。ここでいうR(アール)とは、半径(Radius)から由来する言葉で、半円型や曲線の曲面形状を示す語句です。効果的に曲線(R)を使った事例を参考にして、あなたの家も優しい印象の家にしてみませんか?

‘R‘のある暮らし~曲線がもたらす柔らかさ~

2015/03/11更新|3028 ViewSUVACO編集部

‘R‘のある暮らし~曲線がもたらす柔らかさ~

角をもたず、カーブを描いた仕上げを‘R‘と呼びます。一般的な住宅はほとんどが角を持っています。そこに‘R‘というスパイスが加わったら・・・そこは近未来的であったり、カントリー調であったりと新しい世界がプラスされます。 ‘R‘が作り出す世界観を上手に生活に取り入れた例をご紹介します。

家の中に優しいアーチを取り入れてみよう

2014/11/14更新|7097 ViewSUVACO編集部

家の中に優しいアーチを取り入れてみよう

家って直線が多いですよね。真っ直ぐは空間の使い方の効率が良かったり、家具の配置がしやすかったりと良いことはたくさん。 でも少しだけやさしい感じがほしいな…って、思ったりもします。そこで、四角い家の中にアーチの開口部を取り入れているお宅を探してみました。家の中に曲線を描く部分があると、インテリアとして変化が生まれるだけではなく、アーチの開口部が程よい目隠しになったりと、取り入れ方で色々と効果が生まれているようです。

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。