リノベーション費用・相場・見積り(リノベーションHOW TO)の読みもの一覧

リノベーション費用はいくらかかるのか、予算や相場などについて解説します。費用の目安や見積もり項目のポイント、住宅ローンや補助金、不動産価格・地価の基本など、お金に関する様々な情報が手に入ります。300万円台、500万円台、1000万円台といった工事費別でのリノベーション事例も紹介。

住宅ローン「フラット35」に向いている人は?

2019/11/04更新|903 ViewWriternista

住宅ローン「フラット35」に向いている人は?

現在、低金利な「フラット35」を利用する人が増えています。 「フラット35」は民間の金融機関から発売されている住宅ローン商品と性質が異なるため、民間の金融機関で審査に通らなかった人や、自営業、フリーランス、転職して間もない人なども借り入れできる可能性があります。 今回はそんな「フラット35」について、メリットデメリットを交えてご説明したいと思います。

適合証明書とは。住宅ローンで必要となる場面や取得方法

2019/11/01更新|661 ViewWriternista

適合証明書とは。住宅ローンで必要となる場面や取得方法

住宅ローンを組む際、「適合証明書」を用意しなくてはならない場合があります。適合証明書の正式名称は「耐震基準適合証明書」です。これは、建物の耐震性が基準を満たすことを建築士等が証明する書類で、築年数や工法によって取得の手続きが異なります。国土交通省のホームページにサンプルがありますので確認してみましょう。

団体信用生命保険(団信)とは。絶対入らなければいけないの?

2019/10/31更新|898 ViewWriternista

団体信用生命保険(団信)とは。絶対入らなければいけないの?

一般的に、マイホームを購入の際は住宅ローンを借り入れ、さらに団体信用生命保険に加入します。団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者が返済中に亡くなったり、高度障害の状態に陥ったとき、ローンの残額を肩代わりしてもらえる住宅ローン専用の保険です。この内容についてご紹介します。

手付金とは?これだけは知っておきたい基礎知識

2019/09/26更新|927 ViewWriternista

手付金とは?これだけは知っておきたい基礎知識

不動産購入契約を締結する際に発生する「手付金」という費用をご存知でしょうか。 手付金とは「住宅購入の売買契約時に一部先払いで支払う代金」のことで、その役割は「証約手付」「解約手付」「違約手付」の3つに分類されます。 今回は3つの手付金それぞれの性質と役目について、詳しく解説していきたいと思います。

自営業の人にお勧めの住宅ローンは?

2019/09/13更新|658 ViewWriternista

自営業の人にお勧めの住宅ローンは?

住宅ローンは、自営業とサラリーマンでは金融機関の審査内容が異なるのをご存知ですか?住宅ローンの審査では、収入の額面や購入する物件の担保価値だけではなく、収入の安定性、つまり、長期間に渡り継続的に返済できるかどうかがチェックされます。自営業は比較的収入が安定しないと考えられることから、住宅ローンの審査が厳しくなる傾向があります。では、自営業の人はいったいどこで住宅ローンを借りればよいのでしょうか。

リノベーション費用の目安・予算の相場

2019/09/02更新|20201 ViewSUVACO編集部

リノベーション費用の目安・予算の相場

中古マンション、あるいは一戸建てのリフォーム・リノベーションを検討する際に、どのくらいの予算が必要か、費用の目安を知りたくなるのではないでしょうか。でも実は、これはプロでも答えにくい部分です。依頼する会社、物件の条件、使用する建材のグレード、どこまで理想を叶えるかなど、様々な要素が影響しあっています。簡単に費用を算出する方程式はありませんが、ここでは「ざっくり」と目安をご紹介します。

〈予算別リノベーション〉この金額でどこまでできる?

2019/08/20更新|971 ViewSUVACO編集部

〈予算別リノベーション〉この金額でどこまでできる?

リノベーションをしてみたいけど、いくらでどこまでできるのかが分からない……と悩んでいる人は少なくないでしょう。そこで今回は、リノベーションでできることを予算別に見ていきます。 「一戸建て編」は、戸建てのリノベーションについて、延床面積30坪の木造2階建てのケースで考えてみました。金額は600万円・1,000万円・1,500万円・2,000万円以上の4パターンです。 「マンション編」は、専有面積60平米のケースを想定しました。500万円・800万円・1,000万円以上の3パターンで考えていきましょう。

不動産の価格はどうやって決まる?地価の相場を把握する方法

2019/08/16更新|1596 ViewLeche

不動産の価格はどうやって決まる?地価の相場を把握する方法

家を建てるための土地を探す、リノベーションをするための中古マンションを探すといった場面で、当然気になるのが不動産の価格です。これらの価格がどのような要素や条件によって決まったり、変化したりするのかを、現役の不動産鑑定士が初めての人にもわかりやすく解説していきます。

住宅ローンの審査基準に影響を与える要因

2019/07/06更新|869 ViewWriternista

住宅ローンの審査基準に影響を与える要因

住宅ローンの審査は、住宅購入の際にローンの返済が可能かどうか、万が一返済できなくなった場合にどのような返済手段があるか、契約者の年収、購入する住宅や土地などの情報をもとに確認を行います。審査基準は金融機関によっても異なり、消費者にとっては不透明なことも多いと思いますので、どういう仕組みなのか解説します。

中古リノベーションならではの住宅ローンの注意点

2019/05/03更新|1374 ViewWriternista

中古リノベーションならではの住宅ローンの注意点

コストを抑えつつも、希望通りの間取りがつくれ、好みのテイストに仕上げることができる中古リノベーション。年々増加する空き家問題や首都圏の中古マンション成約件数が新築マンションの供給量を上回ったことで、近年、ますますその数は増えています。 入居後に、自分流のライフタイルを実現するためには、無理のない返済計画を立てるべきです。そのためには、希望額を希望の期間で借り入れる必要がありますが、中古リノベならではの落とし穴があるのです。そこで、中古物件のリノベーションで住宅ローンを受ける際に気を付けなければならないポイントをご紹介します。

変動金利で住宅ローンを組んで10年。借り換えるなら10年固定がおすすめ!?

2018/11/19更新|474 ViewSodan[ソダン]

変動金利で住宅ローンを組んで10年。借り換えるなら10年固定がおすすめ!?

変動金利で住宅ローンを組んで10年。そろそろ住宅ローン減税の適用が終わるこのタイミングで、金利の低い固定金利への借り換えを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、住宅ローンの変動金利から固定金利への借り換えについて解説いたします。

東京30代夫婦。マンションを予算内で買う方法

2018/10/06更新|759 Viewゼロリノベ

東京30代夫婦。マンションを予算内で買う方法

家という大きな買い物。考えなければいけないことが多くて大変ですよね。その中でも、自分たちが一体どれくらい「住まい」にお金を使えるのか?ということをまずは確かめなければ、何を基準にして探していけばいいのか迷ってしまいます。 そのためには、人生全体で自分たちがこれから何にどれぐらいのお金を使っていくのかはっきり知らなければいけません。まずは、ここが住宅購入のスタートになります。

現実的な金額で、憧れの自由が丘に住まいを持つ方法

2018/08/25更新|753 Viewゼロリノベ

現実的な金額で、憧れの自由が丘に住まいを持つ方法

気に入った街に住みたい!せっかく住宅を購入するのなら、あこがれの街、素敵な街に住みたいですよね。その街で暮らしている、それだけでうれしい気分になれるというのは、とても幸せなことだと思います。 しかし、人気の街は住宅価格も高い…。そこで今回は、現実的な予算で、人気のある自由が丘地域に住宅を持つ方法を、お伝えしていきたいと思います。

三世代住宅にしたら補助金はどれくらいもらえるの?

2018/08/13更新|861 ViewSodan[ソダン]

三世代住宅にしたら補助金はどれくらいもらえるの?

住宅購入のタイミングは人それぞれですが、お子さまが生まれてから小学校に入学する前までに検討される方も少なくないですよね。その際に、「親との同居」を選択肢の一つにされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな今回は、三世代住宅の補助金に関するコラムです。

40代向け!住宅ローンを定年後まで組む際の注意点

2018/06/18更新|952 ViewSodan[ソダン]

40代向け!住宅ローンを定年後まで組む際の注意点

晩婚化が進みつつある昨今、それに伴い住宅購入のタイミングも遅くなりつつあることをご存知でしょうか?そのため、住宅購入時の年齢やローン返済期間によっては、定年後もローンを支払い続けることになります。そこで今回は、定年後まで住宅ローンを組む際の注意点をお伝えいたします。

年収450万円の人が住宅に使えるのは2500万円まで!?

2018/06/09更新|2328 Viewゼロリノベ

年収450万円の人が住宅に使えるのは2500万円まで!?

皆さんもきれいなマンションや一戸建ての写真や値段が並んでいる広告を電車に乗っているときなどに見たことがあるかと思います。しかもその金額は何千万円という金額で、全然ピンとこなかったりしませんか? でも、みんな買ってるんだし、このくらいの値段もよく見るし、まあこんなもんじゃないの?って思ったりしませんか?そこで、自分と家族が生きるのにかかる全てのお金から逆算して、住宅に使えるであろう金額をざっくり割り出してみました。 ※30歳男性、既婚者で平均的な給料をもらってる人をベースに計算

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか