2018年08月09日更新

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

若い世代に人気のリノベーション。カスタマイズできる住まいづくり

家を建てる、中古住宅を購入するなど、住まいに関するライフイベントを迎える方が多い30代。家づくりにおいて、若い世代に人気のキーワードは「カスタマイズできる住まい」。今回は、若い世代が好むリノベーションの傾向やポイントをご紹介します。


若い世代が好むリノベーションとは?

若い世代に人気のリノベーションとは、どのようなものでしょうか。
ライフスタイルの変化とともに、住まいに求める形も変わる世代であり、その時々で「自分たちらしい」を実現できるリノベーションが注目されています。

自分たちでできるところはDIYしたり、こだわりの部材を自らセレクトしたり、積極的に住まいづくりを楽しむ方が増えているのです。

それではこれから、若い世代が好むリノベーションアイデアを見ていきましょう。

> この住宅のすべての情報を見る

1. 引き算リノベーション

リノベーションをする時には、より便利になるよう機能を足し算していくもの。しかし、若い世代のリノベーションでは、これは必要なし!と空間に不要な箇所を引き算していく傾向があります。

不要なところを削ぎ落とすことで、ライフスタイルの変化にも対応しやすく、結果的として本当に使いやすいシンプルな住まいになります。

> この住宅のすべての情報を見る

2. 自分たちで選んだ建具などを取り入れる

思い入れのある建具など、自らが選んだ素材を取り入れるリノベーションも、若い世代に人気です。クロスなども、イメージにより近づけるため自ら着色を施すほどこだわる方も。

手間と時間を惜しまず丁寧に作り上げていく過程も、リノベーションの醍醐味です。

> この住宅のすべての情報を見る

3. DIYできるところは自分たちで

ペイントやモルタルを塗るなど、DIYできるところは自分たちでやりたいという方も増えています。

床を張り替える、キッチンを造作するなどプロにしかできない部分はお願いし、自分たちでできることは積極的に参加することで、コストも抑えられるだけでなく、愛着のわく住まいがつくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

4. 土間玄関を取り入れる

玄関にこだわる方も増えてきています。特に土間玄関は、注目のリノベーション。

屋外と屋内を緩やかに繋ぐ使い勝手のよいスペースとして、趣味の道具を収納したり、子供の遊び場やコミュニティの場として使用したりなど、多様な使い道があります。

> この住宅のすべての情報を見る

5. 自然素材をふんだんに取り入れる

若い世代のリノベーションでは、木・土・石など自然素材にこだわった住まいも多くあります。

人気のカリフォルニアスタイル、ブルックリンスタイルなどは、自然素材の温かみがポイント。ペイントの塗り残しや素材の持つよさをそのまま活かして、おしゃれなインテリアを楽しんでいます。

> この住宅のすべての情報を見る

6. 手を加えられる余白を残したリノベーション

自分たちらしい個性をプラスしていける、余白を残したリノベーションも人気。

その時の気分やライフスタイルによって、住まいを変化させていけるフレキシブルさがキーポイントになっています。子供の成長など、生活環境が変わりやすい若い世代ならではの考え方ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

かつては、専門業者に任せるスタイルだった住まいづくりですが、自ら積極的に参加しようという若い世代が増えています。できる部分は自分たちで作ってしまおうという発想も斬新ですね。これからリノベーションしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

naomiさん

福岡を拠点に活動しているフリーランスのライターnaomi(naomi.spring)です。
インテリア、住まいの記事などを執筆しています。
自宅リフォームを経験して、住まいづくりの楽しさを実感。
モノに埋もれるのではなく、モノを生かしたシンプルな住まい
そして、居心地の良い住まいづくりを目指しています。

・リフォームスタイリスト3級
ホームページ:http://naomi-spring.com/



知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか