2015年11月13日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

こんな書斎が欲しかった!憧れの書斎特集

「リビングやダイニングで仕事をしていると、すぐに周りが散らかってしまう」という人も多いかもしれません。家でも仕事をするスペースをきちんと設ければ、ダイニングやリビングが散らかることもななるのではないでしょうか?おしゃれな書斎があれば、仕事もはかどるかもしれませんよ!今回は素敵な書斎をお持ちのお家についてご紹介していきます!


一人静かに落ち着ける。癒し空間の書斎

各部屋にコンクリートあらわしを効果的に見せているマンションリノベーションです。
ハードなコンクリートの印象と、建具やカーペットの優しい色味がとても素敵です。

マンションリノベーション・リフォーム事例

河原町の家

63㎡

スモールオフィスのある小住宅です。1階には作業スペースと主寝室とサニタリーがあり、土間続きの空間で、打ち合わせの来客もスムーズに仕事場へ通すことができます。

南に広がる大きな庭との一体感を大切にしながら、家族とともに成長し変化していける住まいです。気持ちの良い書斎で仕事もはかどります。

リビングダイニングに隣接している書斎ですが、大きな開口で、バルコニーからの風と光が抜けていきます。集中したい時、ブラインドを占めれば落ち着いて仕事ができます。

マンションリノベーション・リフォーム事例

『NYブルックリン』

860万円、67㎡

新しい二世帯住宅のアプローチです。
1階の玄関や内部空間を通ることなく外部階段で自由にアクセスできる2階の外空間には書斎、隣の子供世帯の遊び小屋や2つの家族の共有テラスなどを配置しています。

書斎は仕事をするスペースだけではなく、読書や趣味を楽しむ部屋としても使用できますよね。
こちらのお家の書斎はアンティークな雰囲気が漂うデザイン。ここなら静かに仕事や趣味ができそうですね♪

太陽の光をめいっぱい浴びることのできるこちらの書斎。仕事がはかどりそうです♪

こちらの書斎は小窓からの日差しが心地よく入っていきます。どことなく隠れ家のような雰囲気で集中して作業ができそうですね。

限られたスペースに書斎を作るのもおすすめ!

「書斎」という部屋がなくても、限られたスペースに書斎を作ることもできます。
小さな場所でも自分のスペースがあるとほっとしますよね。

こちらのお家はリビングの一角に書斎を作っています。パソコンができるスペースがあれば、仕事は問題なくできます。壁一面の造作カウンターテーブルなので、お子さんと一緒にお勉強もできますね。

戸建リノベーション・リフォーム事例

日本家屋のリノベーション

こちらも同じくリビングの一角に作られている書斎。書斎部分の壁紙が周りの雰囲気と異なり、同じ部屋なのに別の部屋にいるかのような視覚的ゾーニング効果となっています。部屋全体のアクセントにもなっています。

マンションリノベーション・リフォーム事例

団地リノベーション 01  人が繋がる部屋

700万円、55㎡

2階の階段を上がった踊り場に作られた書斎スペース。棚を取り付けるだけであっという間にデスクに早変わり。スペースの有効活用ですね。

廊下の奥に作られた書斎スペース。狭い空間が集中力を高めてくれそうです。

マンションリノベーション・リフォーム事例

エッグチェアが映えるくつろぎの空間

3600万円、60㎡

リビングダイニングにある書斎コーナーです。
東西のバルコニーからの光や風をふんだんに取り入れるため、ロールスクリーンやスキップフロア等で空間を間仕切れるワンルームとしました。ロールスクリーンの向こうはキッチンです。

マンションリノベーション・リフォーム事例

都島のマンションリフォーム

700万円、65㎡

個室のようになっていますが、リビング隣の書斎です。リビングと合わせるように、アーチ型の開口や木の天板、窓枠などで無機質な空間にならないように配慮しています。

「手作りのものと工業的なもの」が共存する空間、というコンセプトの住まいです。リビングに隣の和室だった部分の壁一面に大きな本棚を造作し、たくさんの本を収納できる書斎のライブラリスペースを設けました。

マンションリノベーション・リフォーム事例

コンクリートに手仕事の彩りを添えて!


この記事を書いた人

ta_saさん

築30年の中古マンションを購入し、自分たちの思い通りのリノベーションをして暮らしています。今はいろんなインテリアを勉強して、自分の家に活かしているところです。ずっとオシャレな家であり続けるためにも、家を大切にしていきたいなと思っています。

最近お気に入りされた写真

  • LDK-3
  • 玄関ホール
  • 中庭
  • テラス
  • 店舗

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?