2018/12/29更新0like711viewyuzu58

寒いからこそ暖かさを感じる家に。冬に取り入れたいインテリア集

どんどん寒くなるにつれ日も短くなり、家にいる時間が長くなっていく方も多いのではないでしょうか。そんな時こそ模様替えをして、暖かいインテリアで冬を乗り切ってみませんか?今回は、寒い冬に取り入れたいインテリアをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

電球色の光を取り入れて

リビングの照明が、青白い昼白色の光のままの方も多いのではないでしょうか?勉強や仕事をするにはいいのですが、どこか肌寒い印象を持ってしまいますよね。

そんなお宅は、ぜひ「電球色」の電球に交換をしてみてください。
電球色の光は、家族団らんにふさわしい温かい光で空間を演出してくれるので、照明の色を変えるだけで部屋の雰囲気がガラッと変わります。
照明そのものを交換することも効果的。

ペンダントライトやスポットライトを取り入れて、おしゃれ空間に変化させてみては?最近では、見た目もかわいく安価な照明がたくさん売られているので、チャレンジしやすいですよ。
暗くなるのが早い冬では、必要不可欠な照明をお気に入りのものに変えるだけで、家での時間が少し楽しくなるかもしれません。
スタンドライトやテーブルランプなどの、間接照明を取り入れるのもおすすめです。
明るさを足すというだけでなく、間接照明でできる影によって、ロマンチックな空間を演出してくれます。

ムートンラグで暖かく

最近では、IKEAなどでも安く購入することが可能になったムートンラグ。
これを敷くだけで、一気に部屋が冬仕様に!床に敷くもよし、椅子やソファに掛けるのもよし。インテリアとしても優秀かつ暖かいので、ぜひ取り入れてみてください。

キリムラグで部屋を華やかに

部屋がパッと華やかになるアイテムは、キリムラグ。
キリムとは、遊牧民たちが織るウールの平織りのことをいい、その鮮やかな柄が印象的です。

キリムラグを用いることで暮らしに彩りが増え、明るい雰囲気に変えることができます。寒い冬こそインテリアに彩りを添えて、見た目で暖かい印象を与えましょう。
その柄は多種多様。これ!という一枚をぜひ見つけてください。季節ごとに柄を変えてみても面白いですね。

大切なのは素材感!

クッションカバーで、冬らしい素材感を出してみてはいかがでしょうか。冬は毛糸やファーでできたものなど、素材感のあるものを取り入れることで、視覚的にも暖かな印象を覚えます。

こちらのお宅では、素材感のあるクッション、ベッドカバー、ラグを用いて、立体感のあるおしゃれな空間をつくっています。
こちらはカラフルなベロア素材のクッションカバーで、ナチュラルな空間のアクセントになっています。ベロアも冬らしい生地でおすすめですよ。

季節感のある植物を

観葉植物やサボテンなど、植物をインテリアに取り入れている方も多いと思いますが、季節ごとにその季節の植物を使ったインテリアで楽しんでみては?

冬は、コットンフラワーやサンキライがおすすめ。

こちらのように、コットンフラワーを飾ると冬らしさが出て素敵ですね。冬ならではの植物を飾って、季節感を感じるインテリアを楽しんでみてください。
家にこもりがちになる寒い冬こそ、快適な家での過ごし方があると思います。その時間にほんの少し彩りを加えて、寒さを忘れるような暖かい時間を過ごしてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る