2014年11月02日更新

インテリア(ファブリック)

寒い季節も安心。色や素材で楽む”冬のファブリック”

肌寒い季節になってくると、長袖の上着をクローゼットの中から引っ張り出したり、ルームウェアを保温性のあるものに切り替えたりするものです。同じように、インテリアファブリックも衣替えしてみませんか?寝具に毛布を増やしたり、リビングに暖かなラグを敷いたりする他、身の回りのファブリックを冬っぽいものにするだけで、より一層季節を感じることができます。気分が沈みがちな寒い季節だからこそ、明るい色や手触りの良いものを選んで冬のひと時を楽しみましょう。


ベッドカバーをニット製品に替えるだけで、冬らしい寝室の出来上がり。思わず二度寝したくなる暖かさです。

fromswithlove.com

出典:fromswithlove.com

くつろぐことの多いソファー周りのファブリックは、フリースやフェルト素材など保温性の高いものに替えるのがおすすめ。肌触りもよく、よりリラックスできるかもしれません。

pinterest.com

出典:pinterest.com

チェックや北欧インテリアによくみられるトナカイの絵柄は、冬らしいファブリックの一つです。

passiondecor-de-marieclaude.tumblr.com

出典:passiondecor-de-marieclaude.tumblr.com

火や太陽を連想させる赤い色は、見ているだけで暖かな気持ちにさせてくれます。目で楽しむ冬の装いも素敵なものです。

irinatyt.blogspot.jp

出典:irinatyt.blogspot.jp

普段利用するワークスペースの椅子にも、毛皮のカバーをかけてみましょう。
長時間机に向かう作業では目や肩の疲れが溜まりますが、なるべく身体を冷やさないようにすることで症状を緩和することができます。

theultralinx.com

出典:theultralinx.com

最近人気のハンモックも、毛皮のクッションやブランケットを置くだけで一気に冬仕様になります。

lcliving.ca

出典:lcliving.ca

夏は涼しくて過ごしやすいフローリングも冬はつま先から冷えていく原因になりかねません。
そんな時は毛足の長い暖かなラグを敷くと、お部屋の雰囲気も変えることができて一石二鳥です。

SOU (リノベーション)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム+バス2
  • ベッドルーム+バス3
  • 赤坂の家Ⅱ 寝室
  • 小金井の家 寝室
  • エントランス

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問