2017/10/01更新1like4849viewmammy2

みんなどうしてる?おしゃれで使いやすい工夫満載のクローゼット

洋服や小物が整理されているとファッションのコーディネートもしやすくなって、おしゃれの腕もあがるのではないでしょうか?ショップのようにインテリアコーディネートされたクローゼットや整理整頓しやすい工夫が光るクローゼットを紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ウォークインクローゼットは工夫次第でもっと使いやすくなる

どうしたら使い勝手が良くなるのか、クローゼットの整理整頓は悩みの種という方も多いのではないでしょうか。また、おしゃれが好きな人なら、お気に入りの洋服をクローゼットでより魅力的にディスプレイしたいですよね。
最近のウォークインクローゼットは、使いやすさを追求した機能性が高いものだけではなく、デザインにもこだわったものが多くなり多様化しています。

アパレルショップのようなクローゼット

用途別に設えられた木目の美しい洋服の収納が、さながらアパレルショップのようなクローゼットです。シャンデリアやスツールもよりラグジュアリーを演出しています。
ハンガーと棚に分けて衣類を収納しているので、洋服が多い人には探しやすいクローゼットです。洋服選びから鏡台でのメイクやヘアセットまで、外出までの準備はクローゼットで完成。赤みの少ない照明は、色の再現性に優れているので洋服の色が確認しやすくなるのもポイントです。
ショップのように美しくディスプレイされたシューズクローゼットの裏には、ウォークインクローゼットが設えられて、頭の先から足先までのコーディネートを完成できる効率的な動線ができています。

仕切りは作る?作らない?それぞれの特徴とは

ブルーで統一された美しいウォークインクローゼット。コーナーに棚がある以外はポールを渡しただけのシンプルな造りになっています。ハンガーを用いた収納が好みの場合は、仕切りのないタイプが良いかもしれませんね。吊り下げ式の収納を活用することで、通気性も確保できます。
ハンガータイプと棚型の収納で仕切られたウォークスルークローゼット。収納棚は棚板を細かく設けて、種類別に収納できるようになっています。箱やかごを用いた収納が好みの方や、折り畳んで仕舞う衣類が多い方には使いやすいのではないでしょうか。
こちらも棚型とハンガータイプで、使いやすく仕切られたクローゼット。ウォークスルークローゼットにすることで、通気性が良く除湿しやすくなっています。複数の部屋からクローゼットへアクセスしたい場合や、家族でクローゼットを共有する場合にはこのようなタイプがおすすめです。

宝箱!?クローゼットが空間のアクセントを!

クローゼットの周囲の壁を一面木材で覆い、アクセントウォールに見立てて。クローゼットの壁を天井まで繋げないことで開放感がうまれ、通気性も良くなります。
こちらはクローゼットごと可動できるようになっています。間取りや模様替えの時に、動かせる収納は便利ですね。
コンテナをイメージしたウォークインクローゼットが存在感大!大きな宝箱のようなクローゼットです。ウォークインクローゼット=部屋という既成概念にとらわれず、デザインを遊ぶと楽しいインテリアのアクセントになりますね。
「タンスに仕舞う」昔ながらの衣類収納は、今ではより使いやすくおしゃれなクローゼットへ進化しました。可動式にすることで壁の役割を持たせたり、大きな箱に見立ててインテリアの一部としたり、いろいろな工夫がありましたね。おしゃれを楽しむために、まずは使いやすくてワクワクするようなクローゼットを作り上げていきましょう!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る