2018/10/24更新0like1156viewCasaincasa

白を基調としたリノベーション事例25選

誰からも好まれる、白を基調としたインテリア。白の壁がレフ板となって、窓から入る光を拡散し、明るくさわやかな空間となります。最近では落ち着いた色合いのインテリアも人気ですが、白をベースにした空間は飽きにくく、さまざまな工夫でメリハリのある空間にすることができます。ここでは、その好例を紹介していきますね。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

白を基調としたシンプルデザイン

サンルームから入る光が印象的な空間です。

白を基調としたシンプルな空間だからこそ、置くものにはこだわりたいですね。観葉植物や花瓶にディスプレイした枝が、白い壁をバックにオブジェのように映えています。

スタイリッシュでモダンなリビング

輪郭を浮かび上がらせるような間接照明、床の白い大判タイルなど、いずれもハイエンドでスタイリッシュなデザイン。
白を基調にしたシンプルモダンな空間の完成です。

框扉でメリハリをつける

白で統一する際には、デザインや素材感でメリハリをつけるといいでしょう。

こちらの事例は、家具も白ですが、かまち扉のデザインでメリハリをつけています。
球状の幾何学的なペンダントライトは、明かりをつけなくても美しいデザインで、空間のアクセントとなっています。

石のタイルを貼った白いバスルーム

石のタイルを馬目地張りすることで空間にリズムが生まれ、白で統一したバスルームが個性的な空間になりました。色はそろえつつ、張り方にこだわるのも一つの手ですね。

白を基調としたクラシカルインテリア

クラシカルな印象を抱くのは、天井に白のモールディングを張っているから。

ヨーロッパでは定番のモールディング。こちらの事例ではさりげないデザインを選んでいるので、クラシックテイストがほどよく加わりました。
ウォールナット材やグレーの造作家具など、どれも上品な印象でインテリアに合っていますね。

光にツヤめく白いタイル

シンプルなデザインの中で、ツヤめく白いタイルがひときわ目を引きます。白を基調としながら、素材使いでメリハリをつけた好例です。

家具も白をベースにデザイン

窓からの景観を引き立てるため、インテリアはあくまでシンプルに。

シンプルだからこそ素材にはこだわり、フローリングは白染色を施したアッシュ材、壁は左官仕上げで空間が無表情にならないようにしています。
収納や家具も合わせたデザインなので、より統一感が出ますね。

フレンチシャビーな白いインテリア

白を基調としながらも素材感のあるフレンチシャビーなインテリア。

ヨーロッパ好きのオーナーの希望から、「フレンチプロヴァンス」をテーマにしたリノベーション事例。室内窓やアーチ、ダークカラーのソファがアクセントとなり、心地よい空間となっています。

女性らしいデザインのフレンチカントリーキッチン

フレンチカントリーのキッチンは、女性に人気のスタイルです。
白は清潔感もあり、キッチンにぴったり。壁に張った白いサブウェイタイルもマッチしていますね。

白とベージュのナチュラルインテリア

バーチ無垢材の床や家具を除き、ほぼ白で統一したナチュラルなインテリアです。室内窓の枠も白で統一して、空間に溶け込ませています。

白とグレーが織り成す都会的な空間

壁や天井は白でまとめ、柱や床は明るめのグレーのモルタルをセレクト。中央に置いた白いタイル張りのキッチンも、空間にぴったりです。

白を基調とした清潔感あふれるキッチン

壁から床、扉の面材まで白を基調としたキッチン。
ピンクやイエローのイスを合わせて、遊び心を添えています。

奥行きを演出する木の梁

白の空間で目を引くのが木の梁。
伸びやかな梁が空間のアクセントとなるだけでなく、奥行きも演出しています。

フェミニンな白のインテリア

白をベースにすると清潔感が生まれ、女性らしいコーディネートも映えます。

こちらの事例では、白の空間に明るい木の色を組み合わせ、ペールトーンの壁紙で可愛らしさを演出しています。

ヴィンテージテイストにもマッチ

白はどんなテイストのインテリアでも相性抜群。
シンプルな白壁が、ヴィンテージ調のフローリングの個性的な表情を引き立てています。

白い空間を個性的にする黒いカウンター

ひときわ目を引く黒のカウンター。あえてコントラストの強い色をもってくることで、個性的な空間に変身します。
アーチ状の2つの入り口もアクセントになっています。

クラシカルな白のベッドルーム

ベッドルームを清潔感のある白でまとめれば、1日の終わりを安らかにしてくれる空間になるでしょう。

こちらの事例のように、灯りを煌々と照らさず、天井の間接照明で雰囲気を演出すると、よりリラックスした空間になります。モールディングのパネルやベッドヘッドがクラシカルな印象。

個室や書斎も白でまとめてシンプルに

書斎など物が多い場所も白いシンプルなインテリアでまとめておくと、ごちゃごちゃとした印象になりません。
ほんの少し個性を入れるなら、ペンダントライトや家具を合わせてみましょう。

白と木の組み合せがナチュラルなインテリア

白を基調とした空間に、やさしい色の木を組み合わせナチュラルなインテリアです。
冷蔵庫も目立たない白を選び、空間に溶け込ませています。

カフェのようなキッチン

緑がかった淡いグレーが白い空間にマッチしたキッチンです。

キッチン前面に張った白いウッドパネルはヴィンテージ加工を施したもの。カジュアルな素材感がこの空間にぴったりですね。

白い空間を引き締める黒い室内窓

黒いフレームの室内窓が、白いシンプルな空間を個性的なものにしています。

狭い空間のため、白いソファで存在感を抑え、室内窓によって空間に広がりが生まれています。

白い造作棚を楽しくディスプレイ

白い空間なら、ディスプレイを思う存分楽しめますね。

こちらの事例では、壁面に白の棚を造作。下部はかまちの扉、上部はオープン棚で、さまざまなアイテムを飾りながら収納しています。

素材感が映える白の空間

シャビーな表情のダイニングテーブルやフローリングが、白を基調の空間に映えています。

インテリアを白とブラウンに絞っているので、統一感のある印象です。点在させたペンダントライトが、心地よい灯りを演出しています。

質感にこだわった白のインテリア

アンティーク家具を主役にするため、空間は白ベースに。
ただし質感にはこだわり、壁は漆喰塗りで、床のフローリングは無垢のクリアオイル仕上げ。梁は白で塗装して、存在感を極力抑えています。

キッチンと一体になった造作ベンチ

床も天井も壁もとにかく真っ白な空間です。

特徴的なのは、キッチンと一体になったベンチ。個性的なデザインで空間の主役となっています。窓枠のイエローも効いていますね。
定番の白を基調としたリノベーションといっても、十人十色。白い空間は、住み手にとって白いキャンバス。自分らしくしつらえを楽しみながら、唯一無二の空間をつくり上げてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る