2015年07月02日更新

インテリア(その他)

もう少し詳しく見てみたい!西海岸スタイルのインテリア・コーディネート事例

カルフォルニア発のセレクトショップショップ「ロンハーマン」が大人気ということもあり、日本国内でも西海岸スタイルのインテリアが注目されています。先回も同テーマで特集記事を書かせてもらいましたが、今回は海外の写真を一部まじえながら、もう少し西海岸スタイルのインテリア例を解説したいと思います。


西海岸スタイルとくればやはり「ロンハーマン」

どのショップが西海岸スタイルを象徴しているかと言うと、それは「ロンハーマン」でしょう。本国アメリカでは歴史的にも西海岸地域は東から入ってきた新しいムーブメントを一般化・大衆化させる場所。ライフスタイルをより自由に開放したのが西海岸スタイルと呼ぶならば、ファッションやカルチャーを具現化したものが「ロンハーマン」のアイテムと言っても良いのではないでしょうか。

少なくとも日本で、西海岸スタイルのお手本と言えば「ロンハーマン」をあげる方が多いと思います。とくにビギナーの方なら、ここをお手本にして自分なりの西海岸スタイルを見つけていけば良いでしょう。

pinterest.com

出典:pinterest.com

西海岸スタイルはセレブだけのものだけではない

ただ、海外ではもっと自由に西海岸スタイルを生活の一部に昇華させています。例えばこちらの写真、テーブルやカーペットなどシャビー感がしますが、サーフィンが好きというライフスタイルはこちらにも十分伝わってきます。こうした部屋のコーディネートも"西海岸スタイル"と呼べるのではないでしょうか。

interiorcollective.com

出典:interiorcollective.com

テーマカラーは「白とブルー」

西海岸スタイルのテーマカラーはやはり白が主流ですが、差し色で鮮やかなブルーを効かせるとより西海岸ぽく見えます。

lifestyle.allwomenstalk.com

出典:lifestyle.allwomenstalk.com

少しシャビーな感じのする塗装

こちらも白とブルーをより強調したカラーコーディネートに目が行きます。とくに天井や壁の塗装はシャビーな感じを上手く表現しています。また、ブルーという色はデニム地でも表現できます。ここにはありませんが、ソファカバーがデニム素材のものも西海岸アイテムとしては大変人気があります。

ronherman.jp

出典:ronherman.jp

カップボードの背面部分に注目

ガラリと変わって落ち着いた大人の雰囲気がします。いろんな箇所に惹かれる事例ですが、カップボードの背面部デザインが洒落ています。もともと描かれているものなのかもしれませんが、本当なら隠す部分をあえて見せているところが良いですね。こうした自由な感じも海外独特のラフさなものかもしれません。

gallery.australianinteriordesignawards.com

出典:gallery.australianinteriordesignawards.com

少しくたびれた感じのするレストラン

どこかのカフェ、あるいはレストランの風景を切り取った一枚。壁のくたびれた塗装、窓、カーテンの雰囲気が西海岸ぽいイメージを作り出しています。

remodelista.com

出典:remodelista.com

やはり最後は国内の事例で

最後に国内の事例です。インダストリアルな感じもする西海岸スタイルの現場。築16年の中古マンションをリノベーションしました。やはりこのスタイルは日本らしい西海岸テイストではないでしょうか。スイッチプレートなどもこだわって選んでいるようです。カーテンが取り付けられていないので、オーナーご自身の生活はまだスタートしていないころのものでしょうが、仕上がりにきっと満足されていることでしょう。

PLAIN


この記事を書いた人

最近お気に入りされた事例写真

  • 段差を楽しむ家_LDK2
  • 小さな森のアトリエ_LDK2
  • リノベーション
  • 対面キッチン
  • コンロ、レンジフード

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問