2014年11月15日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

閉じる?閉じない?洗面台の収納

家族全員が、一日に何回も使う洗面台。洗面台があるスペースは、洗面所・お風呂に入る脱衣所・洗濯室などの用途を持つ多機能スペースです。ここには置いておきたい必要なものがたくさんありますね。なのにスペースは限られている。だから洗面台の下は貴重な収納スペースです。この収納スペースにどんな作り方があるか探してみました。扉や引出しがついているタイプは、閉じればキチンと片付いて見えるメリットがあります。逆にオープンなタイプは大きなものが置けたりと自由度が高くなります。洗面台下の収納は、決まったスペースだからこそ、それぞれのお家の使い方に合わせて工夫されているようです。


まずは、閉じているタイプです。こちらは深さや大きさの違う引出しを組み合わせています。
すっきり見えて、壁のアクセントタイルが引き立っています。

下井草nh

次は、半分オープンになったタイプ。物をしまうだけでなく、椅子を置いてお化粧コーナーとして使えそうですね。

WNY

こちらは、引出しだけ付けたタイプです。下は自由に使えて、細かいものは引出しに収納できます。奥の配管が隠れていて、すっきり綺麗ですね。

ステージのある家

引出しも無くして、シンプルにカウンターだけにしたタイプです。カウンター下に長いバーが付いています。タオルだけでなく、幅のあるバスマットを掛けたりもできそうです。

K-renovation

洗面台はシンプルな白ですが、オープンスペースにポイントカラーになるグリーンのラックを置いて使っています。自分でいろいろ工夫できる、自由なスペースがあると楽しいですね。

リノベーション / sante

オープンだと、使わない時には置き場所に困ってしまう、大きな脱衣かごも置けますね。

リノベーション / courbe

カウンターをオープン棚にしたタイプもありました。
タオルはすぐに取り出せるようにそのまま入れて、雑然とするものはすっきり見えるようにカゴに入れるなど、モノに合わせてしまい方を考えられそうです。下がオープンなのも使いやすそうですね。

リノベーション / Bee


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 赤坂の家 バルコニー
  • キッチン
  • ダイニング1
  • リビング・ダイニング&洋室
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問