2015年11月06日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

あきめないで!トイレに洗面スペースをつくって快適生活を実現しよう♪- 参考事例集 -

新築はもちろん、トイレのリフォームをする際に考えておきたいのが「洗面スペース」です。
以前のトイレは、タンク部分に手洗いがついているタイプが主流でしたが、今は"節水"にも配慮し、タンクレスが多くなっていますね。

では、手洗いはどうしますか?
やはりトイレのみの個室の場合は、同じ空間に洗面台があるのが理想ですね。
それでは、洗面スペースを設けたトイレ空間をいくつかご紹介していきます。


狭いスペースでもオシャレに!

先にも触れましたが、トイレもまた各家庭ごとにスペースの取り方が変わってきます。
ウチは狭いから・・といってあきらめなくても大丈夫!今は小さくてもオシャレで可愛らしいタイプの洗面ボウル(ユニット)もたくさんあります。

こちらはコンパクトながら、縦長のタイルをセンス良く配置し空間のアクセントにしていますね。洗面ボウルとの統一感もバッチリです。

F邸・家族の笑顔が生まれる、明るく暖かな2階リビング

以前の手洗い付きタンクと同じ位置に洗面ボウルを配置し、手洗いできるようになっています。造作家具で配管を目隠ししているのもポイントですね。

『ハイサイはうす』素材感、質感を生かすマンションリノベ

横に伸びる棚カウンター

少しだけスペースに余裕がある場合は、ペーパーホルダーとは対面の壁に手洗いと一体のカウンターを設けるのも良さそうです。
季節の花を置いてみたり、観葉植物などさりげなく置いておくとインテリアも楽しめますね。また、トイレで本や新聞を読むタイプの人にはとっても便利!
風水的にもストックのトイレットペーパーなど、やはり目隠しして収納するのが良しとされています。

『シカクの家』家族の表情をつくりだす住まい

シンプルだけど暖かみのある洗面スペースです。

M邸

ホテルライクな洗面スペース

ちょっと欲張って十分なスペースが取れるのならば、ホテルライクな洗面スペースを設けてみるのはいかがでしょうか。

HOUSE T 『公園を臨むゲストハウス』

モダンな雰囲気の広々とした洗面スペースです。
お客様にも是非使っていただきたい、自慢のスペースになりそうです。

専有面積200m2のビンテージマンションフルリフォーム


この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

最近お気に入りされた事例写真

  • CAVE KITCHEN
  • キッチン
  • 落ち着きのあるトイレと洗面室
  • キッチン
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問