2015年04月10日更新

インテリア(家具)

どんなテイストにもはまってくれる!ウッド家具の魅力に迫る♪

北欧風やイタリア風、カントリー風等々いろいろなインテリアがありますが、ウッド家具はどんなインテリアが好きな人にも受け入れられ、常に高い人気を集めています。自然素材である木を使っているというぬくもりや柔らかさ。ちょっとした傷は味わいや思い出につながっていくというのが人気の秘密なのではないでしょうか?
ウッド家具と言っても色々なスタイルがあります。今回は、ウッド家具を使ったリビングルームを見ていきましょう。


北欧、カントリー好きの方、両方に人気のあるパイン材を使った家具のあるリビングルームです。パイン材は節が気になるという方もおられますが、色味が明るく、空間を広く見せる効果に一役買ってくれます。

No.9 30代/4人暮らし

同じ北欧インテリアでもチークを使った家具はパインとは印象ががらっと変わります。チークの家具はデンマークのヴィンテージに多く見られるもの。こちらのお宅では床の色と家具が同系色ですがほんの少し薄い色を使うことで家具を引き立たせています。

自然素材でつくる、北欧暮らし

和室です。昔から日本の家は木と紙の家と言われていました。この両方の素材は湿気を吸収するので、湿度の高い日本にはぴったりだったのです。木の作り付けの棚からは凛とした雰囲気が漂っています。

「光の居処」-目白台のリノベーション-

こちらはタイトルの通りヨーロピアンとオリエンタル、モダンが融合した部屋です。
まるで欧米人がたくさん訪れる、アジアの高級リゾート地のホテルみたいですね。
真ん中でポイントになっているテーブルは木を塗装したものです。後ろの窓のブラインドも木製です。木はダークな色に塗装すると途端にかっこいい雰囲気になっていくんですね。

ヨーロピアンとオリエンタル、モダンが融合した、高級感あるラウンジのような空間

リビングダイニングの真ん中にさーっと流れるような、おそらく一枚板であろうテーブルがかっこいいダイニングキッチンです。このテーブルで食事を作り、食べ、くつろぎ、家族の歴史を作っていくのでしょうね。

Villa Stella

色合いは先程のデンマークのチーク家具に似ていますが、アジアン家具です。ふとしたディテールの違いで雰囲気が違ってくるものです。こちらではもともと手持ちだったこの家具を生かすようにリノベーションされたそうです。

暮らしが活きる 大人の古民家風リノベ―ション

ヒノキの床に合わせた木製の家具がぴったりのナチュラルでシンプルな部屋です。いつでも明るく、さわやかな空気に満ちているような雰囲気ですね。

ヒノキの床の心地よい 2階リビング


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • LDK
  • 玄関
  • リビング
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問