2016年01月08日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム) , インテリア(ファブリック)

冬のあったかベッドリネン~ベッドルームコーディネート~

冬になると寝具に毛布を増やしたり、シーツを起毛素材のものに変えたりしますが、実用性だけを追求すると見た目が損なわれてしまうこともしばしばあります。では暖かさを保ちつつ、おしゃれにベッドルームをコーディネートするにはどのようにしたらいいのか、冬のおしゃれなベッドルームコーデを見てみましょう。


ニットのベッドカバー

ニットのベッドカバーは保温性もあり、見た目も優しく暖かな風合いが魅力です。羽根布団と毛布を重ねて使用する場合は、毛布を上から掛けた方が暖かくなるのでニットのカバーも効果は十分にありそうです。

favim.com

出典:favim.com

毛皮のような毛布

今はマイクロファイバーで出来た毛皮のような手触りの毛布もたくさん発売されています。写真のように布団の上からかけてもいいですし、心地よい肌触りに包まれたい場合は直接包まってしまうのもいいですね。

mydomaine.com

出典:mydomaine.com

冬らしいチェック柄

冬らしさを取り入れたいのなら、ベッドリネンを冬の定番柄であるチェックにするのもかわいいですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ノルディック柄

北欧のノルウェーで生まれたノルディック柄は、セーターの編み込み模様などによく使用されています。レトロで素朴な雰囲気は温もりを感じさせてくれますし、赤を選ぶことでより一層温かさを感じるようになります。

digsdigs.com

出典:digsdigs.com

真っ白な天蓋

冬らしくすると言った意味では、あえて真っ白なリネンでまとめるのも白銀の世界を思わせるようで素敵です。また、窓から伝わってくる冷気などを遮断してくれる天蓋があれば、暖かな空気に包まれて眠ることができます。

ミニマルで豊かな家

安らぎのベージュ

ベッドリネンをベージュ系の柔らかな色合いでまとめるのもおすすめ。ベージュは目の疲れなどをとってくれる効果もあると言われているので、安らぎを求めるベッドルームにはぴったりの色ですね。

southshoredecoratingblog.com

出典:southshoredecoratingblog.com

温もりの上品ベッドルーム

鳥の絵柄が入ったブランケットは上品な色合いで、ほんわかとした温もりがあります。枕カバーも柄物とニット素材のものが組み合わさっていたりおしゃれ。いつものベッドリネンに少しだけ冬らしい素材を混ぜるだけで、あったかベッドルームの出来上がりです。

rakuten.co.jp

出典:rakuten.co.jp


この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチンとダイニング
  • ラグジュアリーな寝室
  • 白で統一されたホテルライクなトイレ
  • リビングダイニング
  • エントランスホール

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問