2017/03/18更新1like3661viewmiwa.s

ウォールシェルフをしつらえる時のコツと参考事例

「ウォールシェルフ」と言っても、目的によってさまざまなタイプがあります。収納メインなのか、ディスプレイ用なのか…。ウォールシェルフのある部屋は、インテリアのアクセントにもなり、気分もワンランクアップすることでしょう。今回はウォールシェルフの魅力ある活用法をお伝えします。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ウォールシェルフとは

直訳すると、「ウォール= 壁、シェルフ= 棚」。
壁に直接取り付けられた棚のことを指しています。収納やディスプレイなどの目的に応じて、また取り付ける空間に応じて、棚の素材や大きさ、形もさまざまです。ウォールシェルフを活用して、オシャレな収納にチャレンジしてみましょう。

男前風~リビング編

最近人気の男前インテリア。ダーク系の色合いでまとめることが基本です。ウォールシェルフはウッド調やメタリックな素材を取り入れることでワイルド感が増します。

天井まである棚に趣味の物をギッシリと収納してもカッコ良いですが、所々にアイビーなどの観葉植物置いても良いアクセントになります。背の高いシェルフを使用する場合、耐震性を考慮して対策を施しましょう。

ディスプレイ~玄関編

玄関の壁に設けられた遊び心のあるボックス型ウォールシェルフ。小さく仕切られたボックスに、お気に入りの小物を一つ一つ飾るのも魅せるコツです。背面に小物が目立つような色や柄を貼ると、一層引き立ちますね。

カフェ風~キッチン編

食器棚で眠っているお気に入りの食器はありませんか? 思い切って、ウォールシェルフにディスプレイ感覚で並べてみましょう。食器だけではなく、ワインボトルや調味料を並べてもおしゃれなカフェ風に変身できます。
カフェと言ったら、オシャレ系の雑誌なども置いてあったりしますね。そこでお気に入りの雑誌などを陳列してみては? コーヒー片手に本や雑誌を読む…まったりカフェにいるような空間に早変わりです。

ギャラリー風~デッドスペース編

廊下など壁だけの殺風景な印象をあえて魅せる空間へ。デッドスペースを上手に活用すれば収納効率があがるうえに、物置の奥にしまいっぱなしの美術品や装飾品も息を吹き返し、魅力を発揮できることでしょう。

家にいながらも、まるでギャラリーにいるような素敵な空間になること間違いなし。頻繁に人が通る場所なら、ぶつかったり引っかかったりしないように置くものに注意が必要です。

元気系~キッズルーム編

細々としたオモチャや絵本、散らかりがちな子供部屋。カゴに詰め込む....などの片付け方法もありますが、次に取り出すときにカゴをひっくり返すなんてことがよくありますよね。

ウォールシェルフなら、使用頻度に応じて陳列棚を変え、魅せる収納が可能です。壁一面に飾られたオモチャや絵本で、賑やかで元気いっぱいのお部屋になるでしょう。

プチ飾り系~トイレ編

トイレなどの狭い空間もウォールシェルフが活躍します。狭い個室だからこそ、物を飾る場所を確保してホッと落ち着く空間づくりを目指したいものです。
お気に入りの香りのディフューザーと一緒に、季節のお花や観葉植物などで癒し効果倍増です。
それぞれの場所にさりげなく溶け込むウォールシェルフ。建て付けの大きなものから、小さいものまで....ご紹介したのはほんの一例ですが、アイデア次第でもっと活用の幅が広がる万能アイテムとも言えます。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る