2017年12月07日更新

インテリア(壁/床)

ウォールミラーでお部屋を広く華やかに!

お化粧や身だしなみをチェックするだけの鏡ではもったいない!壁面を鏡張りにすることで抜群の効果を発揮してくれる「ウォールミラー」。上手に取り入れてる実例を空間別にご紹介します。


ウォールミラーを設置する前に

鏡には空間を広く見せる効果があるので、狭いスペースも鏡の映り込みによって目の錯覚を起こし広く感じるので、レストランなどでもインテリアの一つとしてよく使われています。

ただウォールミラーを取り付けるだけでももちろん広くは見えますが、せっかくなら取り付ける前に部屋を片付けておきましょう。ごちゃごちゃと鏡に映り込んでしまっては余計空間が汚くみえてしまいます。

そして、ウォールミラーによる効果は部屋の明るさによっても変わります。視界を遮るような大ぶりなシャンデリアやペンダントライトは避け、シーリングライトやダウンライトで天井・壁などの面に光を当てるようにしましょう。ウォールミラーと合わせて照明選びにも気を使うと、より明るく華やかな空間になりますよ。

マンションリノベーション・リフォーム事例

自然素材&室内窓のある暮らし。

700万円、58㎡

玄関〜廊下

玄関にウォールミラーを設置すると、外からの自然光が反射して明るい玄関になります。
空間も広く華やかな印象になるのでオススメ。外出前に身だしなみのチェックができるのも嬉しいところですね。

こちらは玄関のシューズボックスの扉が全てミラーになっています。スタンドミラーだと意外と場所を取るので、このように一体型にするといいですね。ただし扉がミラーだと、どうしても指紋や汚れが付きやすいので、こまめに拭くことを忘れずに!

インパクト満点の真っ赤な廊下!かなり迫力がありますが、狭くなりがちな廊下も鏡の効果で広がりを感じます。

マンションリノベーション・リフォーム事例

ラグジュアリーモダン

LDK

施主の希望は「かつて生活していたロンドンのアパートメント」。もともと十分な広さがあるリビングダイニングも、片面を全面ミラー張りにしたことでさらなる奥行きが生まれました。

マンションリノベーション・リフォーム事例

ロンドンのアパートメント@世田谷

1300万円、112㎡

どこにあるのかわからないほど溶け込んでいるウォールミラー。ミラー正面の窓から入る柔らかな光を反射して優しい明るさになりますね。片面をミラーにするとお部屋が綺麗に反転して広々と感じられます。

ヴィンテージマンションのリノベーション事例です。リビングに鎮座する撤去できないパイプスペースを4面ミラー張りに。存在感のある柱をミラー張りにすることで空間に自然に馴染むよう考えられています。

リノベーション会社:QUALIA「開放感あふれるイタリアンモダンの空間に生まれ変わったヴィンテージマンション」(リノベりす掲載)

パウダールーム

階段を上がると正面にあるパウダーコーナー。洗面室から独立した手洗いもウォールミラーのおかげで生活感が軽減され、空間に溶け込むおしゃれなパウダーコーナーになっています。

ウォールミラーを上手に活用して、現実の面積よりも広く明るく見えるお部屋づくりを実現させましょう!

この記事を書いた人

niwatori*さん

かわいいもの、かっこいいものが大好き。
以前はインテリアデザインの仕事をしていました。
結婚をして自分の生活環境が変わり、いかにして使いやすく素敵な空間を作っていくか日々研究中です。

最近お気に入りされた写真

  • 書斎
  • 外観2
  • ダイニングキッチン
  • キッチン
  • WIC

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?