2017/11/26更新0like1281viewさくらゆきの

どんなアートで楽しもう?ウォールデコレーションの事例紹介

お部屋の壁を何も飾らずそのままにしておくなんてもったいない。季節やインテリアのテイストに合う彩りを加えて楽しみたいもの。素敵なアートでお部屋を飾っている皆さんの事例を紹介していきます。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

壁は大きなキャンバス

毎日何気なく見ている部屋の壁。そこに季節感に合わせて装飾を変えたりインテリアの雰囲気に合わせたアートを飾ることで、部屋の印象がアップします。

好きな作家の作品や映画のポスター、子供の描くイラストもセンスよく飾れば、素敵なアート作品。またフレームにおさまった絵だけではなく、壁をキャンバスに見立ててステッカーやガーランドで装飾するのもおすすめです。

絵や写真で飾る

部屋にアートを飾る時、絵や写真、ポスターなどを真っ先に思い浮かべる人も多いはず。でも飾り方はどうしていますか?

ピンで止めるだけにしていると作品も傷んでしまい、味気なく殺風景な印象になりイマイチ美しくありません。ぜひ額装やパネルにして飾ってみてください。同じものでも印象が大きく変わりますよ。

壁に直接額縁を留めてもよいですが、飾る時に役に立つのがピクチャーレール。気軽に額縁やパネルを替えることができ、壁に跡も残りません。また、飾るもののサイズや数・位置を変えるときにも便利です。

ウォールステッカーで飾る

こちらは雑貨デザイナーさんのお家の子供部屋。もともとある壁にウォールステッカーを貼るだけでも楽しめますが、イメージに合わせてアクセントウォールを取り入れると一段と華やかに。かわいいウォールステッカーや壁紙で彩られたお部屋は子供にも喜ばれそうですね。

タイポグラフィで飾る

絵や写真だけでなく、文字だって部屋を彩ることができます。都会的な印象のタイポグラフィを額装やパネルにして飾っているお部屋。色をあまり多用せず、モノトーンを基調とすることでシンプルなインテリアになじんでいます。
文字といえば、日本では書道があります。白を基調としたリビングに書が飾られたお宅は知的な印象を与えますね。

タペストリーや布で飾る

人気のある塩系インテリアですが、コンクリート打ちっ放しの壁に鮮やかなタペストリーを飾るとスタイリッシュな雰囲気に。素敵な絵柄はもちろん、硬い素材と柔らかい素材を組み合わせた印象の違いが楽しくおしゃれですね。

グリーンで飾る

グリーンで壁を彩るお宅も最近多くなってきました。本物のグリーンで飾るのもいいですが、最近のフェイクグリーンのクオリティが上がっていて、光触媒加工がされている製品は消臭効果なども期待できるので、取り入れる際には検討してみましょう。

グリーンのツルをガーランドのように飾っているこちらのお宅。本物の伸びたツルをアレンジする方法もありますが、エアコンの空調などでグリーンが傷むのが気になる場合はフェイクを利用するのもいいでしょう。
グリーンは床に置いたり天井から吊るすだけではなく、壁にグリーンポットやフラワーボックスを取り付けて飾る楽しみ方も。ペットのいるお宅ではなかなか床に置けない場合も、壁だったら安心して飾れますね。
家の壁はそこに住む人の個性を表現できる場所。好みや季節によってどんどんカスタマイズしていけます。ファッションのように壁を彩って、豊かな生活を楽しみましょう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る