2017/06/02更新1like8012viewNaomi.Spring

「壁面」で住まいが変わる!センス良く飾る7つのアイデア

壁一面が変わるだけでも、部屋のイメージは大きく変わります。もし使っていない壁面がひとつでもあるなら、オープン収納やディスプレイに使ってみてはいかがでしょうか。今回は、さりげなくセンス良く飾る7つのアイデアをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

1.ポイントを決めて飾る

木の温もりに包まれた洗練されたリビングダイニング。シンプルな空間にモダンアートがひとつあるだけで、部屋のイメージが大きく変化します。アートや小物は、ポイントを決めて飾り過ぎないことで一つ一つのアイテムの存在感が際立ちます。

2.フレームに統一感を持たせる

大小のフレームを組み合わせた自宅ギャラリー。フレームの大きさは違っても、色やデザインを統一することでセンス良くまとまります。

3.オープン収納は詰め込み過ぎない

オープン収納は、おしゃれなだけでなく使いやすさも魅力。程よく「隙間」をつくるよう意識するだけで美しく見えます。オープン棚なら、いつ見られても良いように整理しなければと、自然に詰め込まないクセがつきそうです。

4.見せたくないものはボックス収納に

本以外の雑貨や細々とした物は、ボックスや引き出しを使うとスマートな収納に。色や素材を揃えた収納ボックスを用意すれば、インテリアとしても素敵です。

5.楽器もディスプレイに

ケースにしまい込みがちな楽器を、思いきって壁面にディスプレイ収納するアイデアも。楽器自体にデザイン性があるので、シンプルな空間のアクセントになります。お気に入りの楽器は、いつも眺めていたいもの。飾っておけば手に取りやすく、メンテナンスもしやすいためおすすめです。

6.気分が上がるアクセサリーをディスプレイ

7.ニッチを活用する

お気に入りのものを、どれもこれも飾りたくなってしまいますが、理想のイメージに合わせて飾るものを厳選するのがセンス良く仕上がるポイントです。統一感のあるデザインや色を選ぶことでまとまりが生まれます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る