2014年11月20日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , おしゃれな部屋事例(収納) , インテリア(壁/床)

造る場所が重要!多彩な壁面収納

壁一面を収納として使うことができる壁面収納は、とても人気のある収納家具の一つです。とにかく大容量なのが魅力で、余分な収納家具を買わなくて済むので経済的な上、部屋もすっきりと見えます。問題はどこに造るかということです。本をたくさん持っている人なら書斎に、靴をたくさん持っている人なら玄関に造るのが向いているかもしれません。また、壁面収納自体を独立した壁として用いる方法もあります。造る場所次第でいろんな使い方のできる、壁面収納デザインをご紹介いたします。


ヨーロッパの本屋さんをイメージした壁面本棚は、廊下の両サイドに造られています。デッドスペースになりがちな廊下が、一面収納として使えたらとても便利です。

> この住宅のすべての情報を見る

家族が増えるとその分だけ多くなってしまう靴や服も、壁面収納を備え付けたクロークの中に入れてしまえばすっきり片付きます。

> この住宅のすべての情報を見る

階段の側面を利用すれば空間を無駄なく使うことができます。お気にりの本やCDは飾るだけでおしゃれなインテリアになりますね。

> この住宅のすべての情報を見る

まるで隠し扉のような大容量の壁面収納です。生活感を出したくない場合は、壁に馴染むように扉をつけてしまうのもいい考えです。

> この住宅のすべての情報を見る

冷蔵庫を置くスペースなども含め、キッチンのすべてを壁面収納の中に収めてあります。

> この住宅のすべての情報を見る

寝室とリビングを隔てる間仕切りが、巨大な本棚になっています。格子状の木組みのデザインで隣りの部屋が透けて見えるため、圧迫感がありません。

> この住宅のすべての情報を見る

リビングのほぼすべての壁が壁面収納になっています。テレビ台やパソコンデスクも棚の中に組み込まれ、まさに棚の中で暮らすようなお家です。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか