2016/04/02更新1like5065viewhinata

ブラケットライトでドラマチックに~光と影に彩られた部屋

ブラケットライトは壁面に取り付ける補助的役割の照明ですが、インテリアのアクセントとして部屋を個性的に演出してくれます。また、明りを灯した時には光と影が生まれ、美しくドラマチックな雰囲気を生み出します。ペンダントライトやダウンライトなどとうまく組み合わせて、時にはしっかり明るく、時には薄暗くロマンチックなお部屋を楽しんでみてはいかがでしょうか。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

インパクト大!たくさんのブラケットライト

ブラケットライトといえばお行儀よく同じ高さに並べるものと考えがちです。こんな風にたくさんのライトを色々な方向に向けて照らせば、壁のアクセントとして見た目にも面白く、ふんわりと壁面が明るく照らされ、部屋全体が明るく感じられます。
ブラケットライトによって光の出る方向は様々です。こちらのブラケットは上下に光が出て、ひし形模様が浮かび上がっています。照明というよりはひとつのアート作品のようなですね。

出典:pinterest.com

適材適照で光と影をコントロールする

こちらの洗面所は鏡の下の埋め込み式照明で顔を、左のブラケットライトで洗面台を照らします。必要なところはしっかりと明るく、全体は照度を落とすことで光と影が生まれ、上質な空間に仕上がっています。一日の始まりと終わりを気持ちよく迎える事が出来ますね。
玄関は家族が帰ってきてホッとする場所、お客様が目にしてかっこいいなと思うような場所にしたいですね。モダンなブラックアイアンのブラケットが生み出す光と影のコントラストがとても美しく、ギャラリーのような雰囲気です。

出典:delightfull.eu

インテリアを決定づける個性的なブラケット

ブラケットライトは照明としての機能はもちろん、お部屋のアクセサリーとしても大活躍します。ルイスポールセンのAJウォールは、そのシャープなラインがモダンでとても美しく、角度を上下60度、左右120度に動かすことができ、光が欲しい場所をピンポイントで照らす事が出来ます。
キッチンは明るすぎるとお料理が映えませんよね。かといって作業する場所はしっかり照らしたい。そんな場合はインダストリアルな雰囲気が魅力のアーム付きのブラケットライトが活躍してくれます。
オブジェのようなブラケットは、階段もひとつのアートにしてくれます。

出典:pinterest.com

お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る