2019/08/26更新1like1624viewrico.y

なんでもない日を彩る、ウォールデコレーションアイデア集

誕生日やクリスマスなど特別なイベントに合わせて、自宅にウォールデコレーションをした経験がある方は多いのでは?普段はなにもない壁を飾ると、いつもの家がパッと華やぎ、ちょっとした非日常感を楽しめます。でも、これは特別な日のためだけのものではありません。今回は、なんでもない日を彩るウォールデコレーションのアイデアを集めました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

思い出をインテリアにする、フォトウォール

日常生活のなかで撮りためた写真は、ウォールデコレーションに使うアイテムのなかでは、特に身近なものといえます。写真のサイズや形、飾り方に工夫をすれば、インテリアを思い出でおしゃれに彩ることができますよ。

こちらは、玄関から続く廊下の壁につくられたフォトウォール。
写真にポストカードも混ざっているのでしょうか…色もサイズも異なる思い出たちがギュッと長方形の枠におさまっている様は、アートのようでもあります。
ここからここまでと、写真を飾る範囲を明確に決めれば、たくさんあるバラバラの写真もすっきりと見せることができます。
写真の中でもモノクロ写真は、インテリア映え抜群。
こちらは一枚の写真を分割してパネル化したものを、パズルのように組み合わせたウォールデコレーション。写真家の個展のように、知的に洗練されたムードをつくり出している素敵なアイデアです。

日常をシンプルに飾るモノトーンステッカー

ウォールステッカーは、ウォールデコレーションの代表アイテム。誕生日や季節のイベントに合ったものも、数多く販売されています。特別な日を飾るアイテムは、比較的カラフルで華やかなものが多い印象。でも、何でもない日をさりげなく飾る場合は、モノトーンのように色数が限定されたシンプルなタイプが人気のようです。

白い壁に、大胆にあしらわれたブラックのメッセージステッカーがスタイリッシュな玄関は、ショップのエントランスのような雰囲気。モノトーンタイプのシンプルなステッカーなら、広範囲を飾ってもすっきりとした印象ですね。
また、ワンポイントにウォールステッカーを取り入れて、遊び心を楽しむのもおしゃれ。最近では、スイッチ周りに貼るユニークなステッカーが、数多くあります。広範囲でない分、冒険もしやすく、はじめてのウォールデコレーションにおすすめです。

ヴィンテージライクなアクセントになるバスロールサイン(風)

1960年ごろから90年代まで、アメリカやイギリスで使用されていた「バスロールサイン」を模した、ポスターやタペストリーも、ウォールデコレーションアイテムとして注目を集めています。ヴィンテージライクやシャビーなインテリアテイストとの相性は、特に◎。

その時々の気分を楽しみやすい、黒板アレンジ

壁の一部を黒板塗料で塗装したり、黒板を引っ掛けておけば、その時々の気分に合わせたオリジナルのウォールデコレーションを楽しむことができます。

賃貸などで壁を加工したり傷つけたくない場合は、好みのサイズの黒板を立てかけて置くだけでもOK。お子さんのいるご家庭で、頭を悩ませることの多い壁へのラクガキも素敵なインテリアに変えてくれますよ。
こちらはワークスペース正面の壁が黒板になっています。作業中のちょっとしたメモも、おしゃれに見えてきませんか?
通常なら生活感がでてしまうメモ書きも、黒板に書くだけでインテリアに変わります。もちろん、スペシャルな日のウォールデコレーションも黒板があれば自由自在です。
ウォールデコレーションはなんでもない日も、楽しく、ときにカッコよく彩ってくれます。いつもの家の光景に飽きてきた…オリジナリティのあるインテリアを楽しみたい…こんな風に考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る