2014年11月06日更新

インテリア(壁/床)

壁の色を変えるだけでワンランク上のお部屋!アクセントウォールの魔法

インテリアを充実させたくて色々雑貨を飾ってみたけれど、いまいち雰囲気が出ない……。
そんな時はぜひ、壁紙の色を変えてみましょう。目立たせたい家具や印象づけたい一角にアクセントになる壁紙を貼ると、不思議と雰囲気が倍増して見栄えよく見えてしまうのです。そのような壁紙のことを、アクセントウォールと呼びます。お部屋のどこに、どんなアクセントウォールを貼ったらいいのか。いくつかポイントがあるので、素敵な実例と共にご紹介いたします。

0 お気に入り追加 25895view

部屋の一番広い面にアクセントウォールを貼ると、バランスがよく見えます。ブルー系の壁紙なら落ち着いた印象になり、ビビットなイエローならリビングを明るく元気に見せてくれます。

なじみの街で見つけたヴィンテージなメゾネットに住む

ソファーやダイニングの後ろなど、印象的に演出したい場所の壁紙を変えるのがもっとも効果的です。

bassettfurniture.com

出典:bassettfurniture.com

雑貨を飾ったりウォールデコレーションを見せたい場所は、アクセントウォールを貼ることによって世界観が深まります。周りの壁と同色の場所にフレームを掛けるより、格段にお目立ち度がUPです。

loveandlaceblog.com

出典:loveandlaceblog.com

コストがかかって取り入れにくい古材やレンガも、壁紙なら簡単に貼ることができます。最近は本物の古材を転写したようなリアルな壁紙も多数販売されています。

sannaochsania.blogspot.jp

出典:sannaochsania.blogspot.jp

柄物の壁紙は全面に利用するとうるさくなりがちですが、一面だけなら程よいアクセントになります。ちなみにこの水色の柄はステンシルでペイントされたものです。

viewalongtheway.com

出典:viewalongtheway.com

壁紙を貼るのではなく、黒板塗料で壁の色を変える方法もあります。黒板にしてしまえばチョークで好きに絵や文字を書くことができるので、子供部屋にもぴったりですね。

weekdaycarnival.blogspot.jp

出典:weekdaycarnival.blogspot.jp

目立たせたいところだけ壁紙を貼らずに、下地のコンクリートの質感を楽しむのもアイデアです。水玉のように見えるのは、壁紙を剥がした時に出来たボンド跡だそうです。

やりたいことは全部やってコストは抑える、身の丈リノベーション(中浦和のリノベーション)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 小さな森のアトリエ_LDK2
  • 子世帯リビング
  • キッチン
  • キッチン4
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問