2014年11月15日更新

インテリア(雑貨)

インテリア小物として選ぶ掛け時計

携帯電話の普及で、携帯で時間を確かめる人が増えたので、その分腕時計を使って時間を確認する人が減りましたが、家や建物の壁や柱に付けられている「掛け時計(ウォールクロック)」は、ぱっと目を向ければすぐに時間を知る事が出来るので便利です。新築祝いに選ばれる事も多いですし、音やからくりのある時計は、時間を知る以外にも楽しめます。アンティークなものが好まれたり、ユニークなものも沢山あって、実用性以外にインテリアとしても選ばれています。


細かな時間を確かめるのは少し難しそうですが、インテリアとしてのインパクトは大。
空のようなブルーで塗られた壁を、太陽が照らしているようです。

世田谷区K邸~SAKU~

シックなアイアンの掛け時計。針の外側には、鳥や葉っぱ、小枝などがデザインされています。アイアンは、壁に影が映る事も楽しめます。

川崎市S邸~Fuori Sucara~

はっきりした文字盤で壁から突き出すタイプの掛け時計は、色々な場所から見やすいですね。シンプルながらも存在感があります。

リノベーション会社:nu(エヌ・ユー)リノベーション 「アクセスのよいセンター収納と もののサイズに合わせた造作家具がカギ」(リノベりす掲載)

海外の駅や街角にありそうな、アイアンのオシャレな掛け時計。
浮き上がっているような、白い数字部分が素敵です。

小竹向原 個人邸 マンションリノベーション

雑誌を沢山巻いたものを集めて作った掛け時計。とてもカラフルに仕上がっています。
少しごわごわとした感じが、手作りの温かみがあって良いですね。参考にして、布などでも試してみたくなります。

refabdiaries.com

出典:refabdiaries.com

写真が入ったフレームが、数字がわりの掛け時計。
実用性は低そうですが、時間に追われない多少のアバウト感も、生活には必要なのかもしれません。いつも大切な思い出を眺める事が出来ますね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

時計自体は白と黒と言うシンプルさながら、男性の足が短針と長針になっている、ユニークな掛け時計。時間によっては「開脚」したりと、とても面白い形になりますね。訪問客にもうけそうです。

laughingsquid.com

出典:laughingsquid.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム2
  • リビング
  • 階段下収納
  • LDK
  • 縁無し畳のあるリビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問