2017/03/16更新3like9012viewムトウユカリ

ベスト配置はどこ?動線を考えたウォークインクローゼットの事例

賃貸物件でも取り扱いの多くなってきた、ウォークインクローゼット。たくさんの荷物や洋服などを収納できる便利なスペースですので、新築やリノベーションでも検討される方が多いですよね。

しかし作るとなると、メリットやデメリットはあるの?どこに作った方が動線はよくなるの?湿気や換気はどうしてる?という疑問が出てきます。メリットやデメリットを踏まえながら、さまざまなスタイルのウォークインクローゼットの事例をみていきましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

今更聞けない!ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

ウォークインクローゼットの最大のメリットは、やはり収納力!
従来の箪笥やクローゼットでは収まりきらなかった衣類も一カ所に集約することで、何がどこにあるのかと迷わずにすみます。また、空間が広いのでスーツケースや家電など大型のものを収納したり、着替えができる場合もあります。

デメリットとしては、常に開放されている空間ではないので、空気が滞留してしまいがち。湿気対策をしないとカビの温床や匂いの原因となります。

また人が通るスペースを確保しないとならないので、その分のスペースが無駄になります。ウォークインクローゼットの中は、予め収納しやすいように仕切っておかないと、スペースが広いだけに散らかりがちになるのも注意が必要です。

メリットを最大限に活用し、デメリットを解消する。それには「家のどの位置にウォークインクローゼットを配置するか」も重要な要素になってきます。

ワンステップで収納完了!玄関先のウォークインクローゼット

湿気対策として有効なのが、オープン型にすること。
常に開放されているので空気が滞留することもなく、窓をつけなくても換気が自然とできます。

玄関先に配置しておくことで、帰宅して玄関先のワンステップで収納も完了するのがありがたいですね。もちろん、雨の日など水分を含んだものはそのまま持ち込まず、一度乾かしてから収納してくださいね。

人気の高い寝室ウォークインクローゼット

寝室へ作っておくと、起きてすぐに着替えることが可能ですので人気があります。

もとは3坪ほどあった、大きなウォークインクローゼットを約半分の1.8坪に縮小。その分パントリーを新たに作るという2WAYリノベーション。ガラスがはめ込まれた框ドアと金網が張られた窓で、開放感のあるショップのような雰囲気のクローゼットになっています。

洗面所奥のクローゼットで動線をシンプルに

洗面所の奥に作られたウォークインクローゼット。洗面カウンターの背面にある棚にはタオルや日用品を、クローゼットには洋服類を収納できるので、動線が一本になり使いやすい配置となっています。

洗面所付近という事で湿気が心配になりますが、扉をオープン型にして奥に小窓を設け、換気には十分配慮されたつくりになっています。
シャルドネ「旦那様がこだわる和モダンの家」

洗濯物の収納に便利なテラス横のクローゼット

家事室を兼ねたウォークインクローゼットは、洗濯物が干せるテラス横に設置されているので、洗濯物にアイロンがけをして、そのまま収納できる利便性の高さが魅力。もちろんも通気性も抜群です。

2ドアでアクションが楽に

もとは洋室であった空間をウォークインクローゼットにリノベーション。
回遊式にしているので、左右どちらからでも入室可能なのが嬉しいですね。お客様がくるときには引き戸を閉めると、目につかず安心です。

シューズクローク×ウォークインクローゼット

衣類用のウォークインクローゼットとシューズクロークを併設した事例です。シューズクロークには棚を設けて、靴以外にもアウトドア用品など収納できるように。これならば、匂いや湿気を気にすることもないですね。クローゼットが隣り合わせなので、使いやすさも抜群です。
ウォークインクローゼットも設置する場所によって、使い勝手が変わってきます。ご自身やご家族の生活動線や収納する物、換気を考慮して、どこに設けるのが良いかプランを立てて、使いやすいウォークインクローゼットを作ってくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る