2017/05/13更新2like2375viewnao-tang

中古マンションを買ってリノベーションするのって意外と大変みたい【連載(5)|うちの和田、賃貸やめるってよ】

こんにちは。和田です。

今回は物件購入+リノベーションする場合の住宅ローンのお話です。

物件が決まらないと、どんなリノベーションするのか決められないよ!って思ったりもしますけど、物件購入とリノベーションがセットになった住宅ローンを使う場合、そんなこと言ってられないみたいです。

リノベーションの依頼先を見つけるため、雑誌とにらめっこしてます。やっぱり猫がいる事例は羨ましいな。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

結構、SUVACOの「専門家紹介サービス」の申し込みで多く見受けられるのが、「物件が決まってローン審査に申し込みたいんだけど、リノベーションの依頼先がまだ決まっていない。こんな要望を叶えてくれる会社を急いで紹介して欲しい。」といった相談です。

ぼくは「慌てる」とか「バタバタ」が苦手なので、住宅ローンや依頼の流れなんかもしっかり調べて準備しておくことにします。

そもそもなんでローン審査の時に慌てるのか調べてみました。

リフォーム一体型の住宅ローン

リフォーム費用も住宅ローンと同じ低金利で借りられるお得なローンです。
(リフォームローンは住宅ローンと比べて金利が高く設定されていることが殆どと思われます。)

申し込み時に必要な書類を書き出してみる。(金融機関ごとに多少異なると思われます。)

---------------------------------------------------
- 借入申込書
- 個人情報取り扱いに関する同意書
- 住民票
- 健康保険証
- 身分証明書
- 物件に土地に関わる登記簿謄本や書類
- リフォーム工事見積書/工事請負契約書/工程表
- 源泉徴収票(過去2年分)
- 納税証明書(過去2年分)

など
---------------------------------------------------

なるほど。

金融機関2社ほどの申込書を見てみましたが、「リフォーム工事代金」や「依頼先」の記入が必要だから慌ててたんですね。空欄やいい加減な内容があったり、見積書がないと申し込めないってことか。

他には役所で発行する書類なんかもあるので、集めるだけでもバタバタしそうです。

あと、契約の時に「実印」も必要になるみたい。

実印用のハンコは持っていますが、印鑑登録していないので登録しに行ってきたいと思います。

つなぎ融資って何?

住宅ローンについて調べていると、またまた見慣れない言葉が出てくる。

なになに。

あーなるほど。

住宅ローンって竣工後に融資実行されるんですね。考えもしなかった。

最初に物件購入までの大まかな流れは調べていたけど、中古マンションを購入してリノベーションする場合、こんな流れになる。と思う。

---------------------------------------------------
1. 買いたい物件を決める
2. リノベーションの依頼先に見積書や工程表を用意してもらう
3. 住宅ローンの仮審査に申し込む
4. 仮審査に通る
5. 物件の契約|住宅ローンの本審査に申し込む
6. 住宅ローンの本審査に通る
7. 金銭消費賃借契約(住宅ローンの契約)
8. 物件の代金を支払う|所有権移転手続き
9. リノベーションの依頼先と契約(工事代金の〇%支払う)
10. 着工(工事代金の〇%支払う)
11. 施工
12. 竣工
13. 住宅ローン融資実行
14. 工事代金の残りを支払う
15. 引渡し
---------------------------------------------------

最初に書いた大まかな流れと大違いだ。ぼくは確実に大人の階段を登っている。

建売一戸建てやマンションを購入してそのまま入居する場合、上記(2)(9)(10)(11)(12)(14)が不要なので「つなぎ融資」は必要ない。

リノベーションを一緒におこなう場合、上記(8)で物件の売主に代金を支払う必要がある。さすがに工事期間中、支払いを待ってはくれない。そこで「つなぎ融資」の登場。うまいことできてる。

他には上記(9)(10)のタイミングでも「つなぎ融資」が必要になったり、規模や期間が長くなれば上記(11)でも必要になるかもしれない。

これは依頼する会社でタイミングや割合が異なるようなので、最初に聞いておくと良いと思います。

※土地を取得して家を建てる場合も同様に「つなぎ融資」が必要となる。
いやはや。大変そうなのね。

それに「つなぎ融資」は融資実行されるまでの間、金利は払わないといけないし、利用するために手数料がかかるところもあるみたい。

これは住宅ローンの申し込み先を決めるのにも一苦労しそうだ…

理想の住まい(要望)について

今回は「お金」について2つ条件を追加!(チキチキチーン!)

■お金
- フルローン
- 月々のローン返済額は今の家賃よりも下げたい
【追加】リフォーム一体型の住宅ローン
【追加】つなぎ融資可能な金融機関

■物件
- 中古マンション
- 住宅ローン控除を受けられる物件
- 2階以上もしくは1階+専用庭+ペット可
- 京王井の頭線か京王線沿線(通勤時間は1時間以内)
- 最寄駅まで徒歩20分までなら大丈夫
- 広さは60m2以上の1LDKか2LDK
- 日当たりはそこまで気にしない

■デザイン/機能性/その他
- 冬暖かい、夏涼しい
- 自転車の保管・整備ができるスペースが欲しい
- 大きなテレビを壁掛けにしてソファに座って見たい
- キッチンはいらない(換気扇だけあれば)
- インテリアに凝らなくてもそれなりにカッコいい部屋
- 女の子が「一緒に住みたい!」と言いたくなる部屋
次回に続く

【SUVACOの Facebook にも投稿されますので、良ければ応援やアドバイスのコメントお待ちしてます!】
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る